東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:パーツ類( 420 )

一点目立たせ主義

茹だるような暑さで集中力も切れがちな夏。
それは自転車に乗っているご自身だけでなく、周りの人達でも・・・。

そんな時は被視認性を意識した目立つカラーを一点だけでも盛り込んで安全なライドを!
本日はそんなカラーを使用したパーツ達のご紹介。

まずはライド中に最上部にあるヘルメット。
GIRO CINDER MIPS \23,760
c0225621_20352001.jpg

転倒時などの衝撃エネルギーの掛かる向きを変えて安全性を高めるMIPSを採用。

お次は常にペダルを回して動いている脚元は実は効果が大きい。
Bontrager SPECTOR  ¥17,900
c0225621_20363165.jpg

フィット感を高めるBoaクロージャーダイヤルを使用しながらも2万円を大きく切る価格も魅力です。

MTBやクロスバイクに使用されるフラットバーなら手の甲が進行方向に向いて意外な程目立つんです!
Troy Lee Design  Air Glove & Sport Glove
 ¥3,672&¥3,564
c0225621_20370176.jpg

しなやかな使い心地&高耐久性で個人的にお気に入りの一品。

同じくTroy Lee Design からMTBショーツのコチラ
Troy Lee Design Sprint SHORT  ¥11,988
c0225621_20373390.jpg

ここまで来ると占有面積が広くなって一点という感じじゃない気もして参りますが・・・(汗)
お山の中でなら熊さんにも早めに気づいてもらえるはず!(苦笑)

そして最後はリム
Fireeye Excelrant Rim 650B
 1本 ¥7,000
c0225621_20381862.jpg

バイク本体のドレスアップパーツとしてもオススメです。

パーツ選びに迷った時は「被視認性」という要素でも選んでみては。
ご検討宜しくお願い致します。






















































.
[PR]
by roadkids | 2017-07-11 00:00 | パーツ類
ずっと探し求めておりました・・・。
現在所有している26インチのバイクに何ら不満はなく、
「むしろ26インチが楽しい!」とさえ思える瞬間も個人的見解としてありながらも、
時代の趨勢は完全に27.5インチ以上の大径ホイールに移行。
26インチパーツが市場から年々減って行く様を見るにつけ、「そろそろ自分も27.5インチに・・・」と思っておりました。
(自転車店経営者としては遅すぎですが・・・苦笑)

そして昨年から今年に掛け一気に搭載されてきた新規格BOOST

更に以前から気になっていたブランドの日本代理店が出来たとの

正に機は熟したかと・・・。



新ブランドの取り扱いを始めるきっかけとしては、
お客様からのお問い合わせがあった場合だったり、
もしくは自分が魅力を感じて乗りたい場合などなど。
今回はもちろん後者の理由(笑)

そんな訳でイギリス発MTBブランド、STANTONBIKES始めました!
c0225621_15152857.jpg

そして只今店頭にありますのは、同社の一番人気モデルSWITCHBACK
c0225621_15155230.jpg

120~160mmストロークを想定したオールマウンテンフレーム。
使用されているパイプはメイン三角にREYNOLDS631。
c0225621_15160881.jpg

415mmと短いチェーンステイにはしなやかなREYNOLDS525を採用。
c0225621_15162584.jpg

2.8インチ幅のタイヤまで装着出来るクリアランスを備え、このSWITCHBACKはエンド部品の交換でBOOST規格にも対応します。
c0225621_15164956.jpg

この対応幅の広さは、パーツの載せ換えでの組み上げやその後の発展性も考えると、とっても魅力的ですよね。

意匠を凝らしたチェーンステイ接合部や、バッジタイプヘッドマークなどで所有欲も
c0225621_15171040.jpg

c0225621_15171943.jpg

サスペンションの入荷がもう少し先になりそうなので、ご用意にもうしばらく時間がかりそうですが、試乗車として自分のバイクも組み上げますので是非ご期待下さい。
c0225621_15174168.jpg

