東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:自転車・フレーム( 283 )

6月初日の入荷、そして第一便・・・。なんとなく験がいいですね(笑)
当店の発注が遅かったものですから、「誠に申し訳ないんですが、初回便には間に合わないんです・・・」と頭を下げて頂いておりました。
そんな訳で入荷予定未定の第2便を気長に待つかと割り切っていたのですが、水曜日に突然の連絡=サプライズ♪
代理店Yurisさんが粘り強くネゴシエーターして頂いた(笑)おかげで人質(?)解放もとい第一便割当との報。
その苦労にも報いたいとの思いもあり本日入荷の即日ブログアップ。

当店にもやって参りました!!
Newブランド!
RSD Middle Child 只今到着です!!
c0225621_12092633.jpg

各メーカー、27.5+完成車をラインナップするようになった昨今、そろそろ「フレームから27.5+バイクを組みたいなぁ」と考えていらっしゃった方もいるのではないかと。
そんな時の第一候補に挙げて頂きたいのが、このRSD Middle Child。

c0225621_12092501.jpg


26インチホイールなら2.8インチ幅迄。
27.5インチホイールなら3.0インチ幅迄、そして29インチホイールなら2.6インチ幅まで対応出来る、ハンドメイドスチールフレーム。
c0225621_12092520.jpg

c0225621_12092724.jpg

そのハンドメイドでの工程も各部位の溶接を担当ごとに割り当てるスタイルではなく、選任された熟練の職人が塗装前までの全ての溶接工程を一人で行うスタイルでその仕事にかける気概がこもっているとも言えます。
c0225621_12092665.jpg

製造する台湾の工場も溶接の更に難しいチタンフレームをメインに手掛け、台湾でも1・2を争う技術力を持つとの事で、その辺りもアピールポイント。
チェーンステイに刻まれた「Rubber Side Down」の頭文字を取った名前がブランド名「RSD」
c0225621_12092606.jpg


その意味は「乗り続ける」
細かく明確な分類はせずに万能なバイクを目指し開発する事をモットーに、「乗り続けられる」バイクを製造。
様々なタイヤサイズに対応出来るMiddle Childは正にそれを具現化したバイクだと思います。
完成車のイメージはこんな感じ。
c0225621_12160041.jpg

是非、到着した最新フレーム見にいらして下さい!!
ご来店お待ち致しております。











































































[PR]
by roadkids | 2018-06-01 00:00 | 自転車・フレーム

STANTON始動!

紆余曲折ありまして、以前ご紹介した際に装着しておりましたホイールが使用できないことが発覚し、しばらく宙ぶらりんになっておりました我がNew Bike。(店舗の中でも天井から吊るしていたので本当の意味でも宙ぶらりんでしたが・・・苦笑)
いろいろ悩んでおりましたが「どうせいづれやるんだから、当初の思惑どうりにやっちゃえ!」という訳で理想だったカーボンホイール導入&再度完成(苦笑)。
c0225621_12024659.jpg

大安吉日の験を担いで本日お店の周りで初ライド。
いやぁ~思ってた以上にイイかも💛(笑)初めて乗ったとは思えない程のしっくり感♪
トレイルデビューが楽しみでありますっ!

今回理想を実現したホイールはFORMOSAカーボンリムとIndustry Nine のハブを使用した手組みホイール。
c0225621_12031443.jpg

c0225621_12032380.jpg

この辺はまた後日詳しくご報告致しますね。

前回掲載しました際には取り付けていなかったサブアイテムがALL MOUNTAIN STYLE のフレームガード&フェンダー。
マウンテンバイクの傷は勲章だろ!?って思ってたりもしますが、「やっぱり新車のウチは綺麗に保ちたいのよねぇ・・・」という男心が見え隠れするアイテム(苦笑)
伸縮性があり曲面にもしっかり貼り付けられるとのフレコミでしたが、チェーンステイなどのRがキツイ面にはそのままだと端の部分が浮き上がる感じがありましたので、ドライヤーなどで少し温めながら貼って頂くとしっかりくっつきます。
c0225621_12035697.jpg

