東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ケガをしてからその必要性を感じるのではなく、ケガをする前に用意する大人の対応をしたいですよね。
DAINESEのKNEE GUARD、在庫しております。
c0225621_10390697.jpg

DAINESE TRAILSKINS2 KNEEGUARDS
 ¥12,420税込
c0225621_10390803.jpg

サポーターのようなフィット感でありながら、ハードプロテクターと同等の安全性を実現。
人体に合わせて事前にカーブさせた形状で膝関節を干渉なく曲げる事が可能です。
特徴的な見た目のフラクタル構造は高いプロテクション能力だけでなく優れた通気性も。
一日中使える軽さも魅力です。

DAINESE ARMOFORM KNEEGUARD LITE EXT
 ¥13,500税込
c0225621_10431733.jpg

ハードシェルプロテクターでありながら、内部のプロテクターが動く構造により、膝の中央の位置が変わらない為、膝の動作に追従し、同じ面積を守る事が出来ます。
c0225621_10390337.jpg

ベルクロストラップによる固定で、シューズを脱がずに装着が出来るので使い勝手もGOO!

ご検討宜しくお願い致します。
























































[PR]
# by roadkids | 2018-07-14 00:00 | パーツ類

限定のオレンジ!

XONのディスクローターの限定カラー「オレンジ」
c0225621_01174493.jpg

180㎜の1セットのみですが、店頭に在庫あります。 1枚¥4,300税込
冷間鍛造で仕上げられたアルミのアームが高い剛性を生み出します。

カスタマイズの一品に是非!














































































.

[PR]
# by roadkids | 2018-07-10 00:00
当店でのベストセラークロスバイク、TREK FX3
c0225621_21171602.jpg

2019年モデルのリリースが早くも始まっておりますが、これまでと違うのはDiscブレーキモデルと車輪を挟んで止めるVブレーキモデルのカラー展開数が逆転した点。

2018年モデルが、
Discブレーキモデル:2カラー
Vブレーキモデル:4カラー、だったのに対し、

2019年モデルは、
Discブレーキモデル:カラー
ブレーキモデル:カラー
となります。
メーカーのスタンスもDiscブレーキに舵を切った事になりますね。
c0225621_21171698.jpg

Discブレーキのメリットは、天候や路面状況にブレーキの制動力が影響を受けにくい点。 軽い力でのブレーキレバーへの入力でしっかりとした制動力が得られ、バイクコントロールをしやすい点など。 ブレーキの性能面においては、Vブレーキより優れる点が多数あります。
c0225621_21162568.jpg

価格面が上昇する点はデメリットですが、実際に乗って頂くと多くの方がDiscブレーキの恩恵を感じられると思います。

それに合わせて当店のFX3試乗車もDiscブレーキモデルへチェンジ! 試乗車の準備も整いましたので、是非Discブレーキをご体感ください。
c0225621_21171671.jpg

ご来店お待ちしております。
c0225621_21171645.jpg




































































[PR]
# by roadkids | 2018-07-08 00:00 | 自転車・フレーム

35mm径クランプのSTANTONのハンドルバーも店頭に入荷して参りました。  ¥9,500税込
c0225621_13430781.jpg

トリプルバテッド加工された7075アルミをベースに、10mmライズ、バックスウィープ9度、幅810mmの形状、インパクトあるグラフィック!!

STANTON BIKE 以外の方にも是非どうぞ!






























































.

[PR]
# by roadkids | 2018-07-03 00:00 | パーツ類
先日「出来上がりました」とご紹介した試乗車兼おニューマイバイク(笑)、STANTON SWITCHBACK。
c0225621_14165785.jpg

c0225621_14170060.jpg

アスファルトだけでなくトレイルでのシェイクダウンも終え、その感想は今のところ非の打ちどころ無く自分史上過去最高(笑)
自分の想像していた以上に走りが軽くしなやか。乗って頂いたお客様からも「コレはズルイわっ!」との最大級の誉め言葉も頂き、ご満悦状態であります(笑)

そのSTANTON SWITCHBACK。
完成にこぎつけるのに手間取っておりましたホイールは少々こだわりを持って組み上げました。
c0225621_14181632.jpg

リムはMTBerにはお馴染みの代理店Yurisサンのオリジナルブランド=FORMOSA カーボンリムの35mm幅。
そしてハブは120ノッチを誇るIndustryNine。
c0225621_14183762.jpg

しかしこの組み合わせは既に26インチMTBで経験済み。その性能の良さは充分に理解しているつもりなので、今回もこの2点のパーツの選択に関しては迷う事なくの一択。
今回は「26インチの時のホイールの組み合わせを上回る何か」という事でスポークとニップルにこだわってみました。

まずはスポーク。
26インチの時もプレーンスポークでありながら他社とは異なり、ハブフランジに引っ掛ける首元だけは太くなって強度の増したPillarspokeのPSR14を使用しておりました。
c0225621_14185673.jpg

それを上回る耐久性を望みたいという事で今回は同じPillarspokeの中でもPSR14+3D Forceをチョイス!
このスポーク、画像からは少しわかりづらいかもしれませんが、首元の部分に異なる2方向から潰し加工が施された商品。この加工により首元が太いだけのPSRシリーズと比べ2.5倍の強度がUPするという離れ技(笑)
少々フランジの穴への通しにくさはあったんですが(苦笑)組み上げた際の感触はなかなかの好印象。
26インチのPSRでもまだスポークは折れていませんが、今後の使用で更なる期待値の上がるスポークです。

そしてニップル。
ワタクシ、個人的な見解としてアルミニップルはあまり信用していない派(耐久性という面においてですが・・・)でございます。
軽さよりもメンテナンスサイクルをなるべく長くして作業に時間を取られないようにする為にいつもニップルは丈夫な真鍮を選んで来ました。
しかし今回はアルミ製をチョイスしました。
その理由はコレ。
c0225621_20202771.jpg

通常のアルミニップルと比べリムに収まる(掛かる)部分が分厚くなっており、コチラも耐久性が上がっているんですね。
アルミニップルにありがちな根元からの破断の確率を大幅に減少させる事が出来ます。
効果の程を実証できるのは数年後となるかもしれませんが(汗)、一考の余地がある商品かと思います。
手組ホイールを検討の際にはぜひ候補に入れてみて下さい!!
c0225621_20203057.jpg

あと入れ忘れておりました(苦笑)リムを守るHUCK NORRISもご検討宜しくお願い致します。
c0225621_14424813.jpg












































































[PR]
# by roadkids | 2018-07-02 00:00 | 自転車・フレーム