東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「雪が積もっていないんだから、まだまだ乗るに決まってるじゃないの!」
という威勢のいいアナタでも、この時期忘れちゃいけないのが防寒対策。
そんな季節を走る際の強~い味方になりそうなコチラはいかがでしょ?

MAVIC Hydro H2O Bib Tight  ¥28,350
c0225621_13271936.jpg

防風・防水・伸縮性に優れた素材を使用する事により、0℃~12℃の外気温で使用する事を想定したウインターモデル
c0225621_13273213.jpg

より高い防水性を保つ為に、縫い目にはシームシールド加工が施され、水の浸入を防ぎます。
c0225621_1327482.jpg

ちなみにこのMAVICロゴの部分も裏返すとシームシールド加工が(笑)
c0225621_1424759.jpg
c0225621_13282095.jpg
コダワリが感じられるでしょ!

ビブタイプなので、上半身のジャージとの境目からの冷気も防げますので暖かいですよ。
c0225621_13284492.jpg
これを着てロードもクロスもMTBも、まだまだ乗っちゃいましょう!

[PR]
by roadkids | 2011-10-31 00:00 | ウェア・シューズ類

その名もセーフマン

自転車に乗る者にとって、どんなに短時間であっても鍵を掛けるのは今や常識ですね。
嫌なご時世ではありますが、「自分のバイクは自分で守る」、これも鉄則。
皆さんはサイクリングの際にはどんな鍵をご使用ですか?
バイクから離れる時間が僅かと分かっている場合は、なるべく収まりがよく携帯性のいいものを使いたいですよね。
そんな要望にビンゴな商品のコチラはいかがでしょ?
その名もsafe man
c0225621_20543037.jpg
「ヤッターマンが持っている」と言っても何ら違和感のない秘密兵器的なフォルム(笑)
c0225621_215752.jpg
個人的には何となくゼンダマンの方が似合いそうな気がしますが・・・。
どちらでもイイっすか!?! そうっスか・・・(苦笑)
機能もビックリドッキリメカ的ですぜ!(笑)

私も万が一のことを考えて携行しているのがこの商品。
今は展開されていないカラーのオレンジを持っておりますが、このオレンジ色の部分を持ってワイヤー引っ張ると、本体がクルクルと回ってスルスルと70cmのワイヤーが出てきます。
c0225621_20562452.jpg

このワイヤーの先端を本体に設けられた穴に差し込むとロック完成!!
c0225621_20569100.jpg

一般的な携行性重視のカギと比べるとワイヤーが太いので、少し安心感も上がるかと。
しまう時は再びオレンジ色の部分を持ちながら本体を回してワイヤーを巻き取るだけ。
c0225621_2057221.jpg

ポケットにも入る大きさでとっても便利!
でも駐輪が長時間に及ぶ場合は、もっと丈夫なカギをご使用くださいね。

safe man   ¥3,045

[PR]
by roadkids | 2011-10-26 00:00 | パーツ類
前回に引き続き、先日行って参りましたダイナソア展示会のご報告。
今回は残りの2ブランド、TIMEとCARRERAのご紹介!
まずはTIME
c0225621_19261795.jpg

フレーム販売のみで高額なものが多いので、「いつかはTIME・・・」なんて憧れてる方も
多いブランドではないでしょうか?  私もそんな一人ですが(苦笑)

試乗できたのはコチラの2台
TIME RXRS ULTEAM & TIME VRS FLUIDITY
c0225621_1929977.jpg
c0225621_1929163.jpg
今回試乗した中で一番感動したのは、このTIME
その中でもRXRS ULTEAM は、他の試乗バイク達とは一線を画す方向性。
c0225621_19295057.jpg
羊の群れの中に一匹狼が紛れているとでも言いましょか。
この子の存在感はズバ抜けてました。
c0225621_19311430.jpg
c0225621_1931224.jpg
c0225621_193128100.jpg