そしてフェンダーは数あるラインナップの中から「お猿さん柄」をchoice!
c0225621_12035334.jpg

登り坂でへこたれそうになった際には『ワレ、もっと頑張らんかいっ!!』的な叱咤をしてくれそうな威圧感がオススメです。
STANTON SWITCH BACK 、試乗出来ますので是非ご検討下さい!





























































[PR]
by roadkids | 2018-05-28 00:00 | 自転車・フレーム
死角なし」って言葉に「更に」と付けるのもおかしい気もするんですが・・・(苦笑)
クロモリハードテイル完成車」というライバルとなる存在が少ないカテゴリーにありながら、毎年抜群のパーツアッセンブルを見せるKONA EXPLOSIF。
2018年モデルも更に充実の進化を遂げ、トレイルバイクとして不動の地位を築いたと言えそうです!

KONA EXPLOSIF 税込309,960円
c0225621_19320286.jpg

c0225621_19320221.jpg

Reynolds520クロモリチューブを使用したフレームは、Boost規格を新採用。
c0225621_19320214.jpg

ドライブトレインは「1x12」のSRAM GX をベースに、TRUVATIVクランクを織り交ぜる仕様。リアは50Tよん
c0225621_19320384.jpg

フロントサスペンションは35mm径のインナーチューブ化した新型ROCKSHOX REVELATIONで高い剛性感とスムーズな動きを体感して頂けると思います。
c0225621_19320279.jpg

ブレーキは対向4ピストンのSRAM GUIDE 採用で安心の制動力。

そして2018年モデルはこれに加え、トレイルでのお役立ち度No.1(自分調べ)ドロッパーポストが標準装備。
しかも高級モデルのROCKSHOX REVERB と来ております!!
c0225621_19320320.jpg

トレイルバイクとしてのほぼ満額回答かと。

壊れない限り早急にパーツ交換したくなるところはないであろう豪華なパーツアッセンブルは、ある意味自転車屋泣かせ(苦笑)
なかなか「最初の一台に!」とは申し上げにくい価格ですが、ヤル気満載のアナタにはBESTなCHOICEになるかと!
また同じハードテイルでの買い換えグレードアップをお考えの方や、「フルサスバイクは持っているけどスキルアップの為にもハードテイルも欲しいなぁ・・・。」という方には太鼓判の出来です。
是非KONA EXPLOSIF ご検討下さい。

またKONAの2018日本語版カタログも入荷しております。
c0225621_09143739.jpg

バイクの情報もそちらでしっかり吟味して頂きたいのですが、バイクスペックとは別にワタクシが今日本で最も行ってみたい場所の一つ、「山伏トレイルツアー」の事もレポートされております。
是非そちらもご一読を!
c0225621_09143787.jpg



















































.

[PR]
by roadkids | 2018-03-28 00:00 | 自転車・フレーム
今年度から当店取り扱いブランドにRockyMountainBicycleが新たに加わりました!
c0225621_21301270.jpg

名前からもお察しが付くようにカナダを代表する生粋のMTBブランド。
そのRockyMountainから最初に入荷して参りましたのは、27.5+のGROWLER50!

RockyMountain GROWLER50 税込226,800円
c0225621_21295508.jpg

比較的オーソドックスな造りのフロントトライアングルに対して、特徴的なリアトライアングル。
c0225621_21341901.jpg

前後ともスルーアクスルのBOOST規格を採用し、2.8インチ幅のタイヤと合わせてアグレッシブなライン取りで、トレイルを攻めれますね(笑)。
c0225621_21315230.jpg

サスペンションはエアスプリングのRockshox Recon Gold。
c0225621_21315267.jpg

ブレーキは、SRAM LEVEL、180㎜ローター。
c0225621_19002552.jpg

c0225621_21310692.jpg

コンポーネントは、1X11のSRAM NXベースと、当面は不満のないパーツアッセンブルだと思います。
c0225621_19002818.jpg

いぶし銀の渋めなカラーリングも好印象ですね。
店頭在庫分はMサイズ。
新しく加わったRockyMountain、是非ご検討下さい!
宜しくお願い致します。








































[PR]
by roadkids | 2018-03-18 00:00 | 自転車・フレーム
カラーリングとコンポは旧モデルとなりましたが、フレーム内容はバリバリの現役です!
GIOS AERO LITE  税込332,640円→現金特価226,000円