ご検討宜しくお願い致します。






















































.
[PR]
by roadkids | 2017-07-03 00:00 | パーツ類

握って、試して。



どんなにバイクコントロールに自信のあるライダーでも、手元が滑ってしまってはそれもままらないですよね。

そんな時、信頼のおけるバーテープをお探しでしたら是非、LIZARD SKINSのバーテープをば!
c0225621_07145527.jpg

バーテープとしては少々お高めな価格設定ですが、その性能は期待を裏切らず確かかと。
抜群のグリップ感に適度なクッション性。

バーテープの厚みは1.8㎜、2.5㎜、3.2㎜とラインナップされ、走りのスタイルや好みに応じて選択出来ます。
カラーラインナップも多彩で、単色カラーで店頭在庫中のものでもざっとこれだけ。
c0225621_07151664.jpg

途中で色が切り替わるDualシリーズや、柄の入ったCamoシリーズもあり個性豊か。
c0225621_07184367.jpg

c0225621_07152117.jpg

只今このLIZARD SKINのバーテープを実際に握って確かめられるサンプルもご用意しております。
c0225621_07155896.jpg

是非手に取ってお試し下さい!























































[PR]
by roadkids | 2017-06-25 00:00 | パーツ類

DaBomb QR シートクランプ

DaBombのシートクランプ、第三世代 = BOMB QR 3.0 Clamp (¥2,160)入荷致しました。
c0225621_18260709.jpg


クランプ部本体&レバー部と大胆な肉抜き加工で、軽量化とデザインのアクセントにも。
レバー部分は特に長め設計なので、女性の方でも作業しやすそう。

c0225621_14194235.jpg


この辺の切削痕も心くすぐりますよね(笑)

c0225621_15535831.jpg

ポストの締付加減を調整するナットには6mmの六角レンチが駆けれるようにしてあるので、いざって時の調整にも安心です。

c0225621_14195614.jpg


サイズ展開が34.9mmしかないのが残念なところですが、サイズの合う方は是非ご検討下さい。
宜しくお願い致します。
c0225621_17423913.jpg
ちなみに、上の画像ずっと見てると、ラジオ体操第一の「体を横に曲げる運動」をする人たちに見えて来ません?(苦笑)
そう思うとなんかやたらカワイイシートクランプに思えますよね(笑)







































































.

[PR]
by roadkids | 2017-06-11 00:00 | パーツ類

暑さに負けそうな時には


ぐぐっと夏っぽい気温になって参りましたね。
そんな時は冷たく喉を潤してくれるステンレスボトルの出番です!!

THERMOS 真空断熱ストローボトル \3,888
c0225621_12575998.jpg

ステンレス魔法瓶としてお馴染みのTHERMOSから、自転車専用設計としてリリースされたのがこのボトル。
600ml容量を6時間保冷する能力。
走行中でも片手で開閉出来るフタや、飲みやすいストロータイプを採用しています。
c0225621_12585787.jpg


このストローやパッキンなどの交換部品も用意されていますので、末永く使えそうですね。
これからのサイクリングシーズンにオススメです。
ご検討宜しくお願い致します。































































.
[PR]
by roadkids | 2017-05-30 00:00 | パーツ類
バイク操作にも大きく関わるMTBハンドルバー。
幅・ライズ・バックスウィープ、重量などと色々握り換えてご自分の好みを探って頂きたいのですが、デザインやカラーで自己主張も出来るカスタマイズ感のあるパーツでもあります。
Newモデル、再入荷商品含めて本日はご紹介致します。

まずは以前取り上げ、ワタクシも27.5+バイクで使用しているコチラ、
DaBomb APACHE750  税込7,000円
c0225621_06444925.jpg

まだまだロングセラーの続くDaBombの名品。
アップスウィープ角度が他社モデルより大きく取られているのが特徴的な形状。
価格が税込7,000円というのも嬉しいところですね。
c0225621_06453506.jpg


続いて RACE FACEの定番、
ATLAS RISER BAR 税込9,612円
c0225621_06455640.jpg

カラー展開の多いATLAS RISER BARですが、その中でもこのKASH MONEYは他社ではなかなか見かけない個性的な色。
ライズ量が0.5インチ(約13mm)と少なめですので、ハンドルポジションを低めに抑えながらも操作性を大事にしたい方にオススメです。

そして最後はanswerのNewモデル、
PRO TAPER ALLOY
c0225621_06471936.jpg

ライズ量が3種類ラインナップされ今回入荷は0.5インチと1インチを在庫。
カタログ値重量315gと強度バランスをとったアルミハンドルバーとしては、軽めでしょうか。
インパクトのあるデザインもいいですよね。
c0225621_06472913.jpg
c0225621_06472437.jpg


こちらのシルバー×レッドのカラーリングは、

円谷プロとのコラボ!!



