東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0225621_19280958.jpg

皆様にはいつも当店をご利用いただきまして、心より感謝申し上げます。

年内の営業を終了させて頂きましたが、来年も楽しい自転車生活が送れますよう、お手伝いをさせて頂けましたら幸いです。

年始は1月5日(金)より冬期営業時間で営業を開始いたします。
皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げます。

新年初めのイベントとしまして、12回目を迎えることとなりました【新春初詣サイクリング!】 ~2018年の福男or福女は誰だ?~
を1月14日(日)に実施いたします。 お正月をゆっくり過ごされた後は、体を動かしに是非ご参加ください♪

来シーズンも皆さんとご一緒に楽しく色々なイベントを実施したいと思います。
来年もどうぞよろしくお願い致します。



【冬期営業時間】 11:00~19:00
           日・祝日18:00
                        
【冬期定休日 】  水・木曜日














































.
[PR]
by roadkids | 2017-12-26 00:00 | その他

DaBomb BIKE STAND

「どうか年内に入荷しますように・・・」との願いがサンタさんに届いたのか、クリスマス前に入荷してきてくれました!
DaBomb BIKE STAND 税込4,320円
c0225621_19092377.jpg

クランクアームと軸が一体化したクランクの穴を利用して正立させるバイクスタンド。
c0225621_19092335.jpg

昨今のMTB、リアホイールの固定がスルーアクスル化されるモデルが多くなったり、エンド幅が広がってきたりで従来のリアホールのクイックレバーを利用して正立させるスタンドが使えなくなってきました。
また27.5+やFAT BIKE の流行によりタイヤ幅がワイド化したために、タイヤを差し込んで正立させるタイプのスタンドもNGになってしまった方も多いのでは。
そんな状況を救ってくれるのが今回のスタンド。
リアアクスル形状、タイヤ幅にとらわれず使用が可能。
c0225621_19071443.jpg


またスタンドに乗せた状態でもペダルが干渉しないように設計されているので、ペダルを回す事も出来、メンテナンスする際にも便利ですね。
c0225621_19071435.jpg


但し万能に思えるこのスタンドでもご注意頂きたいのはクランク軸の穴の内径が小さい一部のクランクには使用できません。スタンド側の差し込み部分の径を測定すると20mmでしたので、それ以下の内径のクランクには使用NGです。
(店頭にあるバイクで幾つか試してみましたが、RotorのREX2クランクは使用できませんでした)
スタンドは2分割になっており、組み立て式ですが、必要となる工具も付属しております。
c0225621_19071409.jpg

ご検討宜しくお願い致します。


























































.
[PR]
by roadkids | 2017-12-22 00:00 | パーツ類

シャンシャン頼み・・・

今や「時の人」ならぬ「時のパンダ(笑)」=シャンシャン。
そのシャンシャン人気にあやかった「パンダ商法」が全国に拡大中とYahooのトップニュースにも上がる程。
そんなニュースを見るにつけ、当店にもあやかれる商品があるのを忘れておりました。
来年はパンダグッズでGO!GO!(笑)

c0225621_16450658.jpg

ライトとワイヤー錠になりまする。
どうぞブームに乗っかっちゃって下さい!
ご検討宜しくお願い致します。
























































.


[PR]
by roadkids | 2017-12-21 00:00 | パーツ類
アルミロードバイクもIZALCO(イザルコ)名称となり、モデルチェンジ。
FOCUS IZALCO RACE AL 105 MIX ¥181,440円
c0225621_14114966.jpg

2018年度よりFOCUSオンロード系ロードバイクの名称は、トップグレードに冠されていた「IZALCO」に統一され、それぞれグレードにより「MAX」「RACE」「RACE AL」との表記になりました。

この「RACE AL」は2018年モデル唯一のアルミフレームバイク。
2017年までのCAYO AL とパッと見、何も変わっていないように見えるのですが、チェーンステイの形状などは同社の「PARALANE」を思わせるような形状にチェンジ。
c0225621_14124839.jpg

ブレーキもシマノ105グレード、クランクは4アーム形状のシマノFC-RS510採用とグレードアップしています。
c0225621_14142254.jpg

カラーリングは「Freestyle」と名付けられた2018 FOCUS イチ押しと思われる遊びゴコロ溢れる一色。
c0225621_14143633.jpg

c0225621_14143493.jpg

是非実車でご確認頂ければと。
ご検討宜しくお願い致します。



















































.

