人気ブログランキング |

東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2019年 02月 09日 ( 1 )

本来なら昨年中に触れるべきネタなんですけれども・・・(汗)
春に向けての妄想を掻き立てる&暇つぶしの一助にでもなれば幸いという事でこんな中途半端な時期ですが(苦笑)気持ちも新たにご報告。
日々新しいパーツが開発されリリースされる自転車業界。
そんな状況でありますから如何に自転車屋とは言え「全てを実際に使って・・・」なんて事は到底無理な訳でして・・・。
しかしながらその数多あるパーツの中で実際に自分で使用してコレは間違いなく太鼓判!と言える商品を本日はランキング形式でご紹介。
パーツ選びの際にお悩みでしたら参考にして頂ければと。

それではまず第3位
DMRBIKES VAULTペダル 税込15,984円~
c0225621_20481683.jpg

ワタクシにとっても長い間憧れの一品でしたDMRの最高峰フラットペダル「VAULT」がランクイン。
他社のペダルでもシューズへのピンの食い付きが良く足がズレないものは幾つもあるんですが、DMRのVAULTはそれに加えて考え抜かれたプラットフォーム形状で足の収まり&落ち着き具合が非常に秀逸。安心してペダルに身体を預けられますし、ペダルへの荷重を無駄なくしっかり伝えられます。
c0225621_20481637.jpg

美しい仕上がりとカラー展開も魅力ですし、補修パーツのスペアピンにも多数のカラーがラインナップされているので、ペダルご購入後にもピンカラーを変更するなどして、飽きの来ないペダルとも言えそうですね。
グラフィックのチェンジはありながらも継続生産される横綱的貫禄もこのペダルの良さを表わしていますかね。

続いて第2位はコチラ
APIDURA DRY トップチューブバッグ 税込 7,400円~
c0225621_20481628.jpg

バイクフレームのトップチューブに取り付けるタイプのバッグ。これまで使用して来た同じ場所に取り付けるほとんどのバッグは、どれも片手で開閉するのに苦戦するものが多く、他にないので仕方なく使っている感が強かったのですが、このAPIDURA DRYバッグはビックリする程、開閉がウルトラスムース!! 

c0225621_20500656.jpg

無駄に開け閉めしたくなる程快適(苦笑)。
イコール乗車中の使用でも安全度が抜群に高いと言えます。
DRYシリーズはシーム加工された防水タイプなので補給食だけでなくスマートフォンなどを入れておくのにも重宝致しました。
フレームに取り付けるストラップ部分は幅が広く、きめ細かい密度の詰まったベルクロが使用されているので固定力が非常に高く、ズレる心配もありませんでした。

今まで使用しているバッグにご不満があれば是非使ってみて頂きたい一品です。

c0225621_16154111.jpg

そして栄えある第一位は・・・、
RENTHAL TRACTION グリップ 税込 4,752円
c0225621_20481593.jpg

ワタクシ、基本的に素手では乗らない派なんですが・・・。
その理由はどうしても乗っている内に手汗をかいて滑る感じになるのが嫌で、いつでもグローブを装着派。
しかし初めてこれなら素手でもOK!と思わせてくれたのがこのRENTHALのグリップ。
(それでも転倒した時の事を考えてやっぱりグローブはするんですが・・・苦笑)
RENTHAL史上最も粘着性の高い「ULTRA TACKY」コンパウンドにプラスして横に配置されたヒダが、適度に変形しながら掌に食い込み、高いホールド感を生み出してくれます。
c0225621_20481569.jpg

ボルト固定するLOCK-ONタイプのグリップでありながらも細身なところもオススメポイントですね。
消耗が比較的早く交換頻度の高いパーツの一つがグリップであり、その価格が4,000円台というのは中々の高額商品ですが、是非一度は試してもらいたい商品です。

ってな訳で、かなり偏った自分の思い入れが強い商品ばかりのご紹介となりましたが(苦笑)お役に立てていましたら幸いです。
2019年また同様のご報告をする際は年内でのご報告を目指します(汗)。
ご検討宜しくお願い致します。












































.
by roadkids | 2019-02-09 00:00 | パーツ類