東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本日は展示会で見つけたちょっと粋な商品をご紹介
Bazooka ミニマスターリンクオープナー ¥1,058
c0225621_19392628.jpg

リンクで繋いだチェーンを脱着出来る工具の携帯版。
一般的な作業で使う工具の大きさと比べると、画像の通りの手の平サイズ。
c0225621_19394494.jpg


ちょっと大きいノコギリクワガタくらいでしょうか?(笑)
そしてオススメポイントは、携帯に適したその大きさだけでなく、グリップの部分にご注目。
c0225621_19395414.jpg

グリップ部分に見えるシルバーの点は磁石になっておりまして、お察しのいい方はもうおわかりかと・・・、
そう!予備のリンクを取り付けておくことが出来るんです!!
c0225621_19395979.jpg

なかなか秀逸じゃございませんか?
(リンクは付属しておりませんので予めご了承を。)

自分も今まではいつも店内の修理作業で使う大きさのものをトレイルに入る時は持ち運んでおりましたが、今度からはコレですね!

ご検討宜しくお願い致します。


































































.

[PR]
by roadkids | 2017-09-29 00:00 | 工具・ケミカル類
先日ご報告致しました、2018 KONA BIKES

フルモデルチェンジして2018モデル最注目のPROCESS153
c0225621_19504906.jpg

27.5インチ、29インチともに早くもお借りでき、試乗可能となっております。
c0225621_19495629.jpg

c0225621_19500129.jpg


約2週間、当店で試乗できますのでご来店お待ち致しております。

c0225621_19500674.jpg





























































.
[PR]
by roadkids | 2017-09-26 00:00 | 自転車・フレーム
「2018モデルのベストセラーな一台になってくれるのでは」との期待の一台。

TREK EMONDA SL5 入荷してまいりました!  税込価格¥230,040
c0225621_20183748.jpg

c0225621_20123661.jpg

2017モデルのEMONDA SL5と比べて一部パーツを変更してのコストダウンではありますが、フレームグレードが1グレード下だった2017EMONDA S5 とほぼ同じ価格になった事を考えると、やはりかなりお買い得な一台になったのではないかと思います。

2017モデルとの主な変更点は、

フォークコラムがカーボンからアルミに。

シートマストキャップもカーボン製からアルミに。

ホイール&タイヤが低価格帯のものへのアッセンブルへと変わっています。

しかし・・・、

・タイヤはいわゆる消耗品。
・ホイールはこのEmondaSL5に限らず楽しくなった際にはバイク購入1~2年後には買い換えている可能性が高いパーツ。
・シートマストキャップはカーボン製のものが後から約17,000円で購入できますので、軽量化したい時などにご検討頂ければと。

コンポーネントがシマノ105搭載で、このフレームの完成車が20万円前半で買えるのは、販売させていただく側としても、喜ばしい事ですね。
c0225621_18433098.jpg

他社モデルにも、2017年までのEmondaSシリーズにもないこのフレームの特徴の一つがライドチェーンドシートマスト。

一般的なロードバイクフレームと異なり、シートチューブがせり上がったような形をしており、その部分に蓋をかぶせるような形式でサドル&シートポストを固定。
c0225621_18501846.jpg

軽量化につながると共に高い快適性を提供するシステムは、トレック独自のテクノロジー。
是非お買い求めしやすくなったEmonda SL5 、ご検討下さい。





























































.
[PR]
by roadkids | 2017-09-25 00:00 | 自転車・フレーム

新たなる試練

まだ最初の課題がクリア出来た訳ではないのですが(苦笑)、新たなチャレンジが待ち受けておりました。
コースの手前に待ち構えておりますが、その存在感と風格は小林幸子並みのボスキャラクラス
ban.Kトレイルステーションでパンプトラックも出来るぜよ!!
c0225621_12064778.jpg

三連休中の日曜日、「練習DAY」と勝手に銘打ってお客様と一緒にまたまたban.Kトレイルステーションにお邪魔してまいりました。
到着して早々、「見るな!」と言っても否が応でも目に入る位置に鎮座しております組み立て式のモジュラーパンプトラック
前回来た時にはなかった設備に興味津々ながらも、出来る目算は容易には立たず・・・。
金子さんに使用上のルールと簡単なコツを説明してもらい、お手本をサラッと見せて頂く。
率直な感想は、

