東札幌の自転車専門店です。自転車にまつわる情報をお届け致します。


by roadkids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

COFFEE & BICYCLE

当店で実施しました、【ロードバイクペダリング講座】【土曜に学んで日曜実践!ペダリングを見直すニセコサイクリング講座】 【サイクリストのためのエナジーバー ワークショップ】 を主催、講師&ガイドをつとめてくださった『Rond』が、サイクリストに優しいカフェ”COFFEE STAND28”さんにてセミナー&トークイベントを開催いたします!

札幌市白石区での開催となりますので、ご案内させてください。

c0225621_15353732.jpg


COFFEE & BICYCLE

第1幕では、自由なライディングの為のコツをご紹介
セミナー内容
・姿勢を正すだけで自転車は前に進む!
・集団走行のススメ ー安全の確保と遊びの両立ー
・バランスボールで速くなる ーパワーよりもバランスパワーー

第2幕では”食”をテーマにして、日頃のパフォーマンスや体作りに対して理解を深める時間にしたいと思います。疑問に思っている事、普段気にしている事、一緒に考えてみませんか?

トークテーマ
・どんなご飯食べてますか?
・補給食、リカバリーのこと
・コーヒーのこと


サイクリストに優しいカフェ、COFFEE STAND28を自転車好きで一杯にしちゃいましょう!

【事前予約制】 先着順となります

【参加費】  ¥1,000(1ドリンク、Rondオリジナルグラノーラバー付)

【お申込み】  Rondお問い合わせページよりお申込みください。






















































.
[PR]
# by roadkids | 2016-12-04 00:00 | その他
イギリスブランド DMR BIKES の数あるパーツの中で好きなものと言われれば、まずはペダル

価格を問わず、どのモデルもペダル中央部を凹ませたコンケイブ形状が絶妙で、抜群の足の納まりの良さと確実なペダルへの入力を可能にしてくれるお気に入りであります。

今回はそのDMRペダルのミドルグレードV12が入荷しました。

DMR BIKES V12 PEDAL  7,560円
c0225621_13164399.jpg

ミドルグレードらしい、性能とのバランスがとれた価格設定。

樹脂ボディの下位グレードV6ペダルに重量の面では劣りますが、耐久性ならやはりこのV12ペダル。
ピンも金属製なので摩耗にも強いですね。
c0225621_13171645.jpg
c0225621_13212743.jpg

そしてそのDMRペダルの中で最高峰に位置するのがVAULTシリーズ。

DMR BIKES VAULT PEDAL BRENDOG    19,440円
c0225621_131954.jpg
c0225621_1321427.jpg

今回入荷してきたモデルの更に上には、ボディにマグネシウム、シャフトにチタンを採用した最軽量モデル、VAULT SUPER LIGHTも存在します。
(ペアで重量290g!価格はワォ~!37,800円也)

VAULTとV12を並べて比べてみると、VAULTの方が更に大きな踏み面を持ち、ピンの配置&本数も変え、より踏み外しにくくなっています。30gの軽量化も。
c0225621_13192782.jpg

「いつかはVAULT・・・」的なこちらもオススメペダル。

ご検討宜しくお願い致します。















































.
[PR]
# by roadkids | 2016-12-03 00:00 | パーツ類

ちょい太なHONZO


2017年モデルに各メーカー、ラインナップに加えてきた27.5+MTB
KONAのアイツも入荷して参りました!
KONA BIG HONZO  
c0225621_1343153.jpg
c0225621_13433252.jpg

パーツグレード違いのBIG HONZO DL(グリーン ¥271,080)と BIG HONZO(ブルー ¥187,920)

29インチの同社のHONZOをベースに最新のBOOST規格を採用し、プラス幅のタイヤ(2.8~3.0インチ幅)に対応したフレームになっております。
c0225621_1344510.jpg
c0225621_13441547.jpg

リムはタイヤのエアボリュームを充分に活かせる外幅45mmのWTB SCRAPER。
履かせてあるタイヤSCHWALBE NOBBY NICと共にもちろんチューブレス化もOKです。
c0225621_1346084.jpg

コンポーネントはSRAM NXベースの1x11
c0225621_13502479.jpg
DLのリアディレーラーはGX
c0225621_13451327.jpg

シートポストも乗ったままサドルの高さが支えられるドロッパータイプが標準装備となりました。
c0225621_13452638.jpg

サスペンショングレードの違いが大きいですが、意外な程その他のパーツの共通点が多いので、後々のサスペンションのグレードアップにROCKSHOX以外をお考えならお手頃な価格のBIG HONZOっていうのもいいですね。
c0225621_13455217.jpg