・・・であって欲しいというワタクシの願望。
ウルトラマンにインスパイアされてて欲しいなぁ(苦笑)。



他のサイズカラーもお取り寄せ致しますのでご相談下さい。






















































.
[PR]
by roadkids | 2017-05-27 00:00 | パーツ類

Industry Nine Tubeless Valve!

綺麗で多彩なカラーラインナップをもつIndustry Nineならではですかね。 ハブやホイールに合わせてどうぞ。

Industry Nine Tubeless Valve セット。
c0225621_12284484.jpg

バルブナットもきっちり同色仕上げ。
c0225621_16331851.jpg

2個セット(一台分)で税込3,000円となります。
バルブキャップは黒い樹脂製キャップですが、他社製のキャップと合わせて頂くと更なる統一感も。
c0225621_12284876.jpg

ご検討宜しくお願い致します。

c0225621_12285229.jpg





























































.


[PR]
by roadkids | 2017-04-30 00:00 | パーツ類

LIGHT&MOTIONもお忘れなく

テスト使用しておりましたが、自信を持ってオススメ出来そうです。
LIGHT&MOTION URBAN350
c0225621_09525939.jpg

毎年次々と新しいライトが各メーカーよりリリースされる中、このLIGHT&MOTIONの特徴はまず高い防塵防水性能
元々このLIGHT&MOTION、海に潜るダイビング用のライトを開発していた事もあり、その辺りの技術には長けているんですね。
防塵防水性能を表す国際規格「IP」で「IP67」という高い水準をクリア済み。
ちなみにこの「IP」ですが、「IP」の後ろにくる最初の数字が防塵性能(最高値数が6で粉塵が内部に侵入しないレベル)で、2番目にくる数字が防水性能(最高数値が8で、7は30分間1mの水深に水没しても内部に浸水しないレベル)を表します。
高い防塵防水性能がおわかり頂けましたかね?

浸水する可能性が高い場所としては充電するコードを差し込むこの場所、よく見て頂くと蓋の部分にO―リングが採用されており、気密性を上げる努力がなされている事を感じさせます。
c0225621_13145629.jpg

代理店の営業担当の方に聞いた話ですが、以前のモデルはこの蓋が四角形だったらしいのですが、角があるとめくれやすい事も考慮して、今回のモデルは楕円形に変更。
ちょっとした事にも気を遣い、進化させているんですね。

明るさは最大350ルーメン
以前使用していたものが他社の700ルーメンだったので、暗く感じるかなぁと思っていたんですが、充分路面状況を確認出来て不安感はありませんでした。
配光パターンが円形に近く、懐中電灯で照らしてるような感じもあって見えやすく感じますね。

そして自分が気に入っているのは、視認性を上げる事にも一役買っているサイドから漏れる黄色い光。
c0225621_09530043.jpg

もちろん元々の横からの視認性を上げる役割も素晴らしいのですが、自分が便利だと感じているのは乗車した状態でライトが付いている事を常に確認出来る点。
街灯などで照らされて明るい路面だと自分の使用しているライトの明かりがわからなくなり、ライトが点いているのかどうか不安になる事がありますが、そんな時ライトを覗き込まなくても点灯している事がこの窓のおかげで簡単にわかるんですね。
心配性な自分の性格の為かもしれませんが、ここは高ポイントです(笑)

そして車体に取り付けるマウント部分も360度回転しますので、取付しやすいですし、ハンドルバーのどの位置に取り付けても自分の照らしたい場所を照らす事が出来ます。
c0225621_09525947.jpg

さらに鋭利な角がないボディは1mからの落下にも耐え得る耐衝撃性も備えております。

明るさだけではなく、これだけの性能を持ち合わせながら価格は税込6,480円と高コストパフォーマンス。
ライトに迷ったら是非LIGHT&MOTIONご検討下さい。

p.s. 使用には関係ありませんが、唯一改良して欲しい点を上げるとパッケージから出しにくい所ですかね、求む要改善(苦笑)





























































