東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

GXも12speed!

SRAMのマウンテンバイクコンポーネントGXが、上位モデル同様の「1x12」にモデルチェンジしてこの秋登場です!

画像は、とある展示会で完成車に取り付けられていたNew GX。
c0225621_18341018.jpg

c0225621_18340677.jpg

「1x11」時に42TまでだったLowギアが、50Tまでに拡大し、より厳しい登りに対応可能になるだけでなく、
それに伴いフロントチェーンリングの歯数拡大が可能にもなる為トップスピード側も上昇。
XCレースからオールマウンテン的なトレイルライドまで、幅広いユーザーにメリットを生み出します。

クランクの仕様によって若干の価格差が生じますが、コンポ一式税込75,600円~とコストパフォーマンスもなかなか。
カセットスプロケットがXDドライバーのみの対応となるのが、少しネックではありますが、とても魅力的かと。

ワタクシのNewBikeもこのGXを搭載しての試乗車となる予定ですので、ぜひお楽しみに。
商品のデリバリーは9月下旬~10月を予定。
ご予約承っておりますので、是非ご検討下さい。




























































.
[PR]
# by roadkids | 2017-07-31 00:00 | パーツ類
真夏の日射し。
照りつける太陽
天下でまさかのチューブレスタイヤのパンク。
バイクを降車。
始めるパンク修理。
止まった事により更に強く感じるアスファルトからの
焦る気持ちと裏腹に、なかなか外れてくれぬタイヤ。
やっと外れたタイヤに安堵したものの今度は一向に上がらぬタイヤビード・・・。




「チューブレスタイヤになんかしなければ良かった・・・。」







そんなロードチューブレスタイヤの苦い思い出。


この夏、


MAVIC


完全に払拭致します!!




もう既にあちこちで話題に上りご存知の方も多いかと思いますが、この夏MAVICがいよいよロードチューブレスホイールをリリース。
c0225621_13163793.jpg

リムメーカーとして最古参でもあるMAVIC。
MTBホイールではいち早くUST規格を立ち上げ、チューブレスリムを導入。
その後もホイールにおける数々の最先端技術を生み出しつつ業界の先頭を走ってきたMAVICが、
ロードチューブレスに関しては、何故か他メーカーの後塵を拝してきました。
(MAVIC的には後塵を拝していたつもりではないでしょうが・・・苦笑)


その理由。
MAVICの公式見解ではありませんが、営業担当者との話の中で聞いていたのは、
「現状のチューブレスタイヤのシステムでは取り扱いの煩わしさがあるため、エンドユーザーにとってメリットが見いだせない」
との判断をしているとの事でした。



そう考えていたMAVICがチューブレスホイール&タイヤをリリースしたという事は・・・、





そうです!、その問題を見事に解決出来たってことなんです!!




先日札幌で行われた展示会で実物を拝見。
タイヤの脱着は、クリンチャータイヤとほぼ変わらないレベル
マビックの女性スタッフでも外す事が出来たらしいので、これまでのチューブレスと比べると驚きです。

そして最もびっくりしたのは、フロアポンプで普通にポンピングして、
2気圧に差し掛かる程度の空気圧でタイヤビードが上がり、ホイールに装着出来てしまう点。
これまでコンプレッサーなどを使用してもうまくやらないと上がらない事もあったタイヤビードが、いとも簡単に上がります。
これならご自宅や出先での作業も安心。
チューブレスタイヤのメリットを最大限に活かせます。

