東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今ひとつ、当店のブログには鮮度が足りないなぁ・・・と自己反省し(苦笑)、本日は獲れたてピチピチ(古!)の話題をひとつ。
本日、とあるバイクブランドの展示会がありました。
そのブランドとは、2011年日本初上陸、カナディアンブランド「OPUS」
カナダ国内では、かつて日本にも入荷していたNORCOに次ぐ第2位のシェアを占める
ブランド
となっているようです。
全体的にクオリティの高い丁寧な作りが好印象でした。

その中からいくつかご紹介。
まずはMTB、
Clutch4 ¥219,800
c0225621_2228261.jpg

ハイドロフォーミング技術をいかんなく発揮したアルミフレームは6インチストローク

シフトケーブルはフレーム下を通るボトムルートですが、フルアウター化されており、高い
シフティグ性能を維持
してくれそうです。

RockshoxのSektorも良さそうですね。グッド アッセンブル!
c0225621_22375480.jpg

MTBにはフルカーボンフレームに10speedのSHIMANO SLXを搭載したお買い得
モデル、Fhast3もあります。¥199,800
c0225621_22425940.jpg

ロードバイクもコストパフォーマンスの高いバイクが続きます。
OPUS Vivace ¥599,800
c0225621_22365926.jpg

インテグレーテッドシートポスト採用のフルカーボンフレームにフルDura-Ace、ホイールにはMAVIC Cosmic Carbon SLで60万円を切る価格設定。
c0225621_22372984.jpg

同じフレームを使用し、105を搭載したAllegloもお値打ちモデルかと。¥299,800
c0225621_22384186.jpg

他に、クロスバイクも充実しており、ロードバイクのように軽快な走りを意識したモデルから、まったりポタリングにもってこいのモデルまで、なかなか面白い品揃えとなっております。
c0225621_22393294.jpg

c0225621_22562961.jpg
c0225621_22564511.jpg

このOPUSを取り扱う代理店オーアンドエムは、北海道に居を構える会社です。
(OPUS事業部は東京にあるようですが)
関東や関西地方に取り扱い代理店が多い自転車業界においては、希有な存在。
今年度、初上陸という事もあり、価格の面でも頑張ってくれています。
北海道を愛する人にも是非乗って頂きたいブランドですね。
カタログが今月下旬の出来上がりという事なので、お楽しみに!

# by roadkids | 2010-11-10 00:00 | 自転車・フレーム
ちょっとした行き違いだったんですよね、きっと。
FOCUS CAYO IZALCO REPLICA
c0225621_21253080.jpg

ややこしい名前ですが、セカンドグレードのカーボンフレーム、CAYOです。
カラーリングだけ、IZALCOのレプリカにするつもりが、バイクの車種名まで、レプリカ
しちゃいましたー!(笑)
c0225621_21195397.jpg

まじめなイメージのある、ドイツブランドなので、なんか余計に微笑ましい間違いに思え
ます。

名前は間違ってますけど、バイクの性能はバッチリです。
FOCUSのロゴが入った大口径のダウンチューブとBB30採用のクランク周りがぺダリングのパワーをしっかりと推進力に変換してくれます。
c0225621_21224247.jpg

c0225621_21201775.jpg

ブレーキワイヤーはフルアウターでフレームに内蔵されており、軽いブレーキフィーリングを持続します。
c0225621_21204148.jpg

シマノ105フルスペックで定価¥294,000ですが、そんなこんなで、現金特価¥230,000にお値引き中!
寛大なお許しを頂けるアナタに、乗って頂きたい一台です(笑)

# by roadkids | 2010-11-09 00:00 | 自転車・フレーム
自転車に乗っていて、最も起きて欲しくないトラブルでありながら、最も起こりやすいトラブルと言えば、パンクですね。
サイクリングを楽しむ皆さんは、ちゃんとタイヤレバー・予備チューブ・携帯ポンプは持って
走っていますか?
ただ準備万端な方でも、たま~に予備チューブは持っていても、携帯ポンプは忘れちゃった、なんてウッカリもあるはず。
そんなうっかりミスをした時の保険の為に、こんなパーツはいかがでしょ?!

grunge 仏→米バルブアダプター ¥368
c0225621_214391.jpg

多くのスポーツバイクのチューブのバルブには、フレンチバルブが使用されています。
このフレンチバルブ、自転車以外にはあまり使用されていないので、空気を入れるには、
自転車店か自分で携帯ポンプを持っていないと難しい面があります。
そんな時、この仏→米バルブアダプターがあると、フレンチバルブを車やオートバイに使用
されている米式バルブ(=シュレッダーバルブ)と同じ規格に変換
する事が出来ます。
c0225621_2151418.jpg
c0225621_2153014.jpg
c0225621_2154227.jpg

そうすると、自転車店よりはるかに数が多いガソリンスタンドなどで空気入れを借りられる
可能性が多くなるという訳です。
用意し忘れた時に限って、トラブルは起きるもの。
小さなコイツがあなたを救ってくれますよ(笑)

grunge 仏→米バルブアダプター ¥368

# by roadkids | 2010-11-03 00:00 | パーツ類
理由は分からないんですが、不思議とバイクパーツには、ドクロを使ってデザインされた商品がたくさんあります。
自転車乗りには、ドクロ好きが多い?
それとも海外の人にとってはドクロがカッコイイものの象徴だったりするんでしょうか?
「タイムボカン」シリーズで育った私にとっては、ドクロは面白キャラなんですけど・・・
(年齢がわかるネタですね・・・)

そんなドクロがデザインされた商品が、当店にもたくさんあるので、今日はそれらをご紹介!

