東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018年 10月 30日 ( 1 )

発表から数か月。デリバリーが待たれるモデルチェンジしたシマノ New XTR。 注文済みの方は「まだなの?まだなの?」とココロソワソワではないかと。ワタクシも「買うの?」「買わないの?」を行ったり来たり・・・(苦笑)。
そんな New XTR導入をご検討中の方にとって乗り越えなくてはならないそこそこ高めなハードルとなっているのが、リアハブのフリーボディ問題。
これまでのフリーボディの構造を刷新して高い駆動効率&回転抵抗を低減するシステムを実現しましたが、それに伴いカセットスプロケットを取り付ける部分もMICRO SPLINEという新しい形状に変更。

これによりXTRを使用するに当たりフリーボディもしくはハブの交換が必須項目に・・・。

新しいXTRのハブそのものは非常に魅力的で購買意欲をそそりますが(笑)、出来れば今現在所有しているホイールをそのまま使いたいよなぁというお気持ちお察し致します・・・。

そんな中、早くもIndustry Nineが New XTR対応のフリーボディのリリースを決定した模様です!!
c0225621_11380202.jpg

既存のIndustry Nineハブユーザーの方は、リアハブ全体の交換でなくフリーボディのみの交換で New XTRの導入が可能となり、かなりコストを安く抑えられます。
c0225621_11380240.jpg

そしてまだIndustry Nineを使用されていない方も、ハブの選択肢として筆頭候補に挙げて頂けるのではないかと!
主要コンポーネントメーカーのハブは自社のドライブトレインシステムを使用する前提で開発し、他社製品との互換性など考えてくれてはいませんが、IndustryNineのようなハブ&ホイールメーカーは、様々なドライブトレインに対応出来るようにする事が選択肢の幅を広げ自社製品の魅力を高める事につながる為、逆に積極的傾向。
購入後の継続的使用&発展性を考えるとドライブトレインを開発していないハブ&ホイールメーカーはメリット大かと。
そして他社に先駆ける、Industry Nineのこの速さ。
フリーボディのデリバリーもひょっとすると本家シマノさんのハブデリバリーと変わらずくらいで、ご提供出来る可能性もありそうです!
New XTRご検討の際は、是非Industry Nineもご一緒に(笑)

そしてIndustry Nineの魅力をもう一つ。
それは多彩なカラーバリエーション。
ハブそのものだけでなく、完組ホイールならスポークまで自分の思うままに自由自在!
そんな感じのホイールが取扱代理店Yurisさんのホームページのトップ画面に現在使用されておりますので、是非ご参考に。
c0225621_11380186.jpg

そして恐らくこのホイールを履かせたであろうバイクの画像もこちらに。
c0225621_11380290.jpg

これだけの色を使ったホイールが何に似合うかなぁと妄想を巡らせておりましたが、バッチリ似合ってますね! いやぁ、これはバイクを含めて欲しくなりますね(笑)
ご検討宜しくお願い致します。


(掲載の写真は全てYurisさんのサイトより引用させて頂きました)















































[PR]
by roadkids | 2018-10-30 00:00 | パーツ類