東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年 11月 10日 ( 1 )

ワタクシ、ヘルメットを新調致しました。
色々と悩んだ挙句、最も被り心地がフィットしたKASK REXをchoice!
c0225621_19090127.jpg

以前にも当ブログで取り上げた事がございますが、ロードバイク系のヘルメットの印象が強い同社ですが、ちゃんとMTB系のヘルメットもラインナップしております。
後頭部をホールドする部分が、かなり低い位置にまで可動するので、深い被り心地の安心感とフィット感をもたらしてくれるREX。
c0225621_19093468.jpg

c0225621_19113829.jpg

あごに触れるチンストラップにECOレザーを使用し、ベタつき感も少なく快適。
c0225621_18002132.jpg

KASKのヘルメットは全モデル的に被った際のシルエットが小さくまとまっているので、Lサイズを被るワタクシも頭がそれ程大きく見えないのも好ポイントかと。
小さく見えると思っているのは本人だけかもしれませんが・・・(苦笑)
カラーは他にライムとブラックをラインナップ。
お取り寄せでの対応も致しますので、是非ご検討ください。

そしてヘルメットにまつわる少しだけわがままなご提案を。
あまり気を悪くなさらず読んで頂ければと。

もうそろそろMTBで土の上を走れるシーズンも終わりそうですが、今年もいろいろ走りに行きました。
そしてその場所その場所で、同じくトレイルを楽しむMTBerにもお会い出来たりも。
乗っておられるバイクの年式からまだ乗り始められたばかりの方かなと思ったり、
女性の方にお会いする事も以前と比べると多くなったような気がします。
その事自体はショップ的にも一個人としても大変喜ばしい事だとは思っているんです。
しかし、その中にはヘルメットを被らずにトレイルでの走行を楽しまれている方も何人かいらっしゃいました。

ヘルメットを被る事が義務化されている場所ではないので問題がある訳ではないんです。
被るも被らないも自由
怪我をした時は自己責任という考えで走ってるんですという意見も尊重したいとは思っています。

只、トレイル走行中に深刻な怪我を負われた時には、その問題が本人の問題だけに留まらない可能性もあります。

深刻な怪我が発生した事により、その場所の使用自体が危険とみなされ、他の愛好者達の意志などは一切考慮されず、
走行禁止の措置をその場所を管理する側の対応として取られる事も考えられると思います。
ですから、ヘルメットを被るという行為を

「自分の身体を守る為だけでなく、その場所を愛する他のMTBerの為にも被る」

というスタンスで考えてはもらえないでしょうか?
ヘルメットを被っていたら100%深刻な事故を防げる訳ではないですが、
その確率はかなり低く抑える事が出来ると思います。
是非一人でも多くのMTBerが楽しくトレイルを走り続けられるよう、ヘルメットを被る事を考えてみて下さい。
宜しくお願い致します。

























































.

[PR]
by roadkids | 2017-11-10 00:00 | パーツ類