.
[PR]
by roadkids | 2017-03-30 00:00 | パーツ類
自分がどうしても使いたいパーツがあった事もありまして、此の度WOLF TOOTH(ウルフトゥース)の取扱いを始める事となりました。
自分が使いたかったパーツは装着後にまたご紹介するとして、初回便の入荷、まずはコチラ
スペーサー内臓トップキャップ
c0225621_21444118.jpg

5㎜スペーサーと一体化したトップキャップは超軽量。
c0225621_21445076.jpg

他に10㎜スペーサー、15㎜スペーサーと一体化したモデルをラインナップ。
継ぎ目のない美しい仕上がりに一役買ってくれそうです。

そしてもう一つがコチラ
ドロッパーシートポスト用レバー「Remote」
c0225621_21551720.jpg

一見普通のレバーに見えながら他のレバーと決定的に違う構造は、この小さいボディにカートリッジベアリングを内臓。
c0225621_21545321.jpg

ウルトラスムースなレバーの引き具合を実現してます。
ドロッパーポストのカスタマイズに是非。
c0225621_21555346.jpg


この他にも個性的でニッチなニーズに応えるラインナップが魅力のWOLF TOOTH、是非ご検討下さい。
宜しくお願い致します。



































































.

[PR]
by roadkids | 2017-03-25 00:00 | パーツ類
時期が時期なので「卒業証書」が入っていてもおかしくない程(笑)
立派な筒に入って当店にもやって参りましたのは、新世代ドロッパーポスト、
BIKEYOKE「REVIVE」
c0225621_12563837.jpg


自分勝手ながらここは敢えて「新世代」と呼ばせて頂きました。
その理由は他社のドロッパーポストにはなかった画期的な新機能エア噛みを非分解で直せるリセット機能が搭載されているからなんです!
実はワタクシも他社のドロッパーポストで既に経験済みなんですが、ドロッパーポストを使用していると伸ばした状態から座るとシートポストが1~2cm沈み込んでしまう現象が生じる場合があります。
これはシートポスト内に本来は混入していないはずの空気(=圧縮によって変形を起こしてしまう)が入り込んでしまう事により起こる症状。
こうなると他の多くのドロッパーポストが分解によるエア抜きが必要となり、時間もお金も掛かってしまうのですが、
BikeYoke Reviveは、その作業
僅か3秒恐らく他にないので世界最速!!笑で終える事が出来ます!
その作業の様子はこちらの動画で確認をば。


スゴく素敵なシステムだと思いません?
これなら出先のトレイルでも簡単に直せますよね♪

他にもシートポストのフレームからの出しろが他メーカーのものより1cm前後短いようなのでより多くの人に使える可能性も!
c0225621_12324809.jpg


(同じ125mmストロークでKINDSHOK LEVIntegraより8mm、FOX Transferより16.5mm、Rockshox Reverbより21mm出しろが少ないです。)
※RockshoxReverbのみカタログスペックが見つからなかったため、自分使用の内蔵タイプではないものを実測した値となっております。

そして同梱されているものにレバーも含まれていますが、このレバーの単体販売もあります。
c0225621_12564448.jpg


ここで特筆すべきはBIKEYOKEのドロッパーポストに使うだけならレバーも一種類だけでいいのですが、
他社製ドロッパーポストでの使用も考えて敢えて2種類リリースされている点。
ドロッパーポストを動かすケーブルのタイコ(引っ掛ける部分)がレバー側にくるFRONTFEEDとドロッパーポスト本体側にくるREARFEEDの2つがラインナップされているので、他社製も含めてほとんどのドロッパーポストに使うことが出来ます。
c0225621_12391138.jpg

(写真左:FRONTFEED、写真右:REARFEED)
地味にコレってスゴク親切だなぁと感じております。
仕上がりもカッコイイので自分も使用する事を即決定!(苦笑)

クランプ部もオーソドックスなパークランプ、シマノディスクブレーキレバーI-SPEC B 、I-SPEC Ⅱに対応したクランプも用意されています。
ユーザーサイドに立った視点が魅力的なBikeYoke Revie
是非ご検討下さい。




























































.

[PR]
by roadkids | 2017-03-20 12:40 | パーツ類