c0225621_12114246.jpg

ジオスを象徴するブルーを差し色にホワイトベースのカラーリングは2015年モデル。
c0225621_12114251.jpg

エアロバイクらしくシートクランプは空気抵抗を生む出っ張りを無くしたウス型タイプ。

c0225621_12131195.jpg

最新モデルではないという部分だけを除けば恐らく多くの方に文句のないであろうシマノ 6800アルテグラをフルスペック。
c0225621_12114191.jpg


値引き幅を大きくしましたので、買い替え検討中の方などにいかがでしょうか?
宜しくお願い致します。
c0225621_12114233.jpg









































.


[PR]
by roadkids | 2018-03-13 00:00 | 自転車・フレーム

トレックバイク40年の歴史を記念した限定モデル=FX LTDのデリバリーが始まりました!
c0225621_12510300.jpg

FX3とほぼ同等のスペックにかつて使用されていたヘッドバッジとロゴを使用したビンテージデザイン。
c0225621_12534459.jpg

サドルやグリップもそれに合わせた雰囲気を持たせ統一感がありますね。
c0225621_12534467.jpg

当店にも今週末にアイスブルーメタリックの15インチ&17.5インチが入荷予定です。
(↓写真をクリックすると、TREKの公式HPで詳細をご覧いただけます)
c0225621_12510222.jpg

是非楽しみにお待ち下さい。
但し限定モデルですのでご注文はお早めに!(笑)


















































[PR]
by roadkids | 2018-03-04 00:00 | 自転車・フレーム

e-バイク元年!?

・・・ってなフレーズをお聞きになられた方もいらっしゃるかと。

e-バイク


日本人にとっては「電動アシスト自転車」という方がピンと来ますかね?
バッテリーを積み、動力を発生させるユニットがペダルを踏む力を補助してくれる自転車。

「そんなのとっくの昔から日本中でおじいちゃん&おばあちゃんや子供を乗せたお母さん達がずっと乗ってたじゃないの?
何故今更元年?

というお気持ちも、ごもっとも。
これまでの日本における電動アシスト自転車は、いわゆるママチャリやシティサイクルをベースにして造られたものがほとんど。
しかし2018年がe-バイク元年たる所以は,ベースとなる車両がクロスバイクMTBといったスポーツバイクに搭載されるようになるからなんです!
ご存知の方も多いと思いますが、「e-バイク先進国」のヨーロッパでは全体の自転車販売台数に占めるe-バイクの割合が年々高まっているとのお話。
日本は海外との法規制的な違いもあり、海外モデルをそのまま持ち込む事が出来ず、e-バイクの展開が各メーカー遅れておりました。
そんな状況が2018年幾つかのメーカーよって打開され、日本の法律に則ったモデルで国内展開されます。
ママチャリに搭載されているのとは異なる仕様のユニット。
そしてベース車両がスポーツバイクという要素の相乗効果で、同じ電動アシストというくくりの中でもこれまでのママチャリタイプとは爽快さが別次元に感じさせてくれます。
そのe-バイクに採用されるユニットを開発&生産しているのが電動工具などでも有名な「boschボッシュ」
このboschユニット搭載モデルを販売する為には、講習を受講しなければならないので、この度受講して参りましたワタクシ、広島にて。
c0225621_16180726.jpg

たまたま我が故郷広島にて講習が開催されておりましたので、帰省を兼ねた一石二鳥スタイルで参加(笑)
c0225621_16180723.jpg

講習はユニットの交換手順などの実技もあり、大変勉強になりました。
c0225621_16180819.jpg

c0225621_16180866.jpg

メーカーは限定されますが、今後boschユニット搭載のe-バイクは当店でも販売可能となりました。
c0225621_15083435.jpg
ご興味のある方は是非ご相談下さい。宜しくお願い致します。

で話は全く関係のない家族ネタに(苦笑)
今回の帰省を機に広島の友人から「連絡をとりやすいけぇ、LINE登録しとけ!」なる指令が下り、遅ればせながらLINEを始める事になりまして。
それに伴い家族でもLINEでやり取りしようという事で、親父ともLINEを開始。
そんな親父から息子への第一声が・・・




はじめまして








・・・・・?