[PR]
by roadkids | 2017-12-11 00:00 | 自転車・フレーム
MTBをMTBたらしめるパーツと言えば、サスペンションもその一つですよね。
荒れた路面を走行する際に衝撃を吸収してくれたり、タイヤを路面に追従させるなどサスペンションはあらゆる局面でライダーを助ける仕事をしている高性能アイテム。
しかしその仕事の内容と質には、グレードによって大きく隔たりがあったりします。
20万円近辺までの価格の完成車は、比較的サスペンションのグレードは抑えられる事が多く、「性能<価格」の構図での採用になりがちです。
(価格の中で目一杯のものは付けてくれているとは思いますが・・・)
ですからサスペンションをグレードアップする事により、その効果を大きく体感出来るのはエントリー向けMTBをご購入なさった方かと。
これまでとは異なる速度域や安心感を持ってコーナーには入れたり、新たなラインでトレイルを攻略出来たりと、これまで以上にMTBに乗るのが楽しくなってもらえるはずです!
そしてロードキッズは来春のトレイルライドをより一層楽しむ為に、この冬サスペンションのグレードアップを応援致します!
c0225621_13424718.jpg

現在ワタクシの所有バイク全てに使用しておりますサスペンションメーカー、「ROCKSHOX」を年内にご注文頂いた方には、購入金額5%OFF+交換工賃無料サービスの特典をお付け致します。
(対象はシングルクラウンモデルのみ、お支払いが現金の場合とさせて頂きます)

グレードアップを目指す中で、オススメは2018年にモデルチェンジした、「RockShox REVELATION」
c0225621_13450342.jpg

アッパーチューブが上位モデル「PIKE」同様の35mm径に変更され高剛性化。
27.5インチは120mm~160mmストロークまで、29インチは120mm~140mmストロークまでラインナップ。共にBOOST規格も採用されました。
サスペンションの動きの質を司るダンパーは最新の「チャージャー2」ではありませんが、アップグレードキットとして用意もされておりますので、
最初はコストを抑えつつも何年後かには「PIKE同様のダンパー性能」を楽しむ、なんて事も出来たりします。

その他にも様々なモデルがラインナップされておりますので、是非ご相談下さい。
ご検討宜しくお願い致します。































































.

[PR]
by roadkids | 2017-12-09 00:00 | パーツ類
土の上でのシェイクダウンは来年以降となりそうですが・・・。
マイバイク兼いろんなパーツの試乗車の役割もこなしてもらうSTANTON SWITCHBACK 完成致しました!
c0225621_18563066.jpg

レイノルズのスチールチューブ631&525を各所で使い分けた120-160mmストローク想定のHardTailバイク。
フレームの販売価格は税込129,600円となります。

当初の予定ではフレーム以外を極力ブラック基調のモノトーンで仕上げ、ディスクローターのパープルだけを浮き上がらせるようなビジュアルにしたかったのですが、予算が途中で底をつきまして、ホイールが手持ちのものでの対応となり、少々派手になりました(と言ってもIndustry Nine の完組ホイールなんでかなりのぜいたくですが・・・苦笑)
c0225621_19000306.jpg

ただいつかは、プラン通りの自分が使用した中で最高の組み合わせだと思っておりますFORMOSAカーボンリム&IndustryNineハブのホイールにチェンジしたいなぁと。

