東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

想い出作りに!

ご報告が遅くなりましたが、3回の延期の末、開催する事が出来ました「Wild Mountain bike tour in FURANO」ですが、一週間遅れではあったものの神頼みの効果があったのか(笑)、当日は青空の見える天気の中、ライディングを楽しむ事が出来ました。
c0225621_22261821.jpg

ほとんどの方が昨年も参加して頂いたお客様で、三回も延期させて頂いたにも関わらず、心待ちにして参加して頂いた事を考えると、このコースの素晴らしさを改めて実感いたし
ました。そして、皆さん昨年よりも上達してうまくなってました!!
c0225621_22275817.jpg

初参加して頂いた方では、難しいセクションを一発クリアされた方もいて、みんな合わせて来年また一緒に走れるのが、もう今から楽しみッス!
来年もまた行きましょうね!
さて、そんなイベントの様子を映像に残そうと今回は秘密兵器を用意しました・・・

ジャーン!Contour HD 45,150円也 !
c0225621_2229712.jpg

私、デジタル家電音痴な為、以下の文章は日本正規輸入元の受け売りでございます
(苦笑)→ 詳しくは輸入元HPへ

重量は、わずか123gでありながら、最大8時間のHD動画を記録できます。
雨や雪、泥などをシャットアウトする全天候型のHDカメラであるのに加え、スポーツシーンでの使用を想定した耐衝撃設計にもなっております。
実際ヘルメットに装着して使用してみましたが、重量はライディングに集中しているとほとんど気にならないレベルですね。非常に軽いです。
c0225621_22351676.jpg

録画スイッチはスライド式でカチッというクリック感があるので、フルフィンガーグローブでもはっきり分かる操作感でした。
c0225621_22361077.jpg

電源のON/OFFは「ピッ」という音で知らせてくれるので、ヘルメットの上に付けておいても電源が入ったかどうかわかります。
画質に関しても参加して頂いた皆様に見てもらったところ「綺麗に映っているねぇ」とお褒めの言葉を頂いたので、お値段からすると充分なレベルではないかと思います。

走った際の記録だけではなく、本日の反省会での使用や周りの友達を自転車の世界に引き込みたい(笑)時のアピール素材としても使えそうです。
ただし、使用前にはしっかり説明書を読みましょう!
私、デジタル家電音痴にも関わらず、ろくに説明書を読まずに臨んだため、電源をONにするのを忘れて、録画スイッチをパチパチしておりました(涙)
おまけにメモリーカードの容量を勘違いして録画した為、楽しい思い出が本当にほんの少しになってしまいました・・・スミマセン(涙)
来年はしっかり撮りますね(苦笑)

CONTOUR HD ¥45,150
ベンチレーション ヘルメットマウント ¥3,990

[PR]
by roadkids | 2010-08-28 00:00 | パーツ類
雨が降るのに暑い日が続いていますね。

こう暑いと自転車に乗る際にも、こまめに水分補給を心がけなくてはいけません
ほとんどの方がフレームにボトルケージを付けて、飲み物を運んでいるのではないでしょうか?

アスファルトを走る、ロードバイクやクロスバイクの場合は、ボトルケージのボトルから水分
補給することはそんなに難しくないかもしれませんが、路面の荒れたところを走るMTBでは、ボトルを取る際に姿勢変化が大きくなって不安定になるのに加え、ボトルとボトルケージに
戻す時間も掛かってしまう
為、意外と水分補給が難しく補給する時の路面も選ぶ事になってしまいます。

素早くこまめに水分補給をしたい時には、ハイドレーションバッグが一番です。
c0225621_20591387.jpg
(左)GREAT DIVIDE PACK  (右)SVELTE PACK 

ハイドレーションバッグとは、背中に背負ったバッグにホース付きのドリンクが入れられる
パックの付いたバッグ
の事です。
c0225621_19494751.jpg

自分の体のすぐそばに飲み口がある為、すぐに水分補給でき、飲み終わったらボトルのようにケージに戻す必要はなく、口から飲み口を離すだけでOKです!
ハイドレーションバッグを使うことによって驚異的に水分補給が楽になります。
ロードバイクやクロスバイクでボトルを取るのが苦手な方にも、ハイドレーションバッグはお薦めです。

当店一押しのハイドレーションバッグがLEZYNE
今年モデルチェンジをして更に使いやすくなりました。
レザインのバッグではお馴染みの細かく指定された仕切りは今回も採用されております。
c0225621_19503739.jpg