「コレ絶対に転んじゃいけんヤツじゃろ・・・。路面硬そうじゃし。(心の声なんで広島弁にて)」

金子さんの相変わらずの華麗な走りに魅了されつつも高まる恐怖感。
「30分もやってればコツがわかって1時間経ったら皆んなグルグル回ってますよ♪」
という気軽なご意見には到底賛同できるはずもなく、
パンプトラックは午後からの練習へと後回しする事に早々と決定(苦笑)。

午前中はいつものファミリーコースで鍛錬♪鍛錬♪
この日一緒に行ったお客様も初めての時より確実に上手くなられていくご様子。
その姿には刺激されます。
c0225621_12111278.jpg

c0225621_12111679.jpg

少しずつですが、上達できている実感が得られるのはいくつなってもやっぱり嬉しいですよね
この日のワタクシの目標は「転ばずに帰宅」
高い目標設定のつもりはありませんでしたが、割と早めにやらかしまして、目標達成はならず(苦笑)
回数こそ前回より少なかったものの、その分1回1回が割と派手めなのをメイク。
50手前にしてなかなか擦り傷が身体から減りませぬ・・・へへへ
そんな状況でありながら、この日もTroyLeeDesignのグローブは破れることなくご無事。
この耐久性、やっぱりオススメです。(二回目・・・笑)
c0225621_12115503.jpg

お昼ご飯は同じ敷地内にあるレストラン「ベルクヒュッテ」で頂きました。
c0225621_12121236.jpg

バラエティに富んだビュッフェスタイルのランチ。
基本ビュッフェの場合は「元を取らねば!」と思う小市民ですので、スイーツもしっかり頂きました(笑)
c0225621_12121585.jpg

料金も1,300円と内容を考えるとかなりリーズナブル。
ご家族で利用されている方も多かったですね。

そしてランチの後はいよいよパンプトラック初体験。
c0225621_12123487.jpg

身体の動きでしっかり覚えられるようにごまかしの効かないチェーンレス&サスペンションロック状態のバイクが用意されていたので、それを借りてチャレンジ。
思っていた程転ぶ心配は無かったのですが、これまた中々一筋縄では行かず終いで・・・。
慣れて少しスピードが上がるとビビっちゃうという・・・(汗)
この日は利用される方も多かったので一時間乗りっぱなしという訳には行きませんでしたので、また新たに練習が必要ですな(苦笑)

MTBコースを利用される方の場合は、コース利用料金に含まれるのでそのまま使用可。
パンプトラックのみの利用の場合なら540円で使用出来るとの事。
是非今度は皆んなでチャレンジしたいですね!









































































.
[PR]
by roadkids | 2017-09-24 00:00 | その他

定期的な点検を・・・


この後の話の展開的に本日のブログタイトルが、
説得力を全く持たないというのは容易に想像がつくのですが(苦笑)、
恥を忍んで「医者の不養生」「紺屋の白袴」的、失敗談を・・・。

時は遡り、この夏の思い出話から。
当店夏の恒例のMTBイベントとなりました「チャックさんPresents Wild Mountain Bike Tour in FURANO」
今年はワタクシの友人親子が広島から参加してくれた事もり、二桁を超える人数でのトレイルライド。

久々のトレイルでのロングトレインに、ワタクシ大興奮しまして、撮った写真は少なめ(苦笑)
MTBもやっぱり大人数で走ると盛り上がりますね。
c0225621_19552496.jpg

今回は初参加して頂いた方も多く、コースに苦戦しながらも大満足して頂けたようでした。

それに気を良くしたワタクシ、翌週には早朝MTBライドイベント開催。


事件はそこで起こりました・・・。


いつもの走り慣れた場所&毎日通勤使用でバイクの状況はおおよそ把握。
バイクチェックもそこそこにトレイルイン。


ただ、予兆は感じておりました。
「そろそろヤバイかも・・・」と。
言い訳も付け足すなら、一途に愛していたんです!!
数々の不倫騒動が世の中を賑やかせるこのご時世においても・・・(笑)
今も販売されているなら買い占めたい程に。


そのサドルを・・・(苦笑)



走り出してちょこっとキツイ登りを終えた後に振動を含む「バキッ!」という音。
サドルベースが割れレールと剥離。
座面は落ち着きを失くし、座っての走行は不可能な状態に・・・。
走り始めたばっかりなのに、
「このあとずっと座る事を許されない状態でSMプレイチックに(苦笑)走り続けねばならんの・・・!?」
と一瞬呆然となりましたが、スタート地点に置いた車に近かった事もあり、戻ってなにか応急処置が行えんもんかと車内物色。
見つけたロードバイク用チューブで出した結論がコチラ。

サドルに罪はございませんが・・・、「サドル亀甲縛りの刑」。
c0225621_20004593.jpg

って結局SMプレイじゃねえか(笑)

なるべく負担を掛けないようにはしましたが、これでなんとか最後まで持ち、イベントは無事終了。
同じトラブルに巻き込まれた際の知識として、頭のスミにでも置いておいて下されば、
役割を終えたこのサドルも喜ぶかと・・・(苦笑)

ただ、こうはならないのが一番ですので、ぜひご自身のバイクは定期的な点検を!



