東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

気分上々、コメンサル祭りでした!

前日までの雨、当日朝も曇天模様。
開催が心配されましたが、無事「MTB試乗会~コメンサル祭り」完了しました。
路面コンディションも雨が続いていた割に上々で、青空もちらほら。
コツコツと雨男疑惑解消中です(苦笑)
c0225621_14594381.jpg

今回ご用意できたコメンサルバイク4台をとっかえひっかえ乗り比べて頂いて、同じコメンサルのバイクでもその違いに様々な楽しさを見出して頂けたのではないかと思います。
そんな中で今回の一番人気はコレ、
Premier S
c0225621_1514418.jpg

ワタクシ、Super4を告知しておりましたが「私の間違い」でご用意できたのはSuper4と同フレームのパーツグレード違い、PREMIER-S
でも結果、このPREMIER-Sで良かったのかもと試乗会を終えて、実感。
その理由はフレームの良さを強調できたからですかね~。
このPREMIER-S、フルサスバイクでありながら20万円を下回る価格設定
正直、お世辞にもすごくいいパーツが付いていると言えない構成なのですが、
しかし・・・、
そのパーツグレードを感じさせない素晴らしい走り
4インチストロークとは思えない程、深いストロークとスムーズな作動感。
XC系バイクの軽快なぺダリングも合わせもち、そして何よりコーナーを曲がるのが楽しかったっス!
ビュンビュンとリズム良く曲がりながらも高い安定感。
正に今回使用したフィールドではベストマッチな一台でした。
パーツを軽量化してXCレースバイクにしてもいいですし、可変シートポストを入れて、里山トレイルライド仕様にするも良し。
(↑この場合、ハンドル幅も、もっと広くしたいですね)
c0225621_23231518.jpg

後々にも夢が広がる、「パーツ構成」という意味だけではなく、「フレーム素性の良さ」という意味においても、コストパフォーマンスの高い一台です。

今回のフィールドではコギの軽さも評価を分ける部分であったので、PREMIER-Sに次ぐ次点といった感じでしたかね。
META AM
c0225621_15192267.jpg
しかし、コギの軽さはPREMIER-Sと比べた時に劣るというだけで、150mmトラベルある中では全然問題なく登って行きます。
ALL-MOUNTAINというカテゴリーでは各メーカー、150mm前後のストロークバイクをラインナップしていますが、この辺りのバイクを色々乗った時に、普段自分が乗っているバイクのハンドリングとの違いにいつも違和感を覚えていました。
「なんかちょっと曲がりづらいな・・・」と。
それがこのMETA AMには全く感じられませんでした。
普段自分が乗っているバイクと変わらぬハンドリングながら、150mmストロークもある余裕。
前後スル―アクスル規格でPREMIER-Sを上回る剛性感
もっと傾斜のキツイ下りが続くフィールドなら間違いなくこのAMに軍配が上がりますね。
さらに深い山に入りたくなる貴方の相性にピッタリの一台です!

そして日本のMTBシーンを席捲しつつある?29er。
その29erのコメンサル上級バージョン、
SUPERNORMAL2-29er
c0225621_2324967.jpg

リアエンドの造りが特徴的で、それも恐らく寄与しているんでしょうね、しなやかな乗り心地。
そしてアルミフレームらしいダイレクトな反応性と登坂能力。
この日コメンサルのバイクを色々と乗り継いだ結論として感じましたが、コメンサルは曲がりやすい!
そしてそれは29erのバイクと言えども同様に。
XCレースを視野に入れているならこのSUPERNORMALを!

最後に同じ29erのPREMIER29er
c0225621_23261225.jpg

SUPERNORMALの後に乗ったので少しその能力がかすんでしまいましたが、他のコメンサル同様の特質は備えながら非常にリーズナブル。
フレーム売りもされておりますので(その価格44,900円也!(驚)店頭在庫もありますので、どうぞ宜しく!笑)
26インチバイクなどで使用していたコンポーネントが余ってたりしたらリーズナブルに29erが造れますよ。

今回の試乗会にて改めてコメンサルのポテンシャルの高さを実感しました。
自信を持ってオススメできるブランドです。
MTBの選択にお迷いでしたら、是非候補の一台に入れてくださいね。

そしてMTBはやっぱり土の上を走らせるのが楽すぃ~!!(笑)
MTBを持っているなら、是非一度、土の上を走ってみて下さい。
MTBの魅力がもっともっと広がりますよ!
そして来月もMTBのイベント【Wild Mountain bike tour in FURANO】を行いますので是非ご参加ご検討ください。
お待ちしております!!

c0225621_2326558.jpg

[PR]
by roadkids | 2012-06-26 00:00 | 自転車・フレーム