東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

春バッグ第2弾!

一昨日の引き続き春バッグと題して、第2弾。
本日のバッグはAGこと、Alchemy Goods(アルケミーグッズ)をご紹介。
こちらのバッグ、何で出来ているかわかりますか?
c0225621_20263644.jpg

そう、皆さんが自転車に乗る時に、いつもお世話になっているチューブで出来ています
と言っても新品のチューブではなく、廃チューブを使用しています。

当店の在庫分にはついていませんでしたが(残念)、物によってはパンクの修理跡が残っているものもあったりします。
c0225621_20265819.jpg

チューブのブランドロゴもそのまま残っていたり、正に世界に一つだけの商品が手に入ります。
ジッパー部にはシュレッダーバルブを使用しデザインのアクセントにもなっています。
c0225621_20271878.jpg

自転車乗りである事を主張できるポイントですね!
そしてショルダーベルトは車のシートベルトを使用して更にエコロジーな商品になっています。
c0225621_20281193.jpg

バッグのロゴの部分に小さく標されている数字がこのバッグのリサイクル率を表しています。
c0225621_20282784.jpg

ちょっと心配なバッグの中身は、チューブがむき出しではなく、ちゃんと布が張ってありますよ。
c0225621_20284617.jpg

なんとなくヒトに説明したくなるバッグですよね(笑)

AG 
THE MESSENGER ¥25,200
(リサイクル率 73%)

[PR]
# by roadkids | 2010-05-23 00:00 | パーツ類

春バッグ第一弾!

開花の遅れていた桜もあっという間に散ってしまいましたねぇ。
でも、もう既に南郷通りの街路樹には新しい緑の葉がちらほら生えてきています。
これからどんどん暖かくなって、ますます自転車通勤などしやすくなりますね。

さて、皆さんは自転車に乗る時どんなバッグを使って荷物を運んでいますか?
まさか手提げ袋なんて方はいないと思いますが(笑)

本日から3回連続でオススメバックをご紹介します。
自分好みのバッグを見つけてカッコ良く、安全に自転車に乗ってくださいませ。
ということで、第一弾は携帯ポンプなどでお馴染みのレザインのバッグをご紹介します。
c0225621_22201792.jpg

24ℓの大容量を誇る左のバッグが「MESSENGER CADDY」
17インチのラップトップPCがすっぽり入る薄型の右のバッグが「TOWN CADDY」
どちらのバッグもLEZYNEのロゴにリフレクター加工が施してあり、背負った時の安全性を高めています。
レザインバッグの最大の特徴は、どこに何をしまったかわかるように、バッグにイラストがつけてあり、整理しやすくなっています
c0225621_2222021.jpg

c0225621_2225356.jpg

これなら探す手間も省けますし、持ち忘れも少なくなるでしょうね。
「MESSENGER CADDY」の方には、ショルダーベルトの部分に携帯電話や音楽プレーヤーなどを入れられるポケットもついています。
c0225621_22222073.jpg

両バッグともショルダーベルトの長さを調節するバックルは金属製でしっかりとしており、高級感もあります。
c0225621_22224752.jpg

そして、サイドにはメッシュポケットがついており、ボトルやバイクを降りた時に外すグローブなどが入れられます。
c0225621_2223760.jpg

モノトーンでまとめられているので、スーツで自転車通勤する方にも似合いそうですね。
c0225621_22273394.jpg

LEZYNE 
MESSENGER CADDY 24ℓ¥14,700
TOWN CADDY 13ℓ ¥7,350

[PR]
# by roadkids | 2010-05-21 00:00 | パーツ類

確率高し!

初めてスポーツバイクを購入された方は、このゴールデンウィークにたくさんサイクリング
されましたか?
連休後半は天気に恵まれた日もあったので、テンション上がっていつもより遠くまで走りに行かれたのではないでしょうか?
でもそんな時、「お尻が痛くてたまらん・・・(涙)」という目にあっていませんか。
サドルのセッティングや乗り方で、ある程度慣れる必要もあるかと思いますが、サドルが
どうも合わないという方に当店でオススメするサドルが、フィジーク・ロンディネです。
c0225621_19312332.jpg

このサドルに使用されるテクノゲルと呼ばれる素材が路面からのショックを和らげ、不快な振動を遮り、長距離ライドを快適にしてくれます。
快適でありながら、あんまりボテッとならないギリギリ許せる厚みとフォルムも◎ですね。
バイクのカッコ良さを損なわないようにするのもサドルの一つの役目ですから(笑)。
そして名作アリオネと同じ長さを持ち前後移動幅も多きく取れ痛みを分散させやすくなっています。
c0225621_19325259.jpg