ね、説得力ないでしょ・・・(苦笑)



という訳で最後は最新入荷のサドルをご紹介。
DaBomb Dirt Devil ¥5,400
c0225621_16520661.jpg

同じ図柄に異なる好対照な配色。
c0225621_03514827.jpg

c0225621_03534638.jpg

サドル後部の幅はちょい広めで、パッドボリュームも程よくある感じ。

サドルが壊れても壊れていなくても、是非ご検討下さい(笑)
宜しくお願い致します。













































































.

[PR]
by roadkids | 2017-09-23 00:00 | パーツ類
ブログ更新が滞っている間にも皆に等しく時は流れ、当店も色々ありながら業界的には2018年モデル展示会真っ盛りの季節でございます。
そんな訳で先週もワタクシ、東京へと足を運んでまいりました。
先週は東京でシマノフェスティバルが開催されていた為、それに合わせるかのように各代理店さんの展示会ラッシュ。
その中で本日はFOCUS BIKEをご報告。
ここ数年は各メーカー、単色や差し色的にもう一色といった配色のフレームが多数を占めておりましたが、2018年のFOCUSのシクロクロスバイク、MARESシリーズは遊び心あふれる茶目っ気たっぷりなカラーリング。
c0225621_18531983.jpg

展示会場の中でも群を抜くカッコ良さにワタクシ心射抜かれて参りました(笑)
まずは写真をたくさん撮って参りましたんで、ご覧あれ!

FOCUS MARES FORCE1 ¥570,240
c0225621_18383676.jpg

c0225621_18384352.jpg

c0225621_18384626.jpg


FOCUS MARES RIVAL1 ¥451,440
c0225621_18385415.jpg

c0225621_18385769.jpg

c0225621_16572649.jpg

c0225621_16572660.jpg


FOCUS MARES 105MIX ¥429,840
c0225621_18424366.jpg

c0225621_18424912.jpg

c0225621_18425783.jpg

c0225621_18391356.jpg

c0225621_16573346.jpg


FOCUS MARES APEX1 ¥397,440
c0225621_18501802.jpg

c0225621_18390873.jpg

c0225621_18382325.jpg

c0225621_16572780.jpg

c0225621_16594161.jpg


FOCUS MARES AL 105MIX ¥246,240
c0225621_18393088.jpg

c0225621_18393356.jpg

c0225621_18392135.jpg

FOCUSBIKEの創始者マイク・クルーゲはシクロクロスの元世界チャンピオン。
その効果もあってかFOCUSのシクロクロスバイクはヨーロッパでも高い評価と人気を誇ります。
シリーズ全モデル、油圧DISCブレーキを装備。
FOCUSオリジナルの画期的なスルーアクスルシステム「R.A.T」も採用され、ホイールの脱着を簡単且つ素早く行えるのもFOCUSのメリットですね。

昨年登場して話題をさらったPARALANEはカラーチェンジを施されてリリース。
c0225621_18561630.jpg

c0225621_18571320.jpg

グラベルを走る際の快適性を保ちながらも大きな弧を描くようなフレームデザインに安易に頼らず、
極力直線的なデザインにこだわったフレームワークは開発チームの意気込みを感じさせます。
アスファルトしか走るつもりがない方にも、非常に使い勝手が良くオススメです、PARALANE!

2017年まで販売されていたCAYOは、BB規格の変更などが行われ、IZALCO RACE として新たに登場。
カーボン&アルミフレームをラインナップ。
c0225621_23295751.jpg

c0225621_18575241.jpg



2017年はフルサスモデルのみの国内展開だったMTBは、ハードテイルも復活。
レースシーンでの活躍が期待されるカーボンフレームの29erバイク「RAVEN」を中心に国内入荷してまいります。
c0225621_18590334.jpg

c0225621_18592548.jpg

堅実さと革新をバランス良く合わせ持つバイクブランド、FOCUS。
是非ご検討下さい!































































.
[PR]
by roadkids | 2017-09-22 00:00 | 自転車・フレーム