非常に低重心で、しっかりとした安定感がありながらもいざ踏み込むと稲妻のような反応性。
他のバイクが、グワングワングワンと加速していくような感じとすると、RXRSはカンッ!カンッ!カンッ!カンッ!とソリッドで素早い伸びを見せると言えばいいでしょうか。
このRXRSだけカンパニョーロBORAを履いていたことを差し引いても「俺でもみんな置いて行ける?」と錯覚しちゃいそうでした(笑)
間違いなくレースをするためのバイクなんでしょうが、この感覚はレースをしない人でも楽しいと感じるでしょうね。
自分、このバイクを試乗中終始一人でニヤニヤしていましたので、傍から見たらただの変態に見えたことと思います(苦笑)
みんながTIMEに恋しちゃうの、わかるような気がしますね。
恋~しちゃったんだ!だって気づいちゃったんだも~ん♪(字余り気味)

そしてもう一台のTIME、VRS FLUIDITY
c0225621_19405047.jpg
RXRSと同じTIMEでありながら、全くと言っていい程の違う種類のバイク。
振動を吸収する液晶繊維量を他のモデルの2倍に増やし、走行性能と快適性を完璧にバランスさせたとTIMEも自負しております。
その通り、快適性のレベルは非常に高く、いつまでも乗っていたくなる気分にさせてくれます。
楽しく感じるのは、その部分だけでなくその走行性能。
c0225621_19411959.jpg
RXRSのような強烈な加速感はないのですが、一定のスピードが乗るとぺダリングに合わせてビュンビュンビュンと伸びるような感覚が、どこまでも持続できるような走りをしてくれます。
限界に追い込んで、がっつり走りこむというのには向かないような気がしますが、一定ペースで走るのには非常に重宝。
もしTIMEを2台持てるという贅沢が出来るなら、この VRS FLUIDITY は奥さんや彼女、ビギナーのペースに少し合わせて走る時に使いたいですね。
目一杯走らなくても、充分バイクのポテンシャルを楽しませてくれます。

少し真面目にインプレしたので、恒例の(?)ちょこっと脱線。
c0225621_19414225.jpg

コチラ、TIMEのハンドルバーなんですが、このパッケージ、おもちゃ屋さんに並んでいてもおオカしくないでしょ(笑)
ただそれだけです・・・。

そして最後に、CARRERA
c0225621_19422751.jpg

2011年モデルから「間違いじゃないの!?」って言う程の価格設定がなされ、我々の度肝を抜いたCARRERA。
その驚くべき価格設定は、嬉しい事に2012年モデルでも継続され、フレーム買い換え予定の方にはチャンスです(笑)
フルカーボンフレームでは最安値に限りなく近いじゃないでしょうか。
NITRO SL
c0225621_19425615.jpg

カレラのフレームに総じて言えますが、このNITRO SLもビックリする程の大ボリューム
c0225621_19431494.jpg
c0225621_1943218.jpg

カレラを見た後だと、CinelliやORBEAが華奢に見えますね。
13万円という価格ながらしっかりとした剛性感。
レースに参戦している方でアルミフレームからのリーズナブルな乗り換えにおススメですね。
そしてインテグラルシートポストが採用されていながら20万円を切る価格設定の
VELENO
c0225621_1944071.jpg

流行のマットブラックを含む4色展開。
c0225621_19441772.jpg
c0225621_19442391.jpg
c0225621_19443526.jpg

ERAKLE TS
質量的な軽さというより、剛性があるが故の軽さと言いますか、非常に反応が早く、小気味いい為、軽快に走ります。
c0225621_19451291.jpg
c0225621_1945198.jpg
c0225621_19452549.jpg

そして最後に一目でそれとわかるスタイリングのPHIBRA
c0225621_19455752.jpg
c0225621_1946359.jpg

短い試乗時間ではありましたが、4ブランド4社4様を改めて実感。
単純な形をした自転車なれど、やっぱり奥が深いですね。

オモシロいです!

