東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
この1週間で、これまでずぅーっと溜まっておりました鬱憤を一気に晴らして参りました・・・。
既に彼の地(距離的には遠い訳ではないんですが、心情的に・・・苦笑)を利用されたお客様から色んなお話や評判をお伺いしながらも、
訪れることなく終わっておりました最大の要因は、
定休日が当店と同じ毎週木曜日であったが為。

「俺このままだと一生行かずに終わるんじゃね?」

という焦りを抱きつつ向かえた2017お盆休み

「この機を逃さらいでかぁ~!」との意欲も満々に、
結果、週三で通っておりました(笑)、
待望のSALOMON x ban.Kトレイルステーション!
c0225621_15522357.jpg


ばんけいスキー場にこの春新たにMTB専用コースが造成され、トレッキングやノルディックウォーキングなども行える複合施設としてオープンされました。
c0225621_15535884.jpg
c0225621_10524222.jpg

MTBコースは、実際の山の中を走るようなアドベンチャーコースから、綺麗に整備された路面に各コーナーにはバンクも付けられたファミリーコース、小さなお子様でもチャレンジ出来るkidsコースまで、バラエティーに富み、あらゆるスキルレベルの方に一日中MTBを使って遊ぶ事が出来る場所となっています。
c0225621_19385715.jpg


この地の訪問を大変楽しみにしておりましたワタクシですが、実は一つのトラウマが・・・。

十五年以上MTBに乗っていながらも、バンクの付いたコースを走った事がほぼなく、
約3年前にバンク初体験したルスツでは、全く思い描いていたようには乗る事が出来ず、
これまでのMTBに乗って得た経験や小さな自信が全て崩れ去り、
「俺、超ダメダメじゃん・・・」と大惨敗の苦い記憶として脳裏に刻まれました。
(ワタクシの人生史上、この出来事を「2014ルスツの絶望」と呼んでおります。ちなみに年号の覚え方は「自分に絶望して立ち尽くす20立ちよ14)」です。只、一生懸命覚えても夏休み明けの中間テストには出ませんが・・・苦笑)


そんな思いを払拭するべく臨んだ、毎週火曜日にトレイルステーションで行われている「朝活」に初参戦。
「早朝5時集合」という別の意味での高いハードルとも戦わなくてはなりませんが(苦笑)、
ワタクシの我が儘的に急遽お誘いしたにもかかわらず、2名のお客様にご賛同頂きいっしょに参加。
コースを管理運営されている元ワールドカップDHライダー金子さんに走り方や走行上の注意点をレクチャーをして頂き、
今度はうまく行くかも・・・!?」という根拠ない自信を一縷の望みにコースイン。

結果は当然のごとく案の定でございます(苦笑)

転びこそしなかったものの、コーナーのバンクごとでの感はそこはかとなく・・・。
悪い方向に向かって帳尻合わせをした走りに終始してしまったワタクシ。
俺やっぱり相変わらずダメ男じゃん・・・と打ちひしがれつつ帰路につき(と言っても時刻はまだ朝7時・・・笑)、
その日の走りを振り返る。
そして気付く・・・。
俺、金子さんにレクチャー頂いた内容や普段のトレイルの走行では意識出来ていた事が全く意識できていなかったじゃん・・・」と。
そこをもう少し気にしながら走れれば、ちょっとはマシな走りに出来るんじゃ・・・」とも。
MTBに関しては単純な思考回路ですので、思ったら止まらないのでございます(苦笑)

早速次の日、今度はお客様に内緒でコソ練する為、再びトレイルステーションへ!
オープンからクローズする時間まで、只々、バンクの付いたファミリーコースを往復しておりました、

・・・アホかっちゅうくらい、しこたま転びながら(笑)


もうその転倒確率たるや、余裕でセ・リーグの首位打者取れそうなほどに(苦笑)
「50を前にしたいい年こいて、両膝両肘に擦り傷作っとる場合じゃないよなぁ・・・」(膝はちゃんとガードは付けておったんですが)と反省しつつも、
しこたま転んだおかげでライディングテクニックとは別に、
一つだけ身を持って得る事が出来た事実・・・。





