東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロードバイクのタイヤにおいて、チューブレスとともに新しい流れとなるかもしれないタイヤがラジアル構造タイヤです。
その先駆けとなるのが、このMAXXIS RADIALE
c0225621_2224677.jpg

ラジアルタイヤは、タイヤの骨格となるケーシングの配置が進行方向に対して、90度にされており、その構造から剛性が高く、高速・高負荷時の走行性能に優れると言われています。
c0225621_223475.jpg

早速、その性能を先日行った当店のイベント時に試してみたので、その感想を。
一言でその第一印象を語ると「しっかり」「どっしり」してるなあという感じ。
ラジアルタイヤの特徴である剛性の高さを感じる事が出来、そのおかげかタイヤに安定感がありました
こう言うと、乗り心地が悪いんだろうなぁと思いますが、その第一印象ほど堅い・乗り心地が悪いという感覚はありませんでした。
確かにこれまで使用してきたバイアスタイヤのように「しなやか」という表現は適さないですが、不必要なタイヤの変形はせず、ある一定のレベルではちゃんと振動を吸収してくれて
いる
、そんな感じです。
不要な変形をしていない感覚が、走りの軽さとコーナリングなどの安定感にもつながって
いる
と思いました。

ラジアル構造だけでなく、トレッドゴムに3種類の堅さをもったコンパウンドを使い分ける
トリプルコンパウンドテクノロジー
も導入され、マキシスタイヤの最高峰となっています。
今までと一風変わった感覚で使ってみると面白いと思います。
次回のタイヤ交換時には、是非ご検討を!

マキシス ラディエール 700x23c ¥7,980

[PR]
by roadkids | 2010-10-31 00:00 | パーツ類
最も簡単に出来るのに、とっても大切なバイクのメンテナンスがタイヤの空気圧の管理
です。
簡単な作業のはずなのに、ついついおろそかになりがちですよね。
そんな時、こんな道具があったらしっかり空気圧の管理をすると思いませんか?

MFU バイシクルタイヤゲージ!
c0225621_21581343.jpg

高級感あふれるケースに鎮座しております、このタイヤゲージ、なんとボディはチタン製
c0225621_21582943.jpg

41gと非常に軽量で、大きさも単三電池とほぼ同じくらいで、とってもコンパクト。
c0225621_21584322.jpg

使用耐久回数が50万回以上と、一生使えそうです(笑)
出来る男には、こんな道具がお似合いですぜ!

MFU バイシクルタイヤゲージ ¥8,800

※フレンチバルブ専用

[PR]
by roadkids | 2010-10-26 00:00 | パーツ類
フルカーボンフレームの完成車が20万円で販売される事がもう珍しい事ではなくなりましたね。
むしろ当然じゃないの、っていうぐらいですね(苦笑)
いい時代になりました。
シマノ105で組立てられたものなら、20万円中盤くらい。
シマノULTEGRAならギリギリ30万円切るかな・・・っていうのが現在の相場でしょうか。
しかしそういったバイクの多くがフレームとコンポーネントにお金をとられ、肝心の足回り=ホイールにまでお金を掛けられないのは仕方ないところです。
c0225621_22412736.jpg

KUOTA KHARMAもそんな1台ですかね、っていってもカーボンフレームにシマノULTEGRAにホイールはMAVICアクシウムで30万円を切り、十分コストパフォーマンスが高い一台でしたが、2010年度モデルという事でホイールをグレードアップサービスしております。
c0225621_2243326.jpg

MAVICアクシウムからキシリウムエリート(81,900円)へ、価格差で約5万円!
重量でカタログ値245gの軽量化グレードアップ
20万円台フルカーボンフレーム完成車の弱点をこれで一気に解消。
上位機種に迫る性能ですよ。

KUOTA KHARMA ULTEGRA (フレームサイズ:545)
MAVIC キシリウムエリート仕様  ¥299,800

※店頭在庫に限り、お支払いは現金のみとなります。

[PR]
by roadkids | 2010-10-22 00:00 | 自転車・フレーム

冬こそ29er!!

