東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日に引き続き、本日はbmcの在庫セール車のご案内。
まずはアルミフレームのbmc ALR01 105
c0225621_14113510.jpg

c0225621_14113822.jpg

2018年度の国内展開はフレームセットのみの販売となりますので、完成車を探されていた方には貴重な一台となりますかね。
(フレームセット販売のモデルと完成車モデルのフロントフォークはカーボン製ですがグレードは異なります)
税込213,840円のところ現金特価 税込170,000円にて。


そして快適性とハンドリングの安定性、パワー伝達の効率を妥協しないロングライドモデルとしてリリースされておりました bmc GFシリーズから2台、

bmc GF02 Carbon Tiagra 税込277,560円 ⇒ 現金特価 税込222,000
c0225621_14131052.jpg

c0225621_14135157.jpg

c0225621_14133666.jpg

bmc GF02 Carbon 105 税込324,000円 ⇒ 現金特価 税込259,200
c0225621_14162692.jpg

c0225621_14163555.jpg

同じフレームを使用したパーツグレード違いのバイク。
前後の車軸付近とシートステイの部分などを屈曲したような形状にすることにより積極的に縦方向の振動吸収性を向上させています。
c0225621_14185042.jpg

c0225621_14181049.jpg

昨年新しく登場した同社のRoadMachineがこのカテゴリーを担うことになったんでしょうね。
2017年で終了のモデルとなっております。

RoadMachineがDiscブレーキのみのラインナップとなっておりますので、キャリパーブレーキモデルで快適性の高いモデルをお探しでしたらGF02オススメです。

ご検討宜しくお願い致します。





























































.
[PR]
by roadkids | 2017-10-16 00:00 | 自転車・フレーム
店頭在庫中の2017年以前のモデルをセール価格にて絶賛販売中です!
モデルによっては2018年モデルと比べてフレームなどの変更がなくカラーチェンジのみなんてモデルもありますのでよりお得に購入できるチャンスです。
ブランド別にご紹介していく本日はFOCUS編。
まずはFOCUS CAYO AL 105 MIX
c0225621_12174538.jpg

シマノ105ベースに組み上げられたアルミロードバイク。
c0225621_12180414.jpg

フロントフォークはフルカーボン製。
c0225621_12180797.jpg

2017年度はオープン価格でありましたが、2016年度の販売価格は税込193,320円のところ、セール価格128,000にてサイズは51cm。

そしてカーボンフレームのFOCUS CAYO TIAGRA
c0225621_12272737.jpg

c0225621_12303486.jpg

プロツアーチームによって悪路のレースで有名なパリ~ルーベを走った実績も持つCAYOのフレームを贅沢に使い、リーズナブルな価格を実践できるシマノTIAGRAで組み上げられています。

カタログ未掲載モデルになりますが、フレーム単体での販売価格が293,760円のところ、完成車価格で177,000にて。サイズは51cm。

フレーム単体でのご用意もありまして、こちらは約半額の147,000にて。(完成車からバラしたものとなります)

こちらのフレームをご購入の方で、ご希望の方にはシマノDURA-ACEクランク、FC-R9100(52-36T 170mm)60,458円を42,320にて販売させて頂きます。
是非ご検討下さい。
(表示の価格はいずれも消費税込の現金価格となります)






























































.
[PR]
by roadkids | 2017-10-15 00:00 | 自転車・フレーム
フルモデルチェンジして圧倒的に魅力の増したTREK X-CALIBER8税込¥119,880)、
店頭に入荷して参りました。 
c0225621_15584072.jpg


フレーム形状&規格などが大きく様変わりした事により、エントリー~ミドルグレードのMTBながら、
2018モデルの中で個人的にはオススメ度NO1!
カスタムベースのバイクとしての充実度がとても高くなっておるんです!

ヘッドチューブは上位モデルに採用されていた上下異径のE2ヘッドチューブを採用。
ヘッドチューブの剛性アップと共にハンドリング性能もより確実性が増したものに。
c0225621_16012704.jpg


チェーンステイ長はショート化され、シートチューブには僅かながら曲げ加工を。
c0225621_16250332.jpg


リアホイールの剛性を上げるためのBoost規格(クイックレバータイプのBoost141mm)採用のワイド化と相まって、クイックな反応性を持ちながらプラス幅(2.8インチ前後幅)のタイヤも装着出来るクリアランスを確保出来ています。
c0225621_18192422.jpg
(ちなみに新規格のBoost141mm。Boost規格のメリット=「剛性を上げる」という点を享受しながらも、低コストを実現する為のクイックレバータイプ採用のモデル。スルーアクスルタイプのBoost148mmとフレームに納まる幅&形状は異なりますが、ハブ&ホイールメーカーがキャップの交換で両方の規格に対応出来る構造を取っていくようなので、ホイールグレードアップの際には「Boost148mmモデル+対応アダプターキャップ」という形が良さそうですね。一部対応しないものもあるかと思いますので、ホイール交換の際には必ずご確認を)

更にそのシートチューブの内径は27.2mm⇒31.6mmに拡大。
ボトムブラケット付近には内蔵ケーブル対応の穴も開けられ、
「どうぞ、この後ドロッパーポスト使って下さい」仕様に(笑)
c0225621_16250647.jpg
31.6mm径となった事により、ほぼ全てのメーカーのドロッパーポストに対応出来るようになったかと思います。