「TroyLeeDesignのグローブ、めっちゃ丈夫!!」(笑)
c0225621_21303522.jpg

凄い回数転び倒しましたが、TroyLeeDesignのグローブは破れ知らず
以前から思っておりましたが改めて実感!
店頭にもございます!超オススメ!!(苦笑)

そしてその日のワタクシを「星明子」のように、実はそっと遠くから見守って下さっていた金子さんが一言、
c0225621_20265830.jpg


「転んだ分、ちゃんと学習されてますね!」


というポジティブに受け取ると褒め言葉を(笑)

更に一言アドバイスも、

「コーナーの進入速度が速すぎますよ。コーナーの基本はスローIN、ファストOUTです!

とってもありがたい金言ながら、

えー、終わった後にそんなこと言われるとまた試したくなるじゃん~!」と、
40半ばのオッサンMTBerの心中を完璧見透かしたように手のひらで転がす金子さん。



策士ナリ!(笑)


金子さんをディスってる訳ではないので。実際はとっても親切に教えてくださいます笑)

「この気持ち、冷めぬ内にまた行きたい・・・」と思いつつも、
短いお盆休みは終わりを告げ、
立ちはだかるのは「定休日が当店と全く同じ毎週木曜日」問題。
「この問題を解決せねば、またしばらく行けないじゃない・・・」と思案して閃いたのが、
当店が週末の朝に行っているMTBライドイベント「Sunday Morning Fever」。
これをばんけいトレイルステーションで行わせてもらえればいいんじゃないかと。
当店の営業日程に支障を来さず、「お客様ともいっしょに楽しめる」を建前に(苦笑)
金子さんにご相談すると、快く承諾頂き、早速昨日開催の運びとなりました。

当日の空は雲ひとつ無い晴天。朝の空気はとっても気持ちいいのであります!
c0225621_15560980.jpg


早朝だと交通量も少ないので当店からでも約30分で盤渓に到着
バイクの準備が整ったら、今回はレクチャー形式でイベントを進行。
まずはコースを知るべく歩いて確認。
c0225621_16122042.jpg


c0225621_16121650.jpg


(画像は金子さんに怒られて立たされている訳ではないです・・・笑)

バイクに乗っているイメージでコーナーを走ってみたり、色んな形でレクチャー頂きました。
c0225621_16124447.jpg


c0225621_16134625.jpg


実際にバイクに乗ってコースインすると皆さん一発目から「ウワァ!」などの奇声を上げながらもこのコースの楽しさを実感
c0225621_10282055.jpg


c0225621_16141812.jpg


c0225621_16141741.jpg


c0225621_16141813.jpg


c0225621_16141913.jpg


c0225621_16141917.jpg


c0225621_10283586.jpg

と同時に難しさにも直面してそれぞれにトライ&エラー。
改めてMTBの奥深さを感じましたよね。

そんなワタクシを含めた迷える仔羊ちゃん達(笑)のための参考になれば!
金子さんのコーナリングの連続写真(撮影設定間違えて暗めですが・・・汗)、
掲載しておきます。
c0225621_16151335.jpg


c0225621_16151385.jpg


c0225621_16151497.jpg


c0225621_16151423.jpg


c0225621_16151450.jpg


c0225621_16151591.jpg


c0225621_16151510.jpg


c0225621_16151502.jpg


c0225621_16153103.jpg


c0225621_16153160.jpg


c0225621_16153174.jpg


c0225621_16153252.jpg


c0225621_16153217.jpg


c0225621_16175667.jpg


c0225621_16175669.jpg


c0225621_16181699.jpg


c0225621_16181659.jpg


c0225621_16181780.jpg


c0225621_16181709.jpg


c0225621_16181795.jpg


c0225621_16181608.jpg


c0225621_16202525.jpg


c0225621_16202599.jpg


いつかこんな風に走れるといいですよね~♪
(あくまでも目標は高い位置に置きたいのであります・・・)