当店にも、ぼちぼち2011年度モデルが入荷してきております。
そんな中で、組み上がった一台がコチラ、
TREK ゲーリーフィッシャーコレクション Cobia
c0225621_20251555.jpg

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2011年度からゲーリーフィッシャーのバイクは、トレックブランドのゲーリーフィッシャーコレクションとして新たにスタートする事になりました。もちろん、これまで通りフィッシャーイズムはバイクの設計に反映されていますので、
ご心配なく!
今年から、フロントサスペンション搭載の29erモデルは、全て80mmから100mmにストロークUPされており、より余裕のある走りを生みだしています。
c0225621_20261729.jpg

このCobiaは、昨年モデルのRockshox ToraからRockshox Reconにグレード
アップ

ブレーキもワイヤー引きのDiscブレーキから油圧タイプに変更され、より高いコントロール
性が期待できます。
c0225621_20265070.jpg

価格も1万円DownしながらパーツがグレードUPされているので、お得感大のオススメ
モデル!
実車を店内で見てみると、カタログのような明るめなオレンジ色というより、落ち着きのある濃い目なオレンジ色に見えます。(ブラウンに近いかも)
是非ご自身の目でお確かめ下さい!

冬にもスパイクタイヤを履いて、MTBを楽しもうという方には、29erはオススメです。
街中が雪に覆われて、デコボコだらけになった道路では、車輪が大きく走破性の高い29erにはとっても有利なコンディション!冬に自転車に乗る楽しさがきっと満喫できます!
もちろん、夏に乗っても楽しいですよ!

29erの試乗車を店頭にてご用意しております。
雪が積もったら、スパイクタイヤも履かせますのでお楽しみに。

TREK ゲーリーフィッシャーコレクション Cobia ¥130,000

[PR]
by roadkids | 2010-10-20 00:00 | 自転車・フレーム

一粒で二度おいしい。

いやぁ冷えますね~。
ニュースによると、今朝は今季一番の冷え込みだったところもあったようですね。
こう冷え込んでくると、ローラー台走行に突入しました!って方も出始めた頃ではないかと思います。
ただ、日中はまだまだ気温が上がるので、外で残り少ない今シーズンを楽しみたいってのが、この時期の心持ちですよね。
しかしもう既に、ローラー台仕様のバイクにしていたりすると、すり減ったタイヤやトレーナー用タイヤに交換していたりして、屋外で実走行する度にタイヤ交換するのが煩わしいこと
この上ないかと・・・。
そんな時期のタイヤの選択にはコチラをどうぞ。

ミノウラ デュアリスト!
c0225621_21372395.jpg

なんとこのタイヤ、トレーナー用タイヤでありながら屋外での実走行も可能な二つの用途に使えるデュアルパーパスなタイヤなんです。
トレーナー使用の際には、高い耐摩耗性と騒音を抑える静粛性を発揮し、屋外走行では
十分なグリップ力を確保。
正にこの時期、オススメな1本です。

ちなみに昨シーズンから始めました、
サイクルトレーナーお試しレンタル
今シーズンも行なっております。
c0225621_213828.jpg

「サイクルトレーナーに興味があるけど、どんなものかわからないので一度使ってみたい」とか、「住環境によっては周りの家やマンションの下の階の人に迷惑がかかる可能性もあるのでは」という方の為に最大1週間、ミノウラV130をレンタルしております。
当店でバイクをご購入のお客様は無料で、それ以外のお客様は1,000円でお試し頂けます。(サイクルトレーナーをお買い上げいただいた場合は1,000円お返し致します)
トレーナーマットも合わせてお貸しいたしますので、是非お試しください!
サイクルトレーナーで、夏場の筋肉を維持しましょう!

ミノウラ デュアリスト ¥4,725
ミノウラ GYRO V130(リモコン式)¥30,240

[PR]
by roadkids | 2010-10-19 00:00 | パーツ類
2010MARINのクロスバイク、BELVEDERE
c0225621_21940100.jpg

ハイドロフォーミング技術を駆使したアルミチューブでつくられたフレームは、流れるような
フォルムがGOOD LOOKING!!
なバイクです。
c0225621_212538.jpg

ハンドルバーには、バーエンドも標準装備され、臨機応変なハンドルポジションが可能
なっています。
c0225621_2131328.jpg

こちらのBELVEDEREの店頭在庫を現金でご購入の方に、バイクカラーに合わせた
パーツ4点を只今サービス中
です!
c0225621_2133346.jpg

通勤から週末サイクリングの時必要なパーツを揃えましたので、たくさん乗って下さいね。

日暮れの早くなってきたこの時期の通勤ライドにはかかせない、ヘッド&テールライト
c0225621_2135659.jpg

短時間の駐輪でも安心してはダメ!
必ず鍵をかけましょう!!
c0225621_2141841.jpg

週末サイクリングの時には、水分補給は必須です。
c0225621_2143679.jpg

MARIN BELVEDERE ¥63,000

【サービス内容】
ヘッドライト BLACKBURN FLEA ¥3,675
テールライト TOPEAK ALIEN ¥1,470
ワイヤー錠 ABUS Primo ¥2,730
ボトルケージ BONTRAGER アルミケージ¥1,000

※現金にてBELVEDEREの実車をご購入いただきました方にプレゼントいたします。
自転車のサイズが合わない場合は販売できませんので、詳しくは店頭にてお尋ね下さい。

[PR]
by roadkids | 2010-10-17 00:00 | 自転車・フレーム

秋スタイル、新提案!