シートチューブとトップチューブの溶接箇所もこれまでより大きく下げられ、緊急時の足着き性と余裕も大きくなっています。

c0225621_16092538.jpg

c0225621_16262554.jpg

フロントチェーンリングはダブル仕様ですが、小ぶりなサイドスウィングタイプ&ケーブル内蔵でとてもスマートな仕上がり。
c0225621_18192874.jpg
RACEFACEのクランクも、ビジュアルアップに貢献してますかね。
c0225621_16352346.jpg


ここまで「山遊びする為」の方向性で、様々な変更点を説明して参りましたが、New X-CALIBER の魅力は実はそれだけにとどまらず!!
街乗りの必須アイテム、スタンドが簡単且つスマートに取り付けられる専用台座が備えられたり、荷物を積載してのツーリングに必要となるキャリアの取付も出来るようにフレーム各所にネジ穴もちゃんと付いております。
c0225621_18164984.jpg


使い方のスタイルが変わった際にも、うまく対応出来る万能性も備えるNew X-CALIBER!
是非最初の一台としていかがでしょうか?


そして更に「がっつり山遊び系」のバイクを最初の一台にとお考えの方には、期間限定受注のX-CALIBERの兄貴分、
TREK ROSCO(ロスコ)
税込150,120円)がオススメ。


c0225621_16431118.jpg




X-CALIBERと同じフレームを使用しながらも、フロントサスペンションを120mmにロングストローク化。
(X-CALIBERは100mmストローク)
ちょい太めのプラス規格タイヤ「27.5x2.8インチ幅」を最初から履かせ、タイヤのグリップ力とクッション性を増大
(X-CALIBERは2.2インチ幅)
サドルの高さをレバー操作一つで変えられるドロッパーポストも標準装備されています。

「最初から山で遊ぶ為にMTBを買うんです!!」という方にはこのROSCOがオススメ!
受注期限が10月20日(金曜日)までと非常に短い期間ではありますが、是非ご検討下さい。
宜しくお願い致します。






































































.

[PR]
by roadkids | 2017-10-12 00:00 | 自転車・フレーム
2018年モデルが全て出揃う前より先行販売をされておりました話題のカーボンホイール、Bontrager Aeolus Pro3 と Line Pro30が入荷して参りました。
c0225621_18501048.jpg

どちらもTREKが誇るOCLVテクノロジー(カーボン製品内に出来ると強度低下となる空隙を最小限にして成形できるTREKオリジナルのテクノロジー)で造られたカーボンリムを使用しながら、これまでよりも価格が抑えられた事でより一層魅力が増しました。

まずはロードホイールのAeolus Pro3  ¥198,720
c0225621_18515425.jpg

空気抵抗を最大限に抑えるD3リム形状を上位モデル同様に採用。
c0225621_18521189.jpg

使用するカーボングレードを下げながらも重量1,506ℊを実現。
試乗した際にもブレーキの効き具合には不満なく、価格も20万円を切った事で、今年おすすめのホイールであります。

そしてMTBホイールのLine Pro30  ¥154,000
c0225621_18540892.jpg

c0225621_18535486.jpg

今後のスタンダードになりそうなBoost規格と幅広なOCLVカーボンリムで剛性の高い一本となっているであろう新型ホイール。
c0225621_18545177.jpg

RapidDrive108と名付けられたフリーボディの機構は実際触って頂くとわかりやすく、タイムラグの少ない即駆動感。
c0225621_18544478.jpg

漕ぎだしの負担が非常に少ないでしょうね。
コチラは価格15万円台とアルミハイエンドモデルのホイールにもう少しプラスして頂けると手の届く感がありますので、是非ご検討頂きたい一品。
残念なのは29インチのみのラインナップ・・・(涙)
早く27.5インチモデルも導入して欲しいですね。

初めてのカーボンホイールにどちらも是非ご検討下さい!































































[PR]
by roadkids | 2017-10-10 00:00 | パーツ類

ワタクシも待ち焦がれておりました、SRAM Newコンポーネント=GX Eagle 入荷して参りました!
c0225621_11270747.jpg

上位モデル同様の12speed化に伴い、カセットスプロケットは同じく50Tを備えるワイドレシオに。
c0225621_12511675.jpg

これまでの11speedの42Tでは苦しかったあの坂もフロントチェーンリングを変える事なく制覇出来ますね(笑)

只今ちょうどお借りしてます試乗車 KONA PROCESS 153 にもこのGXが搭載されておりますが、SRAMらしいソリッドなシフトフィーリングはそのままに、スムーズに50Tまで変速。
c0225621_19504906.jpg

超ワイドレシオの50Tへの変速に「よっこいしょ」感がなく、一枚ギアが増えた12speed化の恩恵を感じさせます。
価格はクランクの仕様などにより左右されますが、税込75,600円からご用意出来ます。
c0225621_12512586.jpg

まだ試乗車用分の1セットしか入荷しておりませんが、ご希望とあらば先に販売もさせて頂きますので是非ご検討下さい。
宜しくお願い致します。



































































.
[PR]
by roadkids | 2017-10-05 00:00 | パーツ類
TREK2018年モデルの配布用カタログが入荷してまいりました!
c0225621_15110606.jpg

ご検討頂いていらっしゃる方にお渡しできるカタログとなりますので、ご希望の方は店頭にてお申し付け下さい。

2018年モデルは以前の記事でもご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

2018 TREK WORLD へ
2018 TREK WORLD へ・・・②
2018 TREK WORLD へ・・・③
c0225621_15111192.jpg












































.
[PR]
by roadkids | 2017-10-03 00:00 | 自転車・フレーム