ジッパーの部分には小さな輪が装備されて、フルフィンガーグローブでも開けやすくなって
います。
c0225621_19505691.jpg

蒸れを防ぐナイロンメッシュ性の背面パッドショルダーベルトが両モデルに採用され、
長時間ライドを快適にしてくれます。
c0225621_195127100.jpg


よりたくさんのものが入る、GREAT DIVIDE PACKには、汚れたり濡れたりしたウェア類を入れられるメッシュボトムポケットがついており、ライダーの気持ちをしっかり理解してくれています。
c0225621_19532277.jpg

さらにこのバッグには、ハイドレーションバッグを入れる部分に保冷シートを装備!
c0225621_1953556.jpg

ありそうでなかった嬉しい心遣いですね。
これから秋に向けて、MTBのベストシーズン!
アナタの背中にはハイドレーションバッグを!


LEZYNE GREAT DIVIDE PACK ¥14,700
LEZYNE SVELTE PACK ¥9,240

[PR]
by roadkids | 2010-08-09 00:00 | パーツ類

費用対効果!

今週末はニセコで初開催となるHANAZONOヒルクライムが行われます。
藻岩山ヒルクライムと比べて、距離も長く、めちゃめちゃ盛り上がりそうですね!

ヒルクライムにおいて、皆さん気にされるのは車体重量
少しでも軽く・・・というのが決戦前の準備かと。

そんな時に安く済みながらも効果的な軽量化を図れる方法がチューブの交換です。
c0225621_172135100.jpg

一般的な23c対応のチューブは約100g前後、軽量チューブの代名詞であるマキシスの
フライウェイトチューブ
にすると1本53g(48mmバルブ)と約半分の重量となります!
前後2本のチューブ約3,000円でチューブ1本の重量を減らせる高効率!
ホイールという回転するパーツに取り付ける部品なので、軽量化の効果も高いですね。

さらに勝負をかけたい方には、Continental GRAND PRIX SUPERSONIC を!
700x20cで、1本150gという軽さ!
c0225621_17264826.jpg


今回ヒルクライム応援キャンペーンと致しまして、マキシスフライウェイトチューブ2本ご購入のお客様に、スタート前のエネルギーチャージとしてお使い頂けるよう、カーボショッツ1本
プレゼント中!

c0225621_14345466.jpg

第1回チャンピオン目指して、頑張れ!!
ちなみにヒルクライムに参加しない方にもプレゼント中です(笑)

マキシス フライウェイト 48mm ¥1,480
マキシス フライウェイト 60mm ¥1,575
Continental GRAND PRIX SUPERSONIC 700x20c ¥7,560

[PR]
by roadkids | 2010-08-04 00:00 | パーツ類
もうお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、昨日予定しておりました
「Wild Mountain bike tour in FURANO」が雨の為、8月8日(日)へ2度目の延期開催とさせて頂くこととなりました(涙)

昨年も3度の延期の末、行わせて頂いたイベントもあり、今年はこの富良野イベントが雨に祟れているようで・・・。

という訳で、本日早朝、来週日曜日の快晴を祈願に白石神社に行って参りました!
c0225621_18213967.jpg

今日のような快晴となりますよう、しっかりお参りしてまいりました。

そして、お賽銭も奮発して自分の歴史上最高額の500円!!
c0225621_1822387.jpg

少ないですか・・・(笑)
どうか、3度目の正直で晴天に恵まれますように!
また再募集いたしておりますので、昨日は無理だった方も再度ご検討お願い致します!

ところで、神頼みにしてはいけないのが自分の身の安全!
ヘルメットをかぶるのはもちろんの事、山で遊ぶ時にはガード類の装着をお薦めします。

≪膝に着用するニーシンガード
c0225621_18233141.jpg

「大袈裟な・・・」と思われるかもしれませんが、人生正に転ばぬ先の杖です。
仕事や家事・育児のある大人は怪我は出来ません。
自分の身の安全を管理するのは、ご自身だけです。
リスク管理をしっかりしましょう

≪肘に着用するエルボガード
c0225621_18235951.jpg

私も難しいセクションがあるルートや初めて走る場所に行く時に使用しています。
装着した直後は少し気になりますが、走り出してしばらくすると装着しているのを忘れる程、違和感はなくなります。
そして装着することによって、精神的な余裕が出来るので、より難しいチャレンジがしやすくなります
チャレンジする事が上達への近道にもつながると思います!


≪ニーシンガード≫ ダイネーゼ ¥9,765・¥10,500
              sixsixone ¥9,030

≪エルボガード≫  ダイネーゼ ¥8.400
              sixsixone ¥6,090

[PR]
by roadkids | 2010-08-02 00:00 | その他