プラス規格になると、タイヤの衝撃吸収能力&グリップ性能が格段に上がるので、非常に快適で安心感を与えてくれます。

これからMTBを初めてみたい新人さんや、「ハードテイルにまだまだ乗りたいけど、ちょっと身体的にきつくなってきた・・・」なんていうベテランさんにもオススメ。

ご検討宜しくお願い致します。
c0225621_13462585.jpg














































.
[PR]
# by roadkids | 2016-12-01 00:00 | 自転車・フレーム
2017年度も継続モデルとして引き続き販売される事となったBMC ALR01 シマノ105仕様が入荷しました。  ¥213,840
c0225621_15253597.jpg

今年のゴールデンウイークに試乗した際の感覚が今も忘れられず、個人的に今最も欲しいアルミフレームのうちの一つであります。

ハイドロフォーミング加工が施されたチューブで構成されるフレームはカーボンフレームに匹敵するような快適性とアルミフレームらしい加速感を持ち合わせています。
c0225621_15255939.jpg

画像ではわかりづらいですが、アシンメトリーなシートチューブ、偏平差の大きなトップチューブ、ギリギリまで薄く仕上げられたシートステイ、そして同社のカーボンフレーム同様なボリュームがありエッジを効かせたオーバル形状のダウンチューブとチューブそれぞれの明確な意図が伝わってくる仕上がり。
c0225621_15262465.jpg
c0225621_15265890.jpg

フロントフォークは同社のカーボンフレームSLR03に使用されているものと同じフルカーボン製。
c0225621_1527941.jpg

更にリアディレイラーハンガーにもBMCらしさ。
フレームエンドを挟み込む形で取付ける構造を採用し、ねじれに対して非常に強くなっています。
c0225621_15272849.jpg
c0225621_137393.jpg

細部にまでこだわり抜いたBMCのアルミフレームモデルALR01。
是非店頭でも実車をお確かめ下さい。

また、BMCでは【チームジャージプレゼントキャンペーン】中です!

期間中に対象の2017モデルBMC 自転車を新規ご購入の方にチームジャージをプレゼント!
c0225621_15281765.jpg

【サイン入りジャージ プレゼントキャンペーン】
応募期間:予定枚数の20着に達するまで
対象モデル:2017モデルのSLR01 完成車、SLR02完成車、
      ROADMACHINE01完成車、ROADMACHINE02完成車

【ジャージ上下セットプレゼントキャンペーン】
応募期間:予定枚数(のべ60着)に達するまで
対象モデル:2017年度日本語カタログに記載されているモデル全般

c0225621_15294680.jpg

いずれも予定枚数に達し次第終了となりますので、ご検討中の方はお早めに♪

宜しくお願い致します。

























































.
[PR]
# by roadkids | 2016-11-27 00:00 | 自転車・フレーム
内容をわかりやすくする為、全部カタカタにしたらなんか長いだけで面倒臭い感じに・・・。
ちなみに「じゃあ日本語ならいいっか!」と思って全部漢字にしてみると・・・。
「車輪品質向上特売自転車!」

ってもっと面倒臭いじゃねえか・・・!(苦笑)
遊んでる場合じゃないっすね・・・(汗)

ハイ、本日は「このクラスならもうちょっといいホイールが付いてるといいのに」っていうことろを実現してみました。
2016 COLNAGO CX-ZERO ULTEGRA with MAVIC KSYRIUM ELITE
(前置詞はwithで良かったかしら・・・。)
c0225621_1236172.jpg

抜群の安定感を誇るCX-ZEROにシャープな走りと快適性を合わせもつホイール=MAVIC KSYRIUM ELITEを履かせて、更なるロングライドチャレンジ仕様に仕立ててみました。
c0225621_12364257.jpg

MAVIC KSYRIUM ELITE、独自の切削加工(ISM4D)を行った丈夫なリムにステンレススポークを使用して組み上げる事で、乗り心地の良い軽量なホイール。高すぎない剛性感が週末ライドがメインなライダーにオススメなホイールです。
c0225621_12365952.jpg

CX-ZEROに標準装備されていたホイールはシマノWH-RS010、カタログ値重量で370gもの軽量化にもなっています。

COLNAGO CX-ZEROはシマノULTEGRA仕様車はなくなりましたが、シマノ105仕様車は2017年モデルも販売される現役フレーム。
そう言った意味では型落ちモデルではないので大変お得です。
c0225621_12383399.jpg
c0225621_12384291.jpg


シマノWH-RS010(15,322円)をMAVIC KSYRIUM ELITE(113,400円)に変更しておりますが、現金価格は据え置きの415,800円です。
サイズは500sとなります。

ご検討宜しくお願い致します。
c0225621_12374479.jpg


























































.
[PR]
# by roadkids | 2016-11-25 00:00 | 自転車・フレーム