サスペンションは迷う事なく絶賛オススメ中のRockshox Pike に。
c0225621_19040314.jpg

以前26インチで使用しておりましたPIKEの時からダンパーがCharger2へと進化しておりますので、この辺りも個人的に楽しみであります。

コンポーネントは12段化されたSRAM GX Eagle。

フロントチェーンリングは早速マイブーム中の(笑)楕円リングものにチェンジ。
c0225621_19042357.jpg

リア50Tと合わせてかなり登りやすくなってくれるのではないかと期待大であります。

ハンドル周りはかなり悩みまして、RaceFaceの35mm径ものでまとめました。

c0225621_19053569.jpg

c0225621_19060296.jpg

35mm径の有用性を体感出来るか、ここも楽しみにしている点。

シートポストはドロッパーポスト4社目のBIKEYORK160mmストローク。
c0225621_19074101.jpg

ストロークスピード&動きのスムーズさに加え最大のメリットは他社にないリセット機能。
c0225621_19181242.jpg

使用により生じたポスト内部へのエアの混入をばらす事なく外部から一瞬で解消出来ます。実はワタクシのこのポストも取り付けた際に既にエアが混入しポストを最大伸ばしたところから数cmストロークするようになっていたのですが、リセット機能であっという間に症状を解消出来ました。
エンドユーザーにとっては大変親切な機能だと思います。
そしてドロッパーポストからみでちょっと贅沢を施しまして、ストロークを操作するレバーを標準装備のものからWOLFTOOTHのベアリング内蔵のレバーにグレードアップ。レバーの戻りが早く、スムーズな動きを実感。
c0225621_19090232.jpg

レバー部に設けられたヤスリ目加工により指のかかりが非常に良くなり、レバー操作の確実性が格段に上がりますね。
コレ、イイです!!

ヘッドパーツは使えるんならやっぱり「王様」と言う事でクリスキングに。
カラーは今年新しく加わったマットスレートをChoice。
c0225621_19123944.jpg

このカラーに合わせてシートクランプをSTRAIGHTLINEのグレーに。
c0225621_19145982.jpg

STRAIGHTLINEは精度の良さと共にカラーがとても美しく種類も多いのでカラーカスタマイズに是非使って欲しい一品です。
 

今年もたっぷりMTBを楽しみましたが、来年は更にテンション上がりそうです(笑)
是非STANTONBIKE他、ご検討下さい。
宜しくお願い致します。

























































[PR]
by roadkids | 2017-12-04 00:00 | 自転車・フレーム
TREK DOMANE SL5が入荷しました。
c0225621_01553680.jpg

2017年モデルからフロントフォーク側にも振動吸収性を高めるISO SPEED テクノロジーが搭載され、更なる快適性を生み出すバイクとなりました。
c0225621_01564856.jpg

2018年モデルは20万円台の価格となったこのSL5も発売され、よりご購入して頂きやすくなったと思います。

しかしながら価格が安くなった分、パーツグレードを抑え目にしている部分もある訳で・・・。
そんな部分の一つがホイール。
ロードバイクの性能を大きく左右する大事なパーツではありますが、価格設定上越えられない壁も・・・。

そんな訳で本日はそんなネガティブな部分をお得に解消しちゃいましょう!的キャンペーンのご案内。
2018 TREK EMONDA & DOMANE SL シリーズご購入のお客様は、旧モデルではありますが Bontrager Race X Lite ホイール 132,000円を半額の66,000円にて交換いたします。
c0225621_01593238.jpg

Bontrager Race X Lite ホイールはアルミリム最軽量クラスの1,440ℊ
そして信頼性の高いDT SWISS ハブを使用し、チューブレスレディに対応しています。
アルミロードバイクからの買い換えなどをご検討中の方ならホイールの重要性にはもう既にお気づきかと思いますので大変お得になっております。
ホイール在庫分のみのご対応となりますので、是非お早めにご検討下さい。
お支払いが現金の方とさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。





































































[PR]
by roadkids | 2017-12-03 00:00 | 自転車・フレーム