あっという間の2時間が過ぎイベントは終了。
参加者の皆さん、きっとハマっちゃいましたね。色んな意味で♪
c0225621_19401183.jpg

またSALOMON&ban.Kトレイルステーション様&金子さんにご協力頂いて、同様のイベントを企画したいと考えております。
何より、そうでないとワタシ、なかなか来れませんから、ココに。(笑)

まだ
ban.Kトレイルステーションに行かれた事のない方は是非行ってみて下さい。
そして先にコースを走らせて頂いた経験者として思ったのは、
スキルレベルを問わず、
ライディングスクールを受講される事を強くオススメします!
今回のイベントのレクチャーはほんのさわりだけだったと思いますが、それだけでも知識として持っているかどうかで走りは大きく変わりました。
このMTBコースを管理&運営されている金子さんはこのコースのビルダーでもあります。
それぞれのコーナーに込められた意図や意味を理論的にしっかり丁寧に教えてくれます。
そうする事によってより早く(この「早く」は速度域という意味ではなく楽しさに早く到達できるという意味の「時間的な早さ」です。結果「速く」もなりますが・・・笑)、より安全により楽しく走る事が出来るようになると思います。
特に上級者や中級者の方に連れられてやって来た初心者の方は、絶対に受講した方がいいと思いますよ。
個人的にはワールドカップライダーに2時間教えて頂いて3,500円はかなりの割安かと。
今度はみんなに抜け駆けしてワタクシ、受講しますかね♪(笑)
長々と駄文書き連ねましたが、結局ナンダカンダ言っても
「MTBはおもしろいッス!」
是非ご検討下さい。








































































.


[PR]
# by roadkids | 2017-08-21 00:00 | その他
LEZYNEのNew LEDライト LITE DRIVE が入荷しました。
c0225621_03140973.jpg

これまでの定番カラーのブラックとシルバーに加えてセクシーな色艶(笑)のレッドとブルーも加わっております。

c0225621_03142974.jpg

最大700ルーメンの明るさを持ちながら価格は余裕の1万円切り(税込7,992円)とコストパフォーマンスもかなりのレベル。

同色の携帯ポンプHP DRIVEも入荷しております。
c0225621_03145275.jpg

c0225621_11464924.jpg

ライトと合わせていかがでしょうか?

ご検討宜しくお願い致します。

























































.

[PR]
# by roadkids | 2017-08-19 00:00 | パーツ類

本日は「TREK WORLD」ご報告第三弾クロスバイク編。
当店でも今、最も人気のあるクロスバイクがTREK FXシリーズ
そのFXシリーズが2018年は全車種フルモデルチェンジ。
Discブレーキモデルも拡充し、ラインナップの充実度たっぷりです。

まずは定番人気FX3
ケーブルはフレーム内蔵ではなくなりましたがカーボンフォークにIsoーZoneハンドルバー&グリップ、ちょい広めの32mm幅タイヤで相変わらずの快適性と乗りやすさ。
c0225621_19492515.jpg


お値段も更に下がりましたので、お買い得感も満載です。
只今店頭に全カラー展示中ですので、実車でご確認頂けます。

そしてFX1&2に関しては、このFX3と同じフレームが採用される事で、違いがパーツの組み合わせのみとなりましたので、驚異的にコストパフォーマンスの高いエントリーモデルとなっています。
c0225621_19500714.jpg

FX2&3にはDiscブレーキモデルもラインナップ。
c0225621_19510569.jpg

あらゆる天候下で信頼出来る高い制動力が魅力のDiscブレーキモデルですが、やはりオススメはここでもFX3DISC。
c0225621_19530923.jpg

FX2DISCに採用されるワイヤーで動かす機械式タイプと比べてコントロールのしやすい油圧タイプを採用。
更にフロントフォークのホイール固定方式がスルーアクスルタイプになっているため、ホイールの確実な固定がわかりやすく、ホイール脱着によるブレーキトラブルも起こりにくくなります。