秋は誰が何と言おうとMTBのベストシーズン
気温も下がるので、虫が少なくなり、下草も枯れ始め、落ち葉を踏みしめる音がとっても気持ちいい季節です。
ただ、そんな秋でも唯一弱点があるとするなら、路面コンディションが安定しない事でしょうか・・・。
天気が周期的に変わる為、雨が降る確率が高く、朝露の降りるこの時期は路面が乾きにくくなりますよね。
タイヤが泥詰まりする事もさることながら、巻き上げられた泥が、ウェアにびっしりついて困ったりしませんか?
泥で汚れたバイクはご自身で洗っても、汚れたウェアの洗濯は奥さんに任せっぱなし・・・。
そんな事を繰り返してると奥様に自転車に乗る許可をもらいにくくなりますよね!?(苦笑)

そんな奥様の手を煩わせないようにするアイテムが、パールイズミ レインスパッツ
c0225621_2201110.jpg

本来はレインウェアですが、汚れる季節のオーバーパンツとしてご提案!
くるぶしまでのレインパンツは各メーカーであったりするんですが、膝丈のものはこのパールイズミ以外、あまりないんですよね。
膝丈までの長さによって、ぺダリングがスムーズに行えるのに加え、足全体が覆われていないので、通気性が上がりムレにくくなります
ツルツルとした表面素材なので、汚れも落ちやすく、この時期山に入るとびっしりついてしまう事がある、植物の種子もほとんどつきません
元々レインウェアなので、防風性は十分あり、朝夕の冷え込みが強い秋の季節は防寒ウェアとしても機能します。
パンツの内側の縫い目には、きっちりシームテープの処理もされているので、レインウェアとしての機能も申し分なし!
c0225621_222813.jpg

バイクでのライドが終わったら、レインスパッツを脱ぐだけで車にそのまま乗って帰れる楽ちんスタイル。
意外に使える膝丈レインスパッツ、いかがでしょ?

そしてこの時期にもう一つお薦めしたいアイテムが シールスキンズ ウルトラライトソックス
c0225621_2233853.jpg

ご存知、防水仕様のソックスなのですが、防水であるが為のメリットがもう一つ!
細かい砂の汚れなどのソックスへの侵入がないんです!
通常のソックスだと、素地の網目などから細かい粒が入り込み、足の指の間につまって
不快な気分のままライディングを続けなくてはならない事がありますよね。
シールスキンズのソックスは、ソックスの形をした防水フィルムが全体を覆っているので、
水だけでなく汚れの侵入も押さえる事が出来ます。
いつもソックスの中はサラサラ快適
ライディングにもしっかり集中できますよ!

パールイズミ レインスパッツ ¥11,550
シールスキンズ ウルトラライトソックス ¥4,990

[PR]
by roadkids | 2010-10-15 00:00 | ウェア・シューズ類

登り好きになれるかも。

少し朝晩の冷え込みが強くなってきましたが、まだまだサイクリングの楽しい季節ですね。
この時期は走り始めには少し寒く感じますが、登り坂などでは暑すぎず、ちょうど良い気温だったりします。
という訳で、秋は登り坂にトライする季節!
(ちょっと無理があるフリですが・・・)

そんな登りのお供に、こちらのメーターはいかがでしょ?
c0225621_1613107.jpg
キャットアイ CC-AT200W ADVENTURE

シンプルながら洗練された感じがして個人的にはグッドデザイン賞です。
最大の特徴は、4つの高度関連計測が行える点です。

ちなみに計測できるデーターはこんな感じ。
海抜高度・・・現在の海抜高度を表示
傾斜・・・・・・45°の傾斜を100%として現在の傾斜を±で表示
登坂高度・・・リセット地点から現地点までの登った高さを表示
累積高度・・・登坂高度の累積を表示

そして気温も表示してくれます。

説明書にも記載してありますが、傾斜表示には若干のタイムラグが発生してしまいます。
でもまあ、充分許せる範囲かと。
使用してみて、もう一つ追加してほしい機能が最大傾斜をメモリーしてくれる機能があるといいですね。
私のように登りが得意でない人間には、あまりに勾配がきついとイッパイイッパイで、メーターを見る余裕がなくなります…(苦笑)
そんな自分のような方のためにも、是非加えてほしい機能です。
今、サイクルメーターは色々な機能が満載されて百花繚乱という感じですが、走行後にパソコンにデータを落として解析したりしないのであれば、走行中にデータを見る事が出来る、
このADVENTUREくらいが、程良くて十分楽しめます。

