東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ban.K トレイルステーション 全開満喫!

この1週間で、これまでずぅーっと溜まっておりました鬱憤を一気に晴らして参りました・・・。
既に彼の地(距離的には遠い訳ではないんですが、心情的に・・・苦笑)を利用されたお客様から色んなお話や評判をお伺いしながらも、
訪れることなく終わっておりました最大の要因は、
定休日が当店と同じ毎週木曜日であったが為。

「俺このままだと一生行かずに終わるんじゃね?」

という焦りを抱きつつ向かえた2017お盆休み

「この機を逃さらいでかぁ~!」との意欲も満々に、
結果、週三で通っておりました(笑)、
待望のSALOMON x ban.Kトレイルステーション!
c0225621_15522357.jpg


ばんけいスキー場にこの春新たにMTB専用コースが造成され、トレッキングやノルディックウォーキングなども行える複合施設としてオープンされました。
c0225621_15535884.jpg
c0225621_10524222.jpg

MTBコースは、実際の山の中を走るようなアドベンチャーコースから、綺麗に整備された路面に各コーナーにはバンクも付けられたファミリーコース、小さなお子様でもチャレンジ出来るkidsコースまで、バラエティーに富み、あらゆるスキルレベルの方に一日中MTBを使って遊ぶ事が出来る場所となっています。
c0225621_19385715.jpg


この地の訪問を大変楽しみにしておりましたワタクシですが、実は一つのトラウマが・・・。

十五年以上MTBに乗っていながらも、バンクの付いたコースを走った事がほぼなく、
約3年前にバンク初体験したルスツでは、全く思い描いていたようには乗る事が出来ず、
これまでのMTBに乗って得た経験や小さな自信が全て崩れ去り、
「俺、超ダメダメじゃん・・・」と大惨敗の苦い記憶として脳裏に刻まれました。
(ワタクシの人生史上、この出来事を「2014ルスツの絶望」と呼んでおります。ちなみに年号の覚え方は「自分に絶望して立ち尽くす20立ちよ14)」です。只、一生懸命覚えても夏休み明けの中間テストには出ませんが・・・苦笑)


そんな思いを払拭するべく臨んだ、毎週火曜日にトレイルステーションで行われている「朝活」に初参戦。
「早朝5時集合」という別の意味での高いハードルとも戦わなくてはなりませんが(苦笑)、
ワタクシの我が儘的に急遽お誘いしたにもかかわらず、2名のお客様にご賛同頂きいっしょに参加。
コースを管理運営されている元ワールドカップDHライダー金子さんに走り方や走行上の注意点をレクチャーをして頂き、
今度はうまく行くかも・・・!?」という根拠ない自信を一縷の望みにコースイン。

結果は当然のごとく案の定でございます(苦笑)

転びこそしなかったものの、コーナーのバンクごとでの感はそこはかとなく・・・。
悪い方向に向かって帳尻合わせをした走りに終始してしまったワタクシ。
俺やっぱり相変わらずダメ男じゃん・・・と打ちひしがれつつ帰路につき(と言っても時刻はまだ朝7時・・・笑)、
その日の走りを振り返る。
そして気付く・・・。
俺、金子さんにレクチャー頂いた内容や普段のトレイルの走行では意識出来ていた事が全く意識できていなかったじゃん・・・」と。
そこをもう少し気にしながら走れれば、ちょっとはマシな走りに出来るんじゃ・・・」とも。
MTBに関しては単純な思考回路ですので、思ったら止まらないのでございます(苦笑)

早速次の日、今度はお客様に内緒でコソ練する為、再びトレイルステーションへ!
オープンからクローズする時間まで、只々、バンクの付いたファミリーコースを往復しておりました、

・・・アホかっちゅうくらい、しこたま転びながら(笑)


もうその転倒確率たるや、余裕でセ・リーグの首位打者取れそうなほどに(苦笑)
「50を前にしたいい年こいて、両膝両肘に擦り傷作っとる場合じゃないよなぁ・・・」(膝はちゃんとガードは付けておったんですが)と反省しつつも、
しこたま転んだおかげでライディングテクニックとは別に、
一つだけ身を持って得る事が出来た事実・・・。





「TroyLeeDesignのグローブ、めっちゃ丈夫!!」(笑)
c0225621_21303522.jpg

凄い回数転び倒しましたが、TroyLeeDesignのグローブは破れ知らず
以前から思っておりましたが改めて実感!
店頭にもございます!超オススメ!!(苦笑)

そしてその日のワタクシを「星明子」のように、実はそっと遠くから見守って下さっていた金子さんが一言、
c0225621_20265830.jpg


「転んだ分、ちゃんと学習されてますね!」


というポジティブに受け取ると褒め言葉を(笑)

更に一言アドバイスも、

「コーナーの進入速度が速すぎますよ。コーナーの基本はスローIN、ファストOUTです!