[PR]
by roadkids | 2011-10-25 00:00 | 自転車・フレーム
ちょいと前になりますが、
Cinelli、ORBEA、CARRERA、TIME

などを取り扱う代理店、ダイナソアの展示会に行ってまいりました。
秋に入ると、自転車業界はご存知の通り展示会ラッシュ。
多くの展示会がNewモデルの展示がしてあるだけの事が多いのですが、今回の展示会は
試乗可能ということで、意気揚々に上京!
全モデルではなかったのと、駐車場内だけでの試乗だったのが少し残念ではありましたが、乗った感想をちょいと加えながらNewモデルのご紹介。
まずは独創的なデザインが人気のCinelli
c0225621_14141030.jpg

エントリー向けのフルアルミフレームが、Experience
フレームセットと完成車販売があり、完成車はカンパニョーロ・ベローチェで組み上げられます。
c0225621_14143433.jpg
c0225621_14144420.jpg
c0225621_14145368.jpg

シートステイのブリッジはサイコロがデザインされたりと遊びゴコロ満載です!
c0225621_1415639.jpg

世界的なシクロクロスブームのようですね。
ロードバイクを2台お持ちならコイツをベースにパーツを移してシクロデビューなんぞどうでしょ。
Cinelli Zydeco
c0225621_14161454.jpg

フレームセットのみでの販売で、価格¥105,000です。
そしてフラッグシップモデルのCinelli BEST OF
c0225621_16462767.jpg

勝利を約束する(?)証、白と黒の市松模様もデザインされております。
c0225621_14162753.jpg


「一瞬、目がおかしくなったかな」と思うようなデザインですね。
Cinelli Strato
c0225621_14243038.jpg

この色の他にコチラもあります。
c0225621_14245554.jpg

そして美しいフレームワークの定番、Super CORSA
c0225621_1425826.jpg

金属の輝きに思わず笑みがこぼれそうなステンレススチールフレームのXCR
c0225621_14262432.jpg
ステンレススチール
・・・、どんな乗り味なのか乗ってみたかったですね(涙)

そして試乗モデルとして用意されていたのがCinelli Saetta
c0225621_14272070.jpg

流れるようなデザインから想像される通り、非常に快適性の高いモデル
フレーム重量1,150gと、めちゃ軽っていうモデルではありませんが、平地での踏み出しも軽く気持ち良いです。
BB辺りがしなやかで非常に優しい感じがするので、ビギナーの方には扱いやすくとっても良いのでは。
登り返しで少し重量を感じたので、その辺はパーツ変更で楽しまれるといいですね。

続きましてヨーロッパの巨大ブランドの一つ、ORBEA
2012年はカーボンモデルをOrcaの名前で統一し、使用しているカーボンなどのグレードの違いでそれぞれゴールド、シルバー、ブロンズとランク分けされております。
その中でも注目は、新登場したOrcaブロンズ
各メーカー、トップモデルの開発に余念がないのは当然ですが、20万円台のエントリーフルカーボンフレームに対してもしっかりとした研究開発を行い、いいものをリリースしております。
金額的な制約がありながらも、走りの良さを失わないバイクを作る事が命題とされるのが、
20万円台フルカーボンバイク。
各メーカーの腕の見せどころ。激戦区と言えますね。
Orcaブロンズは、フレームセット販売では199,500円
c0225621_14332893.jpg
105完成車で231,000円
ULTEGRA Di2完成車で378,000円という高コストパフォーマンスモデル
c0225621_14544995.jpg

上位モデルのゴールド・シルバーとの外見上の大きな違いはシートチューブとシートステイ形状
Orcaの名に恥じない走りを見せてくれます。
Cinelli Seattaの後に乗った事もあり、際立ったのはBB付近とチェーンステイの剛性感
踏み込んだ際にしっかり力を受け止め「走るなァー!」といった印象。
ハンドリングが自然で乗りやすかったのもオススメポイントですね。
このブロンズモデルに乗った後、シルバーモデルに乗りましたが、最初違いをほとんど掴めませんでした(苦笑)
もう一度ブロンズに乗り直して違いを実感しましたが、それくらい良く出来ていますね。
Orca シルバー&ゴールドはフレームセットのみでの展開
c0225621_14345528.jpg
c0225621_143556.jpg

シルバーはゴールドの性能を素材特性以外全て引き継いだモデル。
c0225621_14402342.jpg

ブロンズと比べるとリアトライアングル全体の剛性がUPしたような感じで、踏み込まずとも適度に力強さを感じる事が出来ます。
軽快にペダルが回って行く気もしましたね。

ゴールドとシルバーの違いは、シルバーとブロンズのそれと比べるとわかりやすく、軽さが際立ちます。
c0225621_16484944.jpg

2011年ツールドフランスでこのOrca ゴールドを駆ったサムエルサンチェスが山岳賞を獲得したのも納得の性能。
オルベア全体に通じて感じたことですが、ハンドリングに癖がなくペダルを高回転で回しやすい印象。
アメリカンブランド同様にフレームの生涯保証も行われておりますのでその辺りも信頼感を生むブランドですね。