迫りくる登り坂比例するように上昇する傾斜率
普通なら頂上目指して頑張るだけなのですが、このメーターと一緒だと、少しだけ登り坂にワクワクする自分がいたりしました(笑)

c0225621_16134130.jpg

c0225621_16155998.jpg

平均速度、最高速度、走行距離、走行時間だけのメーターに少し飽きてきたならオススメ
です。
マウンテンバイクに使っても面白そうですね。

キャットアイ アドベンチャー ¥18,900

[PR]
by roadkids | 2010-10-12 00:00 | パーツ類
って言っておきながら10月に入ってしまったので、自転車業界的にはもう既に2011年度・・・。
なので厳密には「今年の・・・」とは言えないんですけれども(苦笑)。
まあ、細かいことは気にせず(笑)、2010年度春にマイバイクに投入したニューアイテムのご報告をば。
来年に向けてパーツ交換を考えておられる方にとっての参考になれば幸いでございます。

まずはサスペンション
ここは商品そのものというよりは、規格部分にご注目!
自身初のスルーアクスルモデルRockshox Reba Team Maxlelite 
c0225621_2125179.jpg

シマノ・FOXのコラボレイトで企画された15mmスルーアクスルが発表されて以来、スルーアクスルモデルが花開いた感がありますね。
スルーアクスル化される事により、車軸が大口径化し、ねじれなどに対する剛性が飛躍的にUPし、高い安定感が得られるようになりました。
コーナリング時にフロント荷重しても、よれたり、たわんだりする感じがほとんどしないので、安心してバイクを倒しこんでいけます。
「コーナリングするのが楽しーい!!」って、きっと思いますね(笑)
9mmクイックレバーのサスペンションが[細い棒っきれ]だとすると、スルーアクスルモデルのサスペンションは[住宅の柱に使う太い角材]って感じでしょうか。
本当にたわまないって感じなんですよね。
15mmでも、その剛性がUPした感じはわかりますが、20mmの方が更に分かりやすいですね。
20mmスルーアクスル規格が出てきた当時は、「ダウンヒルバイクに乗るわけじゃないから、自分には縁のない規格だしなぁ」と決め込んでいたんですが、目からウロコでございました。
よほど軽さにこだわらない限りは、スルーアクスル規格の恩恵を感じる方の方が、圧倒的に多いのではないかと思います。
ホイールもしくはハブも変えなくてはならないという価格的な負担は増えますが、走りの負担はきっと減りますね(笑)

そしてもう一つ、導入したアイテムが、マグラ Discbrake ルイーズ 
c0225621_2154073.jpg

c0225621_217520.jpg

今までもDiscブレーキはシマノ・HAYES・AVIDと使って参りましたが、「ブレーキはマグラ」と言われる所以がわかったような気がします。
「ちゃんと止まる」という制動力はもちろんなのですが、「こういう風に止まりたい」というコントロール性がとても優れています。
自分の止まりたいという気持ちと実際のブレーキングとが非常に高いレベルでシンクロするような感じとでもいいますか。
例えるなら、自転車に乗ったまま「だるまさんが転んだ」が出来るような気がします(実際、私の技術じゃ出来やしないんですが(苦笑)
ブレーキの王座にマグラが君臨しているのも納得の性能です。

でもブレーキでちょっと気になるのは、2011年度にモデルチェンジを果たしたNew XTR、デリバリーが始まるのももう間もなくかと思いますが、新しい技術がふんだんに盛り込まれ、要注目です!
c0225621_2181319.jpg

ポイントは、ブレーキシステムの温度上昇を押さえるアイステクノロジー
放熱性の高いアルミニウムをローターとブレーキパッドに採用し、安定したブレーキ性能の維持を目指しています。
写真では少しわかりにくいですが、ローターは放熱効率の高いアルミをステンレスではさむサンドイッチ構造
c0225621_219323.jpg

パッドはバックプレートにアルミを使用し、トレイルモデルには冷却フィンも設けています。
c0225621_21101289.jpg

c0225621_2134229.jpg

オートバイの空冷エンジン見たいですよね。

他社には今までなかった新機軸。
2011年度も楽しみですね!!

[PR]
by roadkids | 2010-10-11 00:00 | パーツ類