東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2019年 02月 12日 ( 1 )

前回に引き続き本日もネタの出来事は、昨年のお話・・・(滝汗)
ネタの鮮度は少々落ちますが、個人的には昨年中で一番楽しかったライドの想い出
じゃあもっと早く報告しろよ!ってところなんですが・・・(苦笑)

時は遡り昨年の11月。
ワタクシ的位置付けは、年を越すまではまだ時間を残していながらも2018年MTBライドを締めくくる総決算
そして当初の目論見以上にライドは最高にご機嫌モード♪で大団円。
前置きが長くなりましたがワタクシ長野県白馬村岩岳にて開催された「STANTON BIKE MEETING」に参加してきておりました!
(写真は主催のオルタナティブバイシクルさんFACEBOOKより)
c0225621_11500572.jpg


現在のワタクシの愛車1号機STANTON BIKESWITCH BACK

c0225621_15202683.jpg


チタンスチールのフレームをラインナップに持つイギリス発の新興ブランド「STANTON BIKE」。その取扱代理店である「オルタナティブバイシクル」さんがそのオーナーや「STANTON BIKE」に興味をお持ちのライダー達が一同に会し、一緒に走れる場として「STANTON BIKE MEETING」を定期的に開催してくれております。

今回その舞台がかねてより一度行ってみたいと思っていた「白馬村 岩岳」にて開催されるのを知り、夏からエントリーをしておりました。
「岩岳」をご存じない方に少しだけご説明いたしますと、「岩岳」と勝手に略して申しておりますが、正確には「白馬岩岳 MTB PARK」
標高1272mの山頂まで一気にゴンドラで上がり、そこから標高差521mを国際基準レベルで整備されたフロートレイルを駆け下りる事が出来る国内でも有数のMTB常設コース
今回は走るのに夢中で写真が全くという程撮れておりませんので、PVを見て頂く方が早いですね(苦笑)


PVをご覧頂いてもわかるとおり、まずロケーションが最高にすばらしいんです。
ゴンドラで上がると高くそびえる山塊が目の前にドーンと現われて、初見なら間違いなく走り出す前のこの時点でテンション上がります(笑)
c0225621_12020483.jpg


c0225621_12020324.jpg


自分が訪れた日は本当に天気が良く、例年と比べると遅れていた山頂付近の降雪がちょうどあった週との事で、雪化粧紅葉が楽しめる本当に美しい景色を堪能する事が出来ました(珍しく「持ってた」みたいです・・・笑
コースはこれでもかと言わんばかり(笑)に上下左右にウネウネ」「クネクネの連続。
それはそれでスゲエ楽しいんですけど、思ってた以上に体力を持っていかれるので自分レベルだと途中で休まないと下りきれない程1本の距離がもう長く感じます(苦笑)
c0225621_15250187.jpg


この日の為にBan.Kに通って練習してきたつもりだったんですが、まだまだ修行が必要ですね(苦笑)
そして今回の「STANTON BIKE MEETING」、2日に渡って開催されたんですが、2日目はSTANTON BIKEサポートライダーであり、滞在中の宿も提供して下さった南浦さんによるローカルトレイルガイドツアー!
c0225621_12020373.jpg


(南浦さん、バイクトライアルのご経験もあるのでこのとおり魅せてくれる走りも!)
実は「岩岳 MTB PARK」以上に楽しみにしていたのがこちら。
岩岳自体は場所もはっきりわかるので一人で行こうと思ったら行く事が出来た訳なんですが、ローカルトレイルはやはり地元ならではの情報がなければ難しいですよね。
そう言った意味でもすごく贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
何本かトレイルをご案内頂いたんですが、その中でも特に印象に残ったのが締めくくりで走った最後のトレイル。
押し担ぎが入る自走の登りを1時間以上掛けて辿り着ける場所ではあったのですが、整備されているトレイルかのようにびっくりする程ほとんど木の根っこがなく且つ適度な斜度とクネクネ具合(笑)
落ち葉で敷き詰められているのに「トラップ」(笑)を心配する必要もなく、初心者から上級者まで楽しめる要素を持った懐の深さ
時間と体力が許せば3往復ぐらいしたかったですね(笑)
そして普段自分が北海道で走っているトレイルと比べると、そこではなかなかお目にかかる事が出来ない「天然のバンク」が付いたコーナーが随所に合ってそれが非常に新鮮でした。
初見でうまく天然バンクに乗れなくて悔しい事もあったので(苦笑)、その辺の対応力を付けてもっと楽しく走れるようになるのが今後の自分の課題ですね!

ミーティングは2日間で楽しく無事終了したのですが、自分は急遽事前に決まった東京での仕事の都合で滞在を一泊延長。
大変ありがたい事に、もう一日南浦さんにトレイルを案内して頂きました!
この日は南浦さんの奥様にもお付き合い頂き3人でライド
この日案内頂いたトレイルはこちらで言うと長沼くらいの規模の山。そこに3,4本のトレイルが付いており、長沼以上にクネクネ(笑)。
そしてこのトレイルにも「天然バンク」有!(笑)
宿泊先から自走で行ける極上のトレイルを堪能させて頂きました。
(紅葉も綺麗でした。)
c0225621_12020228.jpg


今回は「STANTON BIKE MEETING」という形で南浦さんにご案内頂きましたが、今回のトレイルなども含めて南浦さんがご家族で経営されるペンション「シルクウッド」にご滞在の方なら南浦さんのお仕事の都合にもよりますが「ご案内できますよ♪」とご返答頂きました!
ご興味をもって頂いた方は是非南浦さんに相談してみて下さい。
写真を取り忘れてきたんですが(汗)、南浦さんのペンションもとってもすばらしいので単純にMTB関係なく滞在されるのもオススメ

食事もとっても美味しかったですし、迎え入れて下さるお気遣いがすごく嬉しかったですね♪
c0225621_15382484.jpg


今年も「STANTON BIKE MEETING」が白馬であったら、また何とか参加したいですね!
南浦さんに「もっと楽しいところがあるんですよ・・・(笑)」って匂わされましたから(苦笑)
改めてSTANTON BIKE MEETINGでお会い出来た皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました!

c0225621_12020344.jpg









































.
by roadkids | 2019-02-12 00:00 | 自転車・フレーム