フィジーク独自のインテグレーテッド・クリップシステム(I.C.S)も採用されており、テール
ライトやサドルバッグがワンタッチで取り付けられます。
c0225621_19322028.jpg

そしてオススメする最大の理由が、当店の販売実績から多くの方がこのサドルで痛みが
解消しています。
約20人近くの方にご購入頂いて、3名程の方にだけ痛みが解消しなかったとご報告いただいています。
男性用と女性用があるので、よりフィットしやすいのもこのサドルのメリットですね。
c0225621_1950737.jpg

是非お試しを!

fizi:k RONDINE テールライト付属 男性用・女性用 各¥8,900

[PR]
# by roadkids | 2010-05-13 00:00 | パーツ類
ゴールデンウィーク最後にして、ようやく、ちらほら桜が咲き始めたようですね。
やっと春の便りが届いたという感じでしょうか・・・。
さて自転車界の春のニュースと言えば、今月の自転車雑誌でも取り上げられているシマノNEW105ですね。
商品のデリバリーは5月末頃からのようですが、早くもその5700系105を搭載したモデルが入荷してまいりました。
その車種は FOCUS CULEBRO です。
c0225621_2153789.jpg

チームミルラムが使用するドイツブランド。
スローピングを大きく取るブランドが多い中、ホリゾンタルに近い形状を採用しているのが
特徴。オーソドックスな形状ながら、最近のトレンドはしっかり取り込み、上下異径ヘッド
チューブを採用しています。
フォークはこのクラスでは珍しく、コラムまでカーボン化されています。
c0225621_2155683.jpg

オーソドックスな造りの中で、際立つのがシートステー集合部。
c0225621_21555550.jpg

乗り心地を左右するこの部分に複雑な加工を施したチューブを使用して快適性のバランスを整えています。
タイヤだけでなくホイールもブルーバージョンのフルクラム・レーシング7が装着され、バイクとの一体感を上げています。
c0225621_21581071.jpg

NEW105は、つや消しブラックとつや有ブラックを使い分けて、デザイン性を際立たせて
います。
c0225621_21562443.jpg

c0225621_2157356.jpg

個人的には好きですね。
組んでいて気付いたのですが、105になってからワイヤーの交換がしやすい形状になっています。
c0225621_19514721.jpg
ブレーキワイヤーはDURA-ACE、ULTEGRAのようにカバーをはずさず交換でき、シフトワイヤーも出し入れがやりやすくなってメンテナンス性が向上しています。

フロントディレーラーのワイドリンク化とチェーン形状でフロント変速が大幅に向上して
います。残念ながら105には中空のアウターリングは採用されなかったようですね。
(価格的にムリでしょうね)

価格と性能のバランスを妥協したくない方にオススメなコンポーネント105を搭載した
モデルをいち早く自分のものにしませんか?

FOCUS CULEBRO ¥214,200

[PR]
# by roadkids | 2010-05-09 00:00 | 自転車・フレーム

雨にも負けず・・・。

c0225621_2048126.jpg

連日の雨で、自転車に乗る気持ちをそがれたようなゴールデンウイークのスタートでしたね。
こんな雨の日でも「自転車に乗るぜ!」っていうツワモノの方に使って頂きたいのがTOPEAKからの新商品、ウェッジドライバックシリーズです。
こんなご経験ないですか?
突然の雨の中を走ってサドルバックの中身まで濡れてしまったり、MTBで山の中を走ってサドルバックのジッパーに泥が詰まって開かなくなってしまったり・・・。
ウェッジドライバックはナイロン素材を超音波溶着で作り上げた防水仕様。
c0225621_20484585.jpg

荷物を出し入れする開口部はジッパーではなく、折り畳んで閉じるロールクロージャーシステムを採用しているため雨に強く、泥詰まりでの不具合も起きにくくなっています。
サドルバックの脱着システムも二通り用意してあり、用途によって使い分けできます。
c0225621_20491684.jpg

ロ-ドバイク・クロスバイクの方にはワンタッチで付け外しできるクイッククリックシステムがお勧め。
大きな衝撃が加わる可能性の高いMTBにはストラップマウントシステムがお勧めです。
(TOPEAKの商品ではありませんが、ワンタッチ脱着方式のタイプは衝撃で取付部分の樹脂パーツが割れた事がありました)

また、TOPEAKのリアライトなら、TOPEAKのサドルバッグに取り付け可能です。
c0225621_20494215.jpg

完全防水仕様ではありませんので、奥さんに内緒のヘソクリなどをしまっておいてはいけません(笑)

TOPEAK ウェッジドライバッグ(クイッククリック)S ¥3,675
TOPEAK ウェッジドライバッグ(ストラップマウント)S ¥2,940
TOPEAK レッドライト ¥1,554

[PR]
# by roadkids | 2010-04-29 00:00 | パーツ類