東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お母さんも被りましょう!

道路交通法が改正され、お子様のヘルメットの着用が努力義務とされ、多くのお子さんがヘルメットを被っているのを見かけるようになりました。
しかし、お子様を乗せているお母さんやお子様と一緒にサイクリングしているお母さんが
ヘルメットを被っているのを見かける事はほとんどありません。
是非、そんなお母さんにもお子様と同じようにヘルメットを被って頂きたい!
お子様を乗せて走っていると、通常より不安定になりますし、一緒にサイクリングをしているとお子様の事が気になって、自分の運転への注意が散漫になったりしますよね?
「本格的な感じのものにはちょっと抵抗があるんですけど・・・」とか「あまりやる気満々に見えるのはちょっと・・・」というそんなお母さんの悩みを解決してくれるOGKのヘルメット、
MAXITYはいかがでしょう!?
c0225621_17221513.jpg

帽子と同じようなデザインで単色仕様なので、ママチャリに乗る時やスポーツバイクに普段着で乗る時にも違和感なくご使用いただけると思います。
c0225621_171901.jpg

ヘルメット内側にはメッシュパッドも装備され、虫などの侵入を防いでくれます。
c0225621_17195338.jpg

簡素ではありますが、頭に合わせる調整機能もついています。
c0225621_17192663.jpg

是非大きな怪我をなさる前に、ヘルメットの着用をご検討してみて下さい。

もちろん、お子様のヘルメットも在庫しております!!
c0225621_17202195.jpg

交通事故はいくらご自身で注意されていても起こってしまう場合があります。
そして、自転車を販売する仕事に関わっていながらこういう事を申し上げるのは非常に心苦しいのですが、現在の日本において、自転車は決して安全な乗り物とは言えません。
それは自転車のルールを守っていない、もしくは認識・理解している人が少ないという現状が故です。
夜間のライトの無灯火、乗車中の携帯電話の使用、二人乗り、傘さし運転、車道の逆走。そういった自転車を見掛けない日は、残念ながらほぼありません。
ルールを守っている側が危険な目にあうという皮肉な状況も度々です。
ご自分の安全を守るのはご自分しかいません。
最初は少し被る事に抵抗があるかもしれませんが、すぐに慣れます!!
逆にヘルメットを被っていない方が不安になるほど、ヘルメットは乗車中に安心感を与えてくれます。
スポーツバイクに乗るご主人様は是非、奥様にもヘルメットを勧めて下さい。

そして最後にもう一つ。
自分が自転車屋になって驚いた事なのですが、
世の中にはブレーキが効かない状態で乗っている人が想像以上に多くいるという現実です。

ブレーキが効かない状態であることを指摘しても修理しようとしない、もしくはその自転車がおかしな状態ではないと思っている人が非常に多くいます。

そういった現実を是非皆様にはご認識しておいてほしいと思います。

OGK MAXITY ¥8,820

[PR]
by roadkids | 2010-09-26 00:00 | パーツ類