FXシリーズよりスポーツ性能を高めたモデルのFX Sシリーズ。
2017年のカーボンフレームモデルは、ロードバイクDOMANEのフレームを使用していましたが、2018年モデルは専用モデルとして完全新設計。
c0225621_20045400.jpg

より最適化され効率の優れた走りが可能に。
全モデルDISCブレーキを装備。
c0225621_20054305.jpg

c0225621_20054714.jpg

スタイリングも上質感にあふれ、自転車でどんどん出掛けたくなりそうですね。
2018年も女性用モデルが数多くラインナップされております。
c0225621_03364171.jpg

c0225621_03371193.jpg

男女年齢を問わず、最初の一台からセカンドバイクとしてあらゆる需要にTREKのFXシリーズはお答え出来ます。
是非ご検討下さい。





















































.

[PR]
# by roadkids | 2017-08-17 00:00 | 自転車・フレーム
本日は「TREK WORLD」ご報告第二弾MTB編
例年と比べてモデルチェンジが少ない印象のMTB。
その中でフルモデルチェンジをしたのがHardTailのX-CALIBERシリーズ。
c0225621_12323979.jpg

エントリー~ミドルグレードモデルですが、あらゆる方にオススメ出来る凄くいい形でモデルチェンジしました!
フレーム形状は2017年までラインナップされたSUPERFLYに近くなり、ヘッドチューブは剛性の上がるE2テーパーヘッドタイプに。
c0225621_12391301.jpg

リアホイールはBOOST規格のハブフランジ間隔ながらコストが抑えられるクイックレバータイプのBoost141mmを採用し、剛性も高められています。
c0225621_12361036.jpg

タイヤクリアランスも広かったので27.5+にも対応出来そうです。
c0225621_11563991.jpg

合わせてチェーンステイも詰め、クイックな反応性も。
シートチューブにはこれまでには付いていなかったドロッパーポスト内蔵ケーブル用の穴も設けられました。
c0225621_11564032.jpg

昨今のドロッパーポストのほとんどが内蔵ケーブルタイプになっているので、この辺の加工は必須ですね。

山遊び風に特化したモデルチェンジと思わせておいて、チェーンステイにはTREKのクロスバイクなどに付けられている専用スタンドの台座も付いています。
c0225621_12390937.jpg

通勤などの街乗りから、週末の山遊びまで。
パーツを変える事によってどんどん可能性の広がるカスタマイズありきのモデルとして超オススメであります!

そしてロードバイクモデル同様にIso-speedテクノロジーを搭載したPROCALIBERシリーズにアルミモデルが登場。
c0225621_12123201.jpg

アルミフレームになる事により、お求めやすい価格に。
しかしカーボンフレームには設けられていないドロッパーポスト内蔵ケーブル用の穴が、アルミフレームのPROCALIBERにはX-CALIBER同様に装備。
山遊びを楽しみしつつも、XCレースも目標に据えている方ならPROCALIBERシリーズを!
c0225621_12123311.jpg

c0225621_12123345.jpg

c0225621_12123479.jpg

c0225621_12123383.jpg

会場には、インパクト抜群の29er+のSTACHEも展示されてました。
c0225621_12240334.jpg

今年のモデルはフロントサスペンションを装備。非常に残念ですが、受注期間の短い限定モデルです。ご興味のある方は是非お早めにご相談を!
c0225621_12241188.jpg

c0225621_12241419.jpg

個人的にバイクのシルエットだけで「欲しい~!」ってなったのがSLASH9.7
c0225621_12252976.jpg

サンドストームという独特のカラーリングのフレームに新開発された反応性に優れるThruShaftダンパーを搭載したリアユニット。29x2.4タイヤ装着で敵なし「無双」感たっぷりですよね(笑)

雪の積もる北海道でも一年中楽しめるスポーツバイクとしてMTBはオススメ。是非ご検討くださいませ!












































































.

