東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

惜しくも大賞ならずでしたが・・・

新年を迎えて早ひと月が過ぎましたが、ネタ元は時計を戻して昨年末へと。
ほぼ毎日チェックを欠かさない海外のMTB情報サイトPINKBIKE
そちらで年末恒例企画として、毎年その年の優れたバイクやパーツ、ライダーなどを各部門ごとに表彰する「PINKBIKE AWARDS」がノミネート⇒「大賞決定」という流れで発表されております。
その中の一つ、Best Value Product」部門(最も価値ある商品、ってところでしょうか)。
そのノミネート商品3つのうちの2つが、当店でも取り扱いのある商品とあって、「大賞」を取ったあかつきには「大々的にアピールやねっ!!」と色めきだっておりました。そんな捕らぬ狸の皮算用をあざ笑うかのように大賞は当店取り扱いのないもう一つの商品に・・・(涙)
「確率3分の2」をはずすというワタクシの運のなさが商品の良さまで否定する訳ではないので、ここは前向きに商品アピール!!(どちらにしても全面的にアピールする訳ね~、苦笑)
まずはコチラ
Huck Norris  ¥10,800税込
c0225621_18392484.jpg

チューブレスレディタイヤ向けに開発されたスポンジフォームで、リム打ちなどからのリムの変形や破損&パンク防止の役割を担います。
同様の商品の中でも軽く装着が簡単というメリット。
ご使用されているホイールのリム幅に合わせたサイズを選択し、長さを測りカット。
c0225621_18392424.jpg

付属のベルクロテープで円形につなぐだけ。
c0225621_18392448.jpg

これをチューブレスタイヤの内側に入れてタイヤをはめれば作業完了。
c0225621_18392406.jpg

このHuck Norrisがタイヤの内側に入っていてもタイヤの脱着のしやすさは、さほど変わりませんね。

そして自分もこのHuck Norrisの必要性を痛感した出来事がありまして・・・。
27.5+タイヤのMTBに乗り始めて間もない、とあるトレイルでの事。
これまでとは違う圧倒的なタイヤのエアボリュームに「これならリム打ちパンクとは永遠におサラバでしょ!」と勝手にタカをくくり、トレイルを下る事十数分。
自分のスキルで吸収しきれなかった岩へのヒットで敢えなくサイドカットを伴う程のリム打ちパンク・・・。帰宅後チェックすると画像のようにリムも変形。
c0225621_18392485.jpg

幸いにもその後のチューブレス化が不可能となるエア漏れを引き起こす程の変形にまでは至っておりませんでしたが、やはり用心したいところですよね。
特に交換などでグレードアップさせた高級ホイールなどには入れておくのが賢明かなぁと思っております。
パンクだけならまだしもリム交換となると相当な出費の痛手となりますからね。

そしてもう一つの商品は以前もご紹介したボントレガーホイール、Bontrager Line Pro 30

c0225621_18431666.jpg

信頼性の高いマスプロメーカーがリリースするカーボンホイールとしては破格の価格と性能。
目を引くカーボンリムだけではなく、触ってわかる細かなノッチのフリーボディシステム(Rapid Drive 108)も秀逸。
c0225621_18443689.jpg

店頭に展示中ですので是非現物でお確かめ下さい。

そして話は全く関係なく昨晩の事にシフト。
先日も当ブログでテーマにした、個人的にはヨガチャレンジ第三夜。
今回はフライヤーで先生が取っているポーズに近いのにも取り組んで参りました。
c0225621_19442448.jpg

当然こんな風には出来てませんよ、当然(笑)。
きっとヨガやらなかったら人生で一生取らないポーズですよね(苦笑)
いやぁしかし、自分のカラダの動かさな具合に逆に笑ってしまうというか。出来ないなりにも充分楽しめております。
次回は2月23日(金)
是非ご一緒にいかがですか?


























































[PR]
by roadkids | 2018-02-10 00:00 | パーツ類