オルベアはMTBも製造しておりますので、そちらも少しご紹介。
オルベアALMAは北京オリンピックXCゴールドメダリスト、ジュリアン・アブサロンが乗ることでも有名なXCレーシングフレーム。
c0225621_1441639.jpg

特徴あるメインフレーム「4ポイントトライアングル」(←ちょっとややこしいネーミングですね(苦笑)は、とても快適で扱いやすく、非常に反応性が高いとアブサロンも絶賛しております。
ワイヤリングにも工夫が見られ、この辺も高級バイクらしく心くすぐられますね。
c0225621_14413018.jpgc0225621_14413738.jpg










同形状をしたリーズナブルなアルミフレームもありますので、そちらもオススメです。
c0225621_14433489.jpg
c0225621_14434191.jpg

29erモデルもフレームセットでの販売が行われていますので、そちらもお忘れなく!

ちょいと長くなりましたので、続きは次回ということで。
PARTⅡお楽しみに!

[PR]
by roadkids | 2011-10-24 00:00 | 自転車・フレーム

紅白出揃いました!

年末恒例の国民的(?)歌番組の出場歌手はまだ発表されておりませんが、当店の紅白は揃いましたぜ!
当店オススメNO.1ブランドであるTREKのクロスバイク7.4FXの紅白、入場致しました(笑)
c0225621_11594468.jpg

以前ご紹介しました通り、スッキリとしたフレームワークで2011年モデルよりもフレームのみで50gの軽量化。
7.4FXはカーボンフォークを7万円台の価格で搭載した優等生モデル。
いつでも人気なホワイト、2012年はゴールドのロゴをまとって価格以上の高級感を演出してくれています。
c0225621_1211334.jpg
c0225621_1212819.jpg

レッドは紅組常連、大トリを飾るゴッドねえちゃんばりの存在感(笑)
♪ この紅が~似合うのは、ハァーナーターー!!(苦笑)
c0225621_1214629.jpg
これでみんなを引っ張って欲しいですね(笑)
ちなみに黒子もおります。
c0225621_122348.jpg
散りばめられた赤いラインが素敵です。
c0225621_1221911.jpg
当店の試乗車シグネチャーグリーンも合わせると7.4FX全色只今ご覧いただけます。
c0225621_1234096.jpg
大切な自転車、実車を見て決めたいという方は是非ご来店下さい。

TREK 7.4FX   ¥72,000

[PR]
by roadkids | 2011-10-22 00:00 | 自転車・フレーム

アンカーRFX8

本日はロングライドを目指すアナタに最適なお買い得車のご紹介。
アンカーRFX8
c0225621_13404968.jpg
10速化したNewTiagraをフルコンポで搭載したリーズナブルなバイク。
フレームカラーは2010年度カラ―となっておりますが、フレームそのものは2012年も変更されておりませんので性能に変わりはありません。
(一部フレーム売りされておりますRFX8UDは異なります)
c0225621_1444447.jpg
そのまま乗って頂いても十分な性能を発揮しますし、New Tiagraが10速化されたおかげで上位モデルとの互換性が多くのパーツで保たれておりますので、気になったところはちょこちょこ替えて自分好みのバイクにするのも楽しいかと。
c0225621_1433997.jpg
シートステイの流れる様なラインがアナタのロングライドを快適にしてくれますよ。
c0225621_1441488.jpg
メーカー希望価格¥215,000のところ現金特価¥161,250
カラーが違うだけの2012年モデルが¥225,000ですから、お得でしょ?!

そしてアンカーからもう一台。
以前ご紹介しましたアンカーRFA5Equipeを当店在庫分に限り、
現金特価¥145,600

こちらは2012年モデルもカラーリングは変更されておりませんので大変お得です。
c0225621_13441785.jpg

フレームサイズが小さめなのでロードバイクデビューを目指す女性の方にオススメです!