「いやいやいやいやいや、もう
46年間息子として付き合っとるちゅうねん!!」(笑)





よくよく考えると親父が「ご長寿クイズ」で珍解答をしていてもおかしくない歳だなぁと、しみじみ思う里帰りでした(苦笑)





















































.

[PR]
by roadkids | 2018-02-27 00:00 | 自転車・フレーム

当店唯一のKONA BIG HONZO

本当はもう少し在庫確保したかったのですが、当店でご用意出来るのはコレ一台になってしまいました・・・(涙)
KONA BIG HONZO ¥192,240税込
c0225621_17544719.jpg

c0225621_17545078.jpg

昨年登場して一躍人気となった27.5+バイクのBIG HONZO。

今年採用されたタイヤは新登場のMAXXIS Rekon+
c0225621_18091947.jpg

昨年同グレードのBIG HONZOはチューブレスレディ仕様のタイヤではありませんでしたが、このRekon+はチューブレス化可能。工場出荷の段階ではチューブが入ってますが、チューブレスリムテープは貼り付け済&チューブレスバルブは付属しておりますので、シーラントのご購入のみでチューブレス化が可能となりました。

コンポーネントはSRAM NXの1X11
c0225621_17553279.jpg

他社27.5+バイクと比べてギリギリまで詰めた、攻めた設計のチェーンステイで、27.5+タイヤならではの走破性と快適性を持ちながらもバイクをコントロールする楽しさも持ち合わせます。
c0225621_17554620.jpg

ブラックにイエローを散りばめたビジュアルは、昭和特撮ヒーローで育った世代にはたまらない、「ハカイダー」感(笑)
c0225621_18110203.jpg

メーカー在庫は完売しており、Mサイズのたった一台でのご用意となりましたが、トレイルデビューにオススメの一台です。
ドロッパーポストも標準装備。
c0225621_18110691.jpg

是非ご検討下さい。
























































[PR]
by roadkids | 2018-02-24 00:00 | 自転車・フレーム

カタログ未掲載の追加導入モデルFOCUS IZALCO RACE ALが入荷展示中です。
c0225621_17393568.jpg

先日ご紹介した、シマノ105Mixモデルが2018年国内展開唯一のアルミフレームロードバイクと申し上げておりましたが、その価格は税込18万円超え。
「初めてのロードバイクにFOCUSを」と考えていた方にとって、この価格が最安値というのはちょっとハードルが高いかなぁと感じておりました、ワタクシも。

そんな事情を見越しての追加導入モデルが本日ご紹介のバイク。
105Mixモデルと同じ肉厚が三段階に変化するトリプルバテッドチューブを採用。
リアディレーラーハンガーの造りも少し手間を掛けてありまして、他の多くのモデルは1カ所ないし、2ヶ所のボルトでディレーラーハンガーを固定していますが、このIZALCO RACE ALは3つのボルトを使用して固定。
c0225621_17423464.jpg

c0225621_17423177.jpg

より密着させ、ねじれに強くしようとする意図が感じられますね。

フロントフォークも、もちろん上位モデル同様にカーボン製。
c0225621_17393580.jpg

コンポーネントパーツをシマノSORAにグレードダウンする事により価格を抑えてあります。
c0225621_17393678.jpg

メーカー希望小売価格が149,040円となっておりますが、現金特価で販売中です。
価格は店頭でお確かめ下さい。
ご検討宜しくお願い致します。


























































[PR]
by roadkids | 2018-02-20 00:00 | 自転車・フレーム

白も素敵でしょ♪

先日ご紹介したCOLNAGO VORREIのもう一色、ホワイトバージョンが入荷して参りました。
c0225621_15183181.jpg


コンポーネントは同じくシマノCLARISの8速。
c0225621_15183189.jpg


実車を見てみたかったという方は是非ご来店下さい。
宜しくお願い致します。


c0225621_15183185.jpg



















































.
[PR]
by roadkids | 2018-02-19 00:00 | 自転車・フレーム