まずは最近入荷してきたばかりの新入りドクロ。
DA BOMB BAZOOKA800 ハンドルバー ¥6,800
c0225621_2362212.jpg
ライズ約12mmのローライズハンドルバー。
幅800mm!!広ぇーーー!!!
在庫展示するには、ちょいとかさばって困りそう(苦笑)
でも、好みの幅に調整カットできる部分が多いデザインなので、重宝しそうです。

同じDA BOMBのハンドルバーにも、もう一つドクロが。
DA BOMB APACHEハンドルバー ¥6,720
c0225621_2364063.jpg

6061-T6アルミを使用して積極的にしなりを生かす設計とのこと。
カモフラージュ柄もイケてます。
こちらは、幅750mmのライズが1インチ(=25.4mm)です。

ハンドルバ-近辺で行くとコチラにもドクロ!
BRAVE-MACHINEコネクターグリップ ¥2,940
DA BOMB HOLY SHITS グリップ 黒¥1,365

c0225621_237795.jpg

どちらのグリップにも、チョイ悪そうなドクロが付いております。
でもこのドクロのおかげで、抜群のホールド感!

続いて、こんな所にもドクロって言うのが、
DirtyDog LASER CATTING DISK ROTOR ¥9,450
c0225621_2395512.jpg

このシリーズには、ドクロの他にドラゴン・エイリアンなどのシリーズもあります。

そして女性にもウケそうなドクロがコレ、
SUGOI MIDZERO Arm Warmer ¥5,040
c0225621_23101853.jpg

黒のドクロにまぎれて、赤や黄色のドクロが散りばめられた、カワイイ逸品です。

そして日暮れの早いこの時期には、是非使って欲しいドクロが
GIZA PRODUCTS Skully Light ¥1,785
c0225621_23105044.jpg

ちっちゃくてカワイイけれど、頼りになる奴です(笑)
ストラップでの取付なので、いろんな場所に取付可能です。

お尻の下にも隠れているドクロはコチラ、
DA BOMB GURUサドル ¥4,725
c0225621_23111434.jpg

ちなみにこのサドルシリーズには、死神も一匹おります(笑)
c0225621_2311537.jpg

死神の数え方は「匹」で良かったんでしょうか・・?答えをご存知の方はご連絡下さい(笑)

回っていると見つけられませんが、リムにもドクロ!
DA BOMB REVOLVER リム ¥14,700/ペア
c0225621_23121391.jpg

金カモカラーもイイですね。

先日もご紹介したドクロがコレ、
c0225621_1301466.jpg

Krieg Cycling サドルバッグ ¥3,150

そして実はもう一つ、当店にはドクロをあしらった商品が潜んでおります。
その商品を見つける事が出来、お会計時にその答えをおっしゃって正解したお客様には、ご購入商品10%OFFにさせて頂きます!
店内をくまなく探して頂くと、きっと見つける事が出来ると思いますので、頑張って下さい!
ドクロはパッケージなどに付いているものではなく、商品そのものに付いているものとします。
店内で探す時間がないなという方は、こちらのブログで予習をば!
答えが見つけられますよ!
では、たくさんのお客様のご来店をお待ち致しておりま-す!
(注意)
キャンペーン期間中の店内での望遠鏡および、双眼鏡のご使用はご遠慮ください(笑)


【キャンペーン期間】11月15日(月)まで

【対象商品】自転車とセール品を除くすべての商品に適用致します。
キャンペーンサービスは、お一人様1回・1品限りとさせて頂きます。

# by roadkids | 2010-11-01 00:00 | パーツ類
ロードバイクのタイヤにおいて、チューブレスとともに新しい流れとなるかもしれないタイヤがラジアル構造タイヤです。
その先駆けとなるのが、このMAXXIS RADIALE
c0225621_2224677.jpg

ラジアルタイヤは、タイヤの骨格となるケーシングの配置が進行方向に対して、90度にされており、その構造から剛性が高く、高速・高負荷時の走行性能に優れると言われています。
c0225621_223475.jpg

早速、その性能を先日行った当店のイベント時に試してみたので、その感想を。
一言でその第一印象を語ると「しっかり」「どっしり」してるなあという感じ。
ラジアルタイヤの特徴である剛性の高さを感じる事が出来、そのおかげかタイヤに安定感がありました
こう言うと、乗り心地が悪いんだろうなぁと思いますが、その第一印象ほど堅い・乗り心地が悪いという感覚はありませんでした。
確かにこれまで使用してきたバイアスタイヤのように「しなやか」という表現は適さないですが、不必要なタイヤの変形はせず、ある一定のレベルではちゃんと振動を吸収してくれて
いる
、そんな感じです。
不要な変形をしていない感覚が、走りの軽さとコーナリングなどの安定感にもつながって
いる
と思いました。

ラジアル構造だけでなく、トレッドゴムに3種類の堅さをもったコンパウンドを使い分ける
トリプルコンパウンドテクノロジー
も導入され、マキシスタイヤの最高峰となっています。
今までと一風変わった感覚で使ってみると面白いと思います。
次回のタイヤ交換時には、是非ご検討を!

マキシス ラディエール 700x23c ¥7,980

# by roadkids | 2010-10-31 00:00 | パーツ類