とってもありがたい金言ながら、

えー、終わった後にそんなこと言われるとまた試したくなるじゃん~!」と、
40半ばのオッサンMTBerの心中を完璧見透かしたように手のひらで転がす金子さん。



策士ナリ!(笑)


金子さんをディスってる訳ではないので。実際はとっても親切に教えてくださいます笑)

「この気持ち、冷めぬ内にまた行きたい・・・」と思いつつも、
短いお盆休みは終わりを告げ、
立ちはだかるのは「定休日が当店と全く同じ毎週木曜日」問題。
「この問題を解決せねば、またしばらく行けないじゃない・・・」と思案して閃いたのが、
当店が週末の朝に行っているMTBライドイベント「Sunday Morning Fever」。
これをばんけいトレイルステーションで行わせてもらえればいいんじゃないかと。
当店の営業日程に支障を来さず、「お客様ともいっしょに楽しめる」を建前に(苦笑)
金子さんにご相談すると、快く承諾頂き、早速昨日開催の運びとなりました。

当日の空は雲ひとつ無い晴天。朝の空気はとっても気持ちいいのであります!
c0225621_15560980.jpg


早朝だと交通量も少ないので当店からでも約30分で盤渓に到着
バイクの準備が整ったら、今回はレクチャー形式でイベントを進行。
まずはコースを知るべく歩いて確認。
c0225621_16122042.jpg


c0225621_16121650.jpg


(画像は金子さんに怒られて立たされている訳ではないです・・・笑)

バイクに乗っているイメージでコーナーを走ってみたり、色んな形でレクチャー頂きました。
c0225621_16124447.jpg


c0225621_16134625.jpg


実際にバイクに乗ってコースインすると皆さん一発目から「ウワァ!」などの奇声を上げながらもこのコースの楽しさを実感
c0225621_10282055.jpg


c0225621_16141812.jpg


c0225621_16141741.jpg


c0225621_16141813.jpg


c0225621_16141913.jpg


c0225621_16141917.jpg


c0225621_10283586.jpg

と同時に難しさにも直面してそれぞれにトライ&エラー。
改めてMTBの奥深さを感じましたよね。

そんなワタクシを含めた迷える仔羊ちゃん達(笑)のための参考になれば!
金子さんのコーナリングの連続写真(撮影設定間違えて暗めですが・・・汗)、
掲載しておきます。
c0225621_16151335.jpg


c0225621_16151385.jpg


c0225621_16151497.jpg


c0225621_16151423.jpg


c0225621_16151450.jpg


c0225621_16151591.jpg


c0225621_16151510.jpg


c0225621_16151502.jpg


c0225621_16153103.jpg


c0225621_16153160.jpg


c0225621_16153174.jpg


c0225621_16153252.jpg


c0225621_16153217.jpg


c0225621_16175667.jpg


c0225621_16175669.jpg


c0225621_16181699.jpg


c0225621_16181659.jpg


c0225621_16181780.jpg


c0225621_16181709.jpg


c0225621_16181795.jpg


c0225621_16181608.jpg


c0225621_16202525.jpg


c0225621_16202599.jpg


いつかこんな風に走れるといいですよね~♪
(あくまでも目標は高い位置に置きたいのであります・・・)

あっという間の2時間が過ぎイベントは終了。
参加者の皆さん、きっとハマっちゃいましたね。色んな意味で♪
c0225621_19401183.jpg

またSALOMON&ban.Kトレイルステーション様&金子さんにご協力頂いて、同様のイベントを企画したいと考えております。
何より、そうでないとワタシ、なかなか来れませんから、ココに。(笑)

まだ
ban.Kトレイルステーションに行かれた事のない方は是非行ってみて下さい。
そして先にコースを走らせて頂いた経験者として思ったのは、
スキルレベルを問わず、
ライディングスクールを受講される事を強くオススメします!
今回のイベントのレクチャーはほんのさわりだけだったと思いますが、それだけでも知識として持っているかどうかで走りは大きく変わりました。
このMTBコースを管理&運営されている金子さんはこのコースのビルダーでもあります。
それぞれのコーナーに込められた意図や意味を理論的にしっかり丁寧に教えてくれます。
そうする事によってより早く(この「早く」は速度域という意味ではなく楽しさに早く到達できるという意味の「時間的な早さ」です。結果「速く」もなりますが・・・笑)、より安全により楽しく走る事が出来るようになると思います。
特に上級者や中級者の方に連れられてやって来た初心者の方は、絶対に受講した方がいいと思いますよ。
個人的にはワールドカップライダーに2時間教えて頂いて3,500円はかなりの割安かと。
今度はみんなに抜け駆けしてワタクシ、受講しますかね♪(笑)
長々と駄文書き連ねましたが、結局ナンダカンダ言っても
「MTBはおもしろいッス!」
是非ご検討下さい。








































































.


[PR]
by roadkids | 2017-08-21 00:00 | その他