これまでチューブレスタイヤの導入にお迷いだった方も、
この夏はMAVICのチューブレスホイール&タイヤを是非ご検討下さい。
宜しくお願い致します。

























































.
[PR]
# by roadkids | 2017-07-26 00:00 | パーツ類

一点目立たせ主義

茹だるような暑さで集中力も切れがちな夏。
それは自転車に乗っているご自身だけでなく、周りの人達でも・・・。

そんな時は被視認性を意識した目立つカラーを一点だけでも盛り込んで安全なライドを!
本日はそんなカラーを使用したパーツ達のご紹介。

まずはライド中に最上部にあるヘルメット。
GIRO CINDER MIPS \23,760
c0225621_20352001.jpg

転倒時などの衝撃エネルギーの掛かる向きを変えて安全性を高めるMIPSを採用。

お次は常にペダルを回して動いている脚元は実は効果が大きい。
Bontrager SPECTOR  ¥17,900
c0225621_20363165.jpg

フィット感を高めるBoaクロージャーダイヤルを使用しながらも2万円を大きく切る価格も魅力です。

MTBやクロスバイクに使用されるフラットバーなら手の甲が進行方向に向いて意外な程目立つんです!
Troy Lee Design  Air Glove & Sport Glove
 ¥3,672&¥3,564
c0225621_20370176.jpg

しなやかな使い心地&高耐久性で個人的にお気に入りの一品。

同じくTroy Lee Design からMTBショーツのコチラ
Troy Lee Design Sprint SHORT  ¥11,988
c0225621_20373390.jpg

ここまで来ると占有面積が広くなって一点という感じじゃない気もして参りますが・・・(汗)
お山の中でなら熊さんにも早めに気づいてもらえるはず!(苦笑)

そして最後はリム
Fireeye Excelrant Rim 650B
 1本 ¥7,000
c0225621_20381862.jpg

バイク本体のドレスアップパーツとしてもオススメです。

パーツ選びに迷った時は「被視認性」という要素でも選んでみては。
ご検討宜しくお願い致します。






















































.
[PR]
# by roadkids | 2017-07-11 00:00 | パーツ類

低圧の時にお困りでは?


本日はデジタルフロアポンプのご紹介♪
c0225621_18541460.jpg

デジタル表示のメリットは言わずもがなビタっと明確な数値での表示。
アナログゲージのタイプでも高圧な部分の数値は割り合いと読みやすいのですが、Fatバイクやプラス規格タイヤのMTBで使う低圧の部分だと、
ゲージの針の反応が鈍かったり、そもそも表示盤のメモリが大雑把で読めません的なこともありますよね。
そんな時デジタルゲージであれば一発解答

本日ご紹介のSERFAS FP-200SE DIGITAL GAUGEは、1気圧を切るような低圧でも0.05bar単位で表示してくれます。
バックライトも装備で夜でもバッチリ調整出来ます!
c0225621_18442480.jpg

口金のレバーも大き目でバルブへの脱着もしやすいかと思います。
c0225621_00200082.jpg

デジタルゲージのフロアポンプとしてはお値段もお手頃な税込6,048円。
適正なタイヤの空気圧はいい事づくめ。
是非お手元にフロアポンプを!
ご検討宜しくお願い致します。
















































.

[PR]
# by roadkids | 2017-07-09 00:00 | 工具・ケミカル類

何気にジオライド月間

月は跨いでおりますが、前回のコメンサルMETA HT AM Cr-MOに続き、ジオライドジャパンさん取り扱いブランドの試乗車が届いております。
c0225621_13363786.jpg

今回到着致しましたのは、最高レベルの重量比剛性を唱うNEILPRYDE BURAsl
c0225621_13363443.jpg

外見上の特徴ともなるリブは各チューブとの接合部と強化し全体的な横剛性と捻れ剛性を生み出す事に貢献。

c0225621_13400720.jpg

「軽量なだけでは戦うバイクとは言えない」というコンセプトを実現したNEILPRYDE BURAsl。
是非店頭にてお確かめ下さい。
c0225621_13403294.jpg

c0225621_13403589.jpg


天気が良い昼間には外で試乗して頂くことが出来ます。
試乗の際には免許証などの写真付き身分証明証をご持参の上、運動のできる服装・シューズでお越し下さい。














































































.


[PR]
# by roadkids | 2017-07-04 00:00 | 自転車・フレーム