[PR]
by roadkids | 2011-10-18 00:00 | 自転車・フレーム

TREK 2シリーズ

爽やかなレオパードトレックチームカラーのアルミフレームモデルTREK 2.1入荷して参りました。   
c0225621_12575298.jpg

上位モデルMadoneのジオメトリーを引き継ぐ設計をアルミフレームで再現しており、
ダイレクトな反応の良さを楽しんで頂きたいトレックのアルミフレーム最高峰モデルが
2シリーズ

c0225621_12365640.jpg

TREK 2.1はシマノ105をベースにしたコストパフォーマンスモデル。
c0225621_12303520.jpg

カセットスプロケットはTiagraグレードですが、Lowギア30Tを備えていますので初めての方でも登りがちょっぴり安心(笑)
c0225621_12305647.jpg

ハンドルバーは手にフィットしやすく、リーチとドロップが
小さめ
な、ボントレガー VR-Cを採用。
c0225621_12371571.jpg

サドルは少し厚みがあるボントレガーAffinityが付けられており、お尻の痛みを軽減してくれます。
c0225621_12372833.jpg

週末のサイクリング重視なら1シリーズより、
2シリーズが断然オススメです!


TREK 2.1   ¥149,000

[PR]
by roadkids | 2011-10-16 00:00 | 自転車・フレーム
c0225621_11425578.jpg

もう私が語るまでもないですかね・・・。
MTBがお好きな方なら一度は耳にされた事があるのではないかと!
2000年のブランド誕生以来、レースシーンで数多のチャンピオンを生み出し、常に注目を浴び続けてきたブランド・・・・、
COMMENCAL、2012年モデルより取扱い開始致します!!
何を取り扱うかは毎年自分で決める事ではありますが、これは個人的にもとっても嬉しい出来事でして。
自転車屋になりたいと思い始めていた頃から、何を扱おうかといろいろ勝手に夢見て妄想していた訳ですが(苦笑)、その時に真っ先に考えていたブランドの一つがコメンサルでした。
「じゃあ何で今までやっていなかったのよ!(怒)」というツッコミは、大人の事情ということであっさり一蹴させて頂いて(笑)。
まあ何はともあれ始動です(嬉)
当店への実車の入荷は11月以降となっておりますが、本日皆様にお配り出来る簡易版のカタログが本当に僅かではありますが届きましたので、ご興味のある方は是非ご来店ください。
c0225621_1143411.jpg

生粋のMTBブランドですが一部、街乗りバイク的なものもあったり、
c0225621_1144264.jpg

KIDSバイクも用意されております。
c0225621_11443152.jpg

お子さんの初めてのMTBにコメンサルを買ってあげちゃったりすると
その子が大人になってもずっと「お前の初めてのMTBはコメンサルだったんだよ!!(涙)」としつこく語っちゃう親父になりそうです(笑)。

そして2012年からはコメンサルも29er市場に参入!
c0225621_11445070.jpg

コメンサルのアルミハードテールフレームの中でも最上級グレードに冠される由緒正しき伝統の名「supernormal」を纏った29erがいきなり登場!
完成車モデルだけでなくフレーム単体での販売もあるので多くの方を虜にしそうです(笑)
もちろん26インチのsupernormalも健在ですのでお忘れなく。

いつもの事ですが、個人的に盛り上がっちゃっててすみません・・・(テヘッ)。
でももうすでに来年が楽しみなんですよねぇ~。
早く来ないかなぁ、ウチのコメンサル(笑)。
ちなみにKOGAも取扱い出来る事になりましたのでそちらもどうぞ宜しくお願い致します!

c0225621_11451565.jpg

[PR]
by roadkids | 2011-10-15 00:00 | 自転車・フレーム
Nuke Proofのちょこっとしたパーツたちが入荷しております。
c0225621_8323242.jpg

フレームを守るチェーンステーカバー  ¥1,470  や
c0225621_833614.jpg

しっかり固定できる切削加工のシートクランプ  ¥1,890
c0225621_8334455.jpg

いろいろ張って楽しんでね❤ ステッカー! ¥945
c0225621_8344936.jpg

以前ご紹介したことのあるPlasmaサドルの別パターン Grid  ¥6,300
c0225621_837899.jpg

小物ではなくなってきちゃいましたが、アパレルも展開しております。
DH Race Jersey  ¥5,985
↓ 前
c0225621_840509.jpg

↓ 後ろ
c0225621_841213.jpg
ちなみに着て走ると、こんな感じ。
                ↑ vimeoサイト

カッコイイでしょ!