[PR]
# by roadkids | 2017-08-16 00:00 | 自転車・フレーム
当店的には夏の恒例行事となりました京都への旅。
2018年モデルが一堂に展示される「TREK WORLD」に今年も行って参りました!
c0225621_13490468.jpg

仕事で参ります故、あまり浮かれ気分ではいけない訳ですが(苦笑)、皆様より早くNewモデルが拝見できる喜びに、京都の暑さを除けばテンションが上がる訳でございます(笑)

それではそのご報告をば。
本日はロードバイク編
既に先行発表されたモデルも多く、ご存知の方も多いかと思いますが、今年最大の目玉は更に軽くなったEmondaSLR
c0225621_13520456.jpg

500g台も眼の前的なフレーム単体重量610g!
c0225621_12083490.jpg

Discブレーキモデルもラインナップに加わり、選択の幅も広がりました。

そしてこれまでもコストパフォーマンスの高かったSLグレードのカーボンバイクが、更なるお値打ち価格となって展開されます。
今年までラインナップにあった300シリーズOCLVカーボンを使用したSグレードのカーボンバイクが廃され、上位モデルとなる500シリーズOCLVを使用したSLグレードがその価格帯をもカバーします。
一部パーツのグレードダウンした部分もありますが、最安で税込230,040円~。
c0225621_14373890.jpg

2017年モデルの同等モデルが299,000円でしたから、かなりお得感が増してます!
ライドチューンドシートマスト、BB90、E2テーパードヘッドチューブ&ステアリングコラムなど、トレックオリジナルの技術が詰まったSLグレードカーボンバイク。
性能だけでなく、お求め安さも!
「2018 SLモデル=価格戦略モデル」と覚えておいて頂ければと!

2台目のグレードアップモデルとしてご検討して頂くなら、OCLVカーボンリムを使用し、20万円切りで新登場したホイールAeolusPro3TLRを採用したEmonda SL6 PRO がおすすめ。
c0225621_13572699.jpg

c0225621_13572608.jpg

c0225621_13572530.jpg

c0225621_13572671.jpg

フレーム単体税込180,360円+ホイール税込198,720円+シマノULTEGRA仕様で税込450,360円
。パーツ交換いらずの抜群のパッケージングと価格でご満足頂けるはずかと。

同じホイールでDi2ULTEGRAを搭載したEmondaSL7も見逃せないモデルとしてラインナップされています。
c0225621_14002777.jpg

c0225621_14002753.jpg


またエアロモデルとして最強の部類でありながら、卓越した衝撃吸収能力を持ち合わせたMadoneに、ステム長の変更が可能な通常ハンドルとステムを採用したMadone9.0が登場し、税込価格で60万円を切りました。
c0225621_14180550.jpg

c0225621_14180427.jpg

c0225621_14180515.jpg

c0225621_14180556.jpg

c0225621_14180421.jpg

まだまだ高額モデルではありますが、60万円を切った事で検討対象になった方も増えるのではと期待しております(苦笑)
今回改めて試乗しましたが、エアロモデルらしい高い巡航速度でありながら、エアロモデルとは全く思えない程の快適性、「真のオールラウンドロードバイク」なら、MADONEって言いたくなりますね。

エントリーモデルとして展開されていた1シリーズのロードバイクがDomaneALシリーズとしてモデルチェンジ。
c0225621_14262333.jpg

上位モデルのDomane同様のジオメトリーで初めての方にも安心の安定感ある走りを提供してくれます。
c0225621_14262303.jpg

c0225621_14262361.jpg

2018年モデル、早いものは既に入荷しており(一部モデルは在庫切れ)また8月に再入荷するモデルなど今年中にまだまだ充分楽しめるモデルも多数ございます。
是非ご検討下さい。


































































[PR]
# by roadkids | 2017-08-14 00:00 | 自転車・フレーム