バイクもNuke ProofのMEGAでっせ!
[PR]
by roadkids | 2011-10-12 00:00 | パーツ類

It’s a beautiful day !

いやぁ~、最高に良い天気でしたね!
3連休の中日、10月9日皆さんは自転車に乗られましたか?
その日私共は当店MTBイベント【Wild Mountain bike tour in FURANO】 で富良野へ行っておりました。
富良野も他の地域同様、最高の天気=快晴に恵まれてました!
そして他の地域以上に素晴らしかったのがその景色。
c0225621_21274688.jpg
山頂の雪、紅葉の入り混じった森、そして青空が織りなすコントラストがこの上ない贅沢に感じられ、走り出す前から大興奮でした(笑)
今回は急な告知であった事もあり(申し訳ありません・・・汗)、参加頂いた方が少なかったのですが、その分たっぷり走り込む事が出来ました。
いつもは一度しか走らないところを2回も走ったりと、自分も仕事を忘れそうになる程楽しんじゃいました!(いつも忘れてるじゃねえか!って声が聞こえてきそうですが・・・苦笑)
お客さまも真剣に走りながらも自然とこぼれる笑み、この日の楽しさが伝わりますかね?
c0225621_2128250.jpg
c0225621_21281731.jpg
c0225621_21283750.jpg
c0225621_21285177.jpg
c0225621_21291258.jpg
c0225621_21292733.jpg
c0225621_21294276.jpg

また来年も来たくなる場所、それが富良野ですね!

そして今回もMy Bike にNew Item導入!(笑)
今回投入したのは、
シマノ XTR BL-M988 & BR-M985 
Trailモデル!!

c0225621_19332246.jpg
この日感動したのは最高の天気と最高の景色だけじゃなく、
この最高のブレーキ!
いやぁ~、本当に素晴らしいの一言。
いつもこの場所を走ると、時々「やばいっ!」って思う時があるのですが、この日は
皆無!
ヘタクソながらも自在にバイクを操れているような感覚で「俺うまくなったんじゃね?」と
ナルシストな気分も高揚(笑)
休憩する度にお客様にブレーキを絶賛する始末(反省)。
それ程感動しました。

DownHillスペックかと思える程の制動力。
「ちょん」と掛けただけで高い制動力を生み出します。
非常に良く効くので少しその感覚に慣れが必要ですが、(でもご心配なく、すぐに慣れます)
それが掴めたらあとはもう自由自在。
握り込む程に上がってくる制動力の感覚がとてもつかみやすく、路面状況が素早く感じ取れ、スムーズにバイクを走らせる事が出来ました。
ブレーキの評価をする際に褒め言葉として使われる
「Discを手で掴んでいるような感覚」

正にそれをこのブレーキで初めて感じたような気がします。
前回の当店のイベント【Mountain bike ride in 長沼】の際に同じブレーキをご使用いただいているお客様から「もうこのブレーキじゃなきゃ、下りたくないっ!!」というお言葉を頂いたのですが、そのお気持ち・・・、私も心より理解しました!(爆)
この日何度も私の頭の中をお客様の言葉が駆けめぐりました。
本当にいいものってやっぱり同じ感覚を生むんですね。
シマノさん、このブレーキがあればしばらく安泰ですなぁ~!
ハッハッハッハ・・・。

一体、何様目線だよって感じですが(苦笑)
今日私が使用したのはXTRグレードですが、IceTechnologyを搭載したXTグレード、SLXグレードも実際に取付させて頂いたお客様から高い評価をもらっております。
c0225621_19432289.jpg
今年のワタクシの「どうか予算を作ってパーツを交換して下さい心のランキング」不動の第一位でした700mmオーバーワイドハンドルバー、その地位を一昨日からこのブレーキが塗り替えましたね。
ブレーキのグレードアップが走りを変えます。
是非ご検討下さい。
My Bike、通勤バイクとしても使用しておりますので試乗できます
そして近々XTグレードのモデルも試乗できる準備を整えておりますのでお楽しみに!

[PR]
by roadkids | 2011